伏見直樹(ジゴロ)Wiki風プロフ!歌手だったの?現在は孤独な貧乏生活?   

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

「爆報!THEフライデー」が人気です!伏見直樹さんが、紹介されます。

元祖カリスマホストとして「歌舞伎町のジゴロ」という伝説を作った方ですが、
若者は存じていないことでしょう!

当時は、歌舞伎町で知らない人がいないくらい有名でしたが、
現在は4,5万円のボロアパートに住んでいるそうです。

分からないものですね!こんな人生の転落があるなんて?

早速、人物とその人生に迫ってみますね!

伏見直樹のwiki風プロフ

%e4%bc%8f%e8%a6%8b%e7%9b%b4%e6%a8%b9%e3%83%bc2

◆ 名前:伏見直樹(ふしみなおき)

◆ 生年月日:1955年10月16日(61歳)

◆ 出身地:北海道→東京

◆ 血液型:B型

◆ 学歴:中学校卒業(名不明)

◆ ホームページ:FB 、TW はコチラ

実録 色事師 ザ★ジロロ

新宿ジゴロ伏見直樹 

伏見直樹さんは、15歳の時に家族で東京へ引っ越してきたのですね!

御両親と10歳上のお姉さんがおられます。

栄養士になりたいとお父さんに言ったのですが大反対されて、家を飛び出したそうです。

お父さんは、自分の仕事のお手伝いをしてほしかったようです。

ジゴロというホストの世界は?

%e4%bc%8f%e8%a6%8b%e7%9b%b4%e6%a8%b9%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%ef%bc%91

家を飛び出し、どんな生活をしていたかは定かではありませんが、ホストの世界に入ります。

身体的条件と、その道の才能を発揮し、活躍します。

丁度、79~90年代ですから、日本の産業も盛んになり夜の街も活況を呈していたころです。

人気が出ると、一晩で500万円も稼いだそうです。
普通のサラリーマン委は想像もできないくらいですが、伏見さんの場合は、
さらに女性にもモテたようで、女性の合鍵を50本も持っていたとか?

ここまで聞くと“マユツバ”に思えますが、本当で、外車を乗り回し、
ブランド物で埋まっていたそうです。

聞きなれないので【ジゴロ】を調べて見ました。

「ジゴロとはフランス語の”gigolo”からきた言葉である。本来、フランス語では
「(年上の女性に養ってもらっている)若いつばめ」のことで、“ヒモ”の表現もあります。
ひもとは、女性に働かせ、金銭を貢がせる情夫のことで、年代によって呼び方が若干差があるだけで、
同じ意味ですね!」

ともかく、並の男ではできないことで、それなりに女性を惹き付けないといけませんねWW

スポンサーリンク

歌舞伎町の歌手デビュー

%e4%bc%8f%e8%a6%8b%e7%9b%b4%e6%a8%b9%e3%83%bc%ef%bc%91

なんと、伏見直樹さんは、歌もうまいのですね!

1973年12月には「瞳アリス」の名前で歌手デビューしているのです。

当時の「恋はあやつり人形」画像があります。本人も希望していたし、結構聞ける歌だったようです。

18歳と言いますから、女性好みのイケメンですね!

レコードは以下のようにあります。

• 1973年リリース「恋はあやつり人形」
• 1979年リリース「女になりたい」
• 1982年リリース「愛の方程式」
• 1989年リリース「夜の小劇場」

この中で、「女になりたい」は5000枚の売り上げだったようで、
こんなに売れると、もっともっと評判になってもよかったでしょうね!

「愛の方程式」の動画があります。

能力のある人は何でも実行しますが、執筆活動もしていたそうです。

1981年委出版した「ザ・ジゴロ」は30万部を売り上げてそうです。
売上金額でもかなりの額が懐に入ったと思いますよ!

 

伏見直樹の現在は?

ところが、現在が気になりますが、

アパートでひっそりと暮らしているようです?
華やかな“ジゴロ”時代がバブルの崩壊とともに、ドン底に落ちたのでしょうか?

居酒屋を経営しているようなのです。

 

「レトロ酒場 三本杉」の居酒屋経営は?

%e4%bc%8f%e8%a6%8b%e7%9b%b4%e6%a8%b9%e3%83%bc%e4%b8%89%e6%9c%ac%e6%9d%89%e3%83%bc%ef%bc%91

2012年委は、57歳になられて人生の転換を迎えます。
“雀荘”をたたみ、芸能生活も終わりをつげ、引退します。

女性関係も一切断ち切り、反省と今後の進め方を考えるために旅に出たそうです。

この行動は、同情に値しますが、何か寂しさを感じますよね!

こんなに人気を博し、稼いだのに先の準備をしていなかったのは、悔やみきれない

“大失敗”と言われても反論がありません!!

2015年には、“居酒屋”を始めたそうです。

「レトロ酒場 三本杉」

どこで身に着けたのかわかりませんが、北海道の郷土料理が自慢で、
人気はそこそこで、なんでも一品300円の激安居酒屋だそうです。

カラオケも備えられているそうで、

元々歌手でもあったので、ご披露することもあるのでしょうか?

お客さん次第でしょうね!

 

まとめ

人生いろいろと言いますが、伏見直樹さんの人生も“波乱万丈”ということが出来そうです。

自分の持っている経験を活かし、「レトロ 酒場三本杉」を経営されておりますが、
すでに、61歳になられました!

皆さんの支持をいただき頑張っておられるのは、“素晴らしい!の一言です!!

頑張ってください、応援致します。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告