中野瑞樹の経歴プロフ!フルーツ食べ過ぎで死去の噂? 

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

林先生が驚く初耳学が評判です。

自分たちも知らないことが多く出題されて、大変参考になるのです。

今回は、

「フルーツだけを食べ続けて6年になるそうです。
水分も水を飲むのではなく、フルーツから摂っているそうです。」

という方が出演し。林先生に挑戦します。

果たして林先生をどのようの困らせるでしょうか?

その前に、中野瑞穂さんについて調べてました

◆くら寿司のびっくらポン関連記事は以下にあります。
くら寿司の“びっくらポン”の当て方に攻略法あり?実際に当たる確率は?

スポンサーリンク

中野瑞樹のwiki風プロフ

%e6%9e%97%e3%83%bc%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%91%9e%e7%a9%82%ef%bc%8d3

◆ 名前:中野瑞樹(なかのみずき)

◆ 生年月日:1976年?月?日(39歳)

◆ 出身地:和歌山県

◆ 学歴:京都大学院農学研究科(修士)修了、

◆ 職業:

・身体を張るフルーツ研究家、国際Kiraful協会代表、
・国際Kiraful協会 代表、
・国際フルーツ協会 代表
・日本フルーツコンシェルジュ協会 副理事長、
・日本フルーツアドバイザー協会 専務理事

◆ 進行中・準備中:

・きら☆ふるプロジェクト、
・フルーツダイエットサイト(準備中・近日公開)“く美れ.com”
・キラ☆森プロジェクト(準備中・近日公開)奧山~里山~都市
・攻める飲食生活(準備中・近日公開)
・ビジフルぷろじぇくと    すべてのオフィスにフルーツを

◆ 趣味:神社参拝、紙工作、

フルーツだけを食べ続けて6年になるそうです。水分も水を飲むのではなく、フルーツから摂っているそうです。

さすが“塩”だけはフルーツから摂取できないので塩分は、塩から摂取しているそうです。

京都大学在学中にはアメリカ国立海洋気象局の客員研究員をされたこともあり、
卒業後は東大工学部の教員になったという偏差値高めなお人です。

なんか職業のところ、スゴイ肩書が並んでいますが、

要するにフルーツばっか食べてる頭のいい人という事でしょう!

フルーツ食べ過ぎで死去の噂?

フルーツであれば何でもいいかと言えば、そうはいかないようです。

勿論、その人の持病がなんであるかは
必ず注意しなければならないことは言うまでもありません!

タイでの事件ですが、

「タイ警察当局は31日、猛烈な臭いを発することで有名なトロピ
カルフルーツ、ドリアンの食べ過ぎで68歳の男性が死
亡したと発表した。」

今月に入ってドリアンを食べて死亡した人は これで2人目だというのです。

既に糖尿病の公務員がドリアン4個を食べて死亡している。

ドリアンは高カロリーであるため、高血圧、心臓疾患、
糖尿病の人には危険であり、一日に2切れ程度にとどめておくよ
うアドバイスしている。
また、

「血圧の治療をしている人は、グレープフルーツ(ジュース)を
のんではいけない!」

この理由は、

「日本では高血圧の人に処方される薬の種類の中でも
「カルシウム拮抗薬」が一番多く、この薬こそがグレープフルーツと
あわさると副作用を引き起こすからです。」

と言われております。

血圧の薬の種類や、理由まで解説しております。

詳しくは、こちらのサイトで説明しております。

スポンサーリンク

きら☆ふるプロジェクトとは?

%e6%9e%97%e3%83%bc%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%91%9e%e7%a9%82%ef%bc%8d2

~フルーツを食べて、人も地球もキラキラ~

をキャッチフレーズに実践中です。

2009年9月28日より、「フルーツは総合食である」という仮説のもと、
果物にまつわる事柄(食べ過ぎてはダメ!太る!糖尿病になる!冷えるetc)を調べるために、
果実だけの食生活を送っています。

水もお茶も飲まず、お米もパンや豆などの穀類、お肉もお魚も、
野菜(果菜類を除く)も一切摂らず、フルーツ中心の果実だけです。

果実以外のものとしては、塩を摂取しています。

(※決して、私のような極端なフルーツ生活をお勧めしているのではありません。
私が個人的にしている実験なので、一般の方にお勧めできません。)

フルーツによる体感

よくある体感例

・お通じがよくなった

・肌がしっとりすべすべになった

・体臭が改善された

・爪や髪の毛の伸びるのが速くなった

・中性脂肪の値が正常値になった

・痩せた、小顔になった、くびれができた(
ビフォーの写真を撮っておく等、キレイなくびれを作るためにはテクニックが必要です)

等など、他にもたくさんあります。

 

まとめ

フルーツと一言でかたずけてはいけないようです。

自分の体と、治療経過を勘案してこのサイトを読むことをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ