ピース又吉 ”火花” の実力を発揮できるか?「芸能人格付けチェック」

格付けー2
「常識のある食事の作法」では、

ここでは、食事をする際のマナー、作法をチェック。
常識ラインは5名中3名で、泉ピン子、関根勤、
浅田美代子、石黒賢、又吉直樹(ピース)の5名が挑む。

メニューは、5名それぞれに別メニューが用意されており、
スープ、生ハムメロン、尾頭付きの鯛、はまぐりのお吸い物。

作法にのっとらなければ、
品よくそして美しく食べられないものばかり。

注目は、生ハムメロンを食べることとなった又吉!

結果は、??

スポンサーリンク

<洋食の作法>

①ナプキンの正しい使い方
→半分折りたたんだ形で、折り目は自分のおなか側にする
食べ終わったら、きれいに畳まずに無造作に置く。
きれいに畳むのは、”料理がまずかった”の意味になる。

②スープの正しい食べ方
→すくい方は、左手を軽く添え、奥から手前にすくう(フランス流)。
左手をあろして、手前から奥にすくう(イギリス式マナー)、
こちに入れるときは、丸いスプーンは横から流す、
先端が細いスプーンでは、先端から流し込みます。
音を立ててすする!スプーンを口の中に入れるのはNG!!
少なくなったスープは”皿を奥に傾けて”すくうのです。

評価は、
ア)ナプキンの折り方
イ)ナプキンの置き方
ウ)スープのすくい方
エ)音を立てずに食べる
オ)先端から口に流し込む
カ)皿は奥に傾ける

で評価されます。

浅田美代子が挑戦し、
見事”常識あり”と評価された

スポンサーリンク

【ピース又吉】

ピース綾部祐二は
「最近は、打ち合わせで料亭や高級レストランでの
会食によく行っているので問題ないと思いますよ!」

とクリアを予想。

出された料理は。
”生ハムレモン”だった!

チェックポイントは、
①生ハムを手前に卸す
→度維持に切っては、メロンとハムが均等に分けられず、
美味しくいただくことができないのです。

②メロンの切り方
→フォークでメロンを抑えて、実と川の間を切る。
半分ほど切ったらメロンを回転させて、
切り込みを左側に(切るのは左が基本)いれて、
一口食べる分だけ切ります。

③生ハムも一口分だけ切り分けて、
重ねて一緒にいただく。

→残さないように配分を考えて切る。

評価は、
ア)ハムを手前におろす
イ)メロンの切り方
ウ)一口ずつ切って食べる
エ)均等に食べる
オ)ナプキンの織り方
カ)ナプキンの置き方、

で評価される。

又吉は、直に生ハムの上から切り込んで、
”パニック状態”となり
ともかく上から切ろうと試みたが、
上手くゆかず、生ハムだけを切り分けて
口に運んだのでした。

挙句の果てに切り込もうと
メロンを皿の上でクルクルまわし、
”おいしいですね!”
のコメントを発したのでした。

当然”常識ナシ”の判定で、

俳句、絵はがきの時の栄光はいずこ?
の感じでした。

そして、汚れた常識ナシの部屋へ入り、
しげしげと座布団に座るのでした。

⇒「芸能人格付けチェック」特別編!はコチラ

スポンサーリンク

関連記事はコチラ