秋山豊寛(宇宙飛行士)の経歴や家族は?出身大学や現在の年収も気になる!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

宇宙飛行士ではなく、民間人として初めて宇宙旅行を経験した秋山豊寛さん!

TBSの放送記者を辞し、農業を実践し、福島の原発事故に会い、やむなき移住し
原発事故の恐ろしさを伝えております。

「あの天才のその後…今を追跡してみました」というテレビに出演されます。

普通とは大違いの人生を歩み、教授として広報活動に従事する秋山さんは、
どんなことを訴えるのでしょうか?

大変興味を惹きますが、その前にどんな方かを調べました。

新垣隆さん関連記事は以下にあります。
新垣 隆のテレビに出まくり売名との批判が!斜視や家族・子供が気になる?

秋山豊寛のwiki風プロフ

%e7%a7%8b%e5%b1%b1%e8%b1%8a%e5%af%9b%e3%83%bc2

◆ 名前:秋山豊寛(あきやまとよひろ)

◆ 生年月日:1942年6月22日(74歳)

◆ 出身地:東京都

◆ 学歴:国際基督教大学教養学部社会学科卒業

◆ 職業:ジャーナリスト(元・TBS記者)、京都造形芸術大学教授

宇宙滞在期間・7日21時間54分

TBSに勤務していた1989年から1990年にかけて、民間人では初めて商業宇宙飛行を利用するとともに、
ジャーナリストでは初めて宇宙空間から宇宙を報道したのです。

その第一声が「これ本番ですか?」は有名な話です。

さらに、8日間の宇宙生活からソ連邦のカザフスタンに無地着陸し、
直後のマイクに向けられた秋山さんの言葉が、

「お酒が飲みたい。タバコを吸いたい。」

と話したのです。

現在は、初めて宇宙に行った日本人として、
宇宙探検家協会(ASE、“宇宙飛行を経験した宇宙飛行士”の国際団体)の会員にもなっている。

また、旧ソビエト連邦の宇宙ステーションミールに滞在した唯一の日本人でもある。

 

秋山さんの地球帰還後は?

日本人初の宇宙飛行士“秋山豊寛”は、TBSのエリート年収1千万を捨て農家に転身したのですが、
なんと年収は150万だというのですがどういう事でしょうか?

秋山さんの動機が面白いのです。

「宇宙から地球を見た。神の存在を感じた。これからの暮らしは農業しかないと思った・・・」

それは、1995年からは福島県へ移住(田村市・原発から32㎞の距離)した上で、
「あぶくま農業者大学校」を主宰しております。

%e7%a7%8b%e5%b1%b1%e8%b1%8a%e5%af%9b%e3%83%bc4

福島県への移住は、秋山さんの取材から得た情報(チェルノブイリ、スリーマイル)が支配したようです。

事故が起こったらどういう事が展開するか?大体の基礎知識(セシウムが検出されたのは炉心がやられたと・・)
はお持だちったのです。

自身もひとめぼれなどの米の無農薬栽培を手掛ける一方で、
「宇宙飛行士」の肩書で、環境についての講演や本の執筆活動をこなしてきたそうで、
こちらの収入も多少は助けになったことでしょう!

2011年3月に、福島第一原子力発電所事故の発生を受けて、
福島県から群馬県に避難を余儀なくされました。

このことは大変不遇の出来事で、“運命”というには酷過ぎるように思います。

転んでもタダで起きないのが秋山さんで、避難先でコシヒカリの無農薬栽培を試みる傍ら、
“原発難民”の立場から、折に触れて原子力発電所や放射能に関する意見も披露している。

宇宙経験者の講演ですから、その言葉には奥深い洞察と真実味溢れる体験がミックスして
聴衆の心を引き付けるには十分すぎるくらいですね!

%e7%a7%8b%e5%b1%b1%e8%b1%8a%e5%af%9b%e3%83%bc3
なお、TBS退社後の2003年4月から2004年3月までは、福島県で農業に従事する傍ら、
山陽放送(TBS系列局)の報道番組『どんぶらこ』でメインキャスターを担当されとりました。

京都へ移住後の2012年10月からは、『with…夜もラジオと決めてます』
(MBSラジオが、2012年度ナイターオフ期間に放送した4時間6分の生ワイド番組)
水曜日のパーソナリティとして、TBS記者・宇宙飛行士としての経験談や
“原発難民”としての意見などを語っていたのです。

同番組終了後の2013年からは、同じ毎日放送(TBS系列局のMBSテレビ)が制作する
関西ローカルの情報番組『ちちんぷいぷい』へ、パネラーとして不定期で出演しているようです。

能力のある人に、宇宙という体験、福島事故という体験、農業という体験を
総合的に考えて講演のネタにするには十分で、大変有意義であり、
興味をそそる内容であろうと思い、私も一度聞いてみたいという衝動に駆られております。

スポンサーリンク

秋山さんの家族や年収は?

家族はいないらしい、男独りの暮らしらしい・・・という伝聞があるのです。

調査しましたが情報はありませんでした!

そして今回、当然ながら、一瞬にして自分の暮らしを奪った原発に対し、
秋山さんは激しい怒りを表明している。

それが岩波書店から昨日発行された『原発難民日記 怒りの大地から』となったのです。

秋山さんは、日本人として初めて宇宙に言った方ですが、宇宙飛行士としての職業ではなく、民間人として旧ソ連のソユーズで約10日間滞在したのです。

宇宙飛行士であれば、“元宇宙飛行士”という肩書で、これは絶大で宇宙関連の重要ポストについており、
給与等の待遇はそれほどだはなくとも、安定した生活が保障されるのかもしれませんが、
秋山さんはそれには該当しないのです。

現在は、京都造形芸術大学教授をされており、
講演なども含めると一人生活は、十分可能のようです。

 

まとめ

退社理由が

「宇宙飛行士だったということから、次第に会社での居場所がなくなっていった」

ことを退社した理由の1つに挙げている。
宇宙に行ったことで、

「お金や権力や名声などといったものがあまりにもちっぽけで、そういったものに興味がわかなくなった」

ことも理由とされている。

こんなに考え方が変わるものなんですね!
それほどにインパクトが大きいという事でしょうか?

テレビではどのように表現されるか楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告