博多駅前陥没事故 停電の復旧はいつ?ガスや水道の被害も気になる!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

2016年11月8日、午前5時15分ごろ、
福岡市博多区博多駅前の市道「博多駅前通り」
で道路の陥没事故が発生しました。

陥没個所は、約3時間後には
幅27m、長さ39m、深さ約15m

に広がり、大変大きな事故になってしまいました。

幸いなことに、怪訝人はなかったのです。

そこには作業員の素早い機転の利いた処置が功を奏したのです。

しかし、事故が大きいためにライフラインの復旧が気になります。

調べて見ました。
大成建設・賠償金については以下にあります。
博多駅前陥没事故 施工した大成建設は過去にも事故歴有り!賠償金はどうなる?

停電復旧はいつ?

%e5%8d%9a%e5%a4%9a%e9%99%a5%e6%b2%a1%e4%ba%8b%e6%95%85%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bc2

博多駅前道路の陥没事故は、

不幸中の幸いで、怪訝人はなかったのです。

原因の究明も大事ですが、

諸機能の復活を急がなければ、

経済的損失や、機会損失も大きくなり
市民生活に甚大な影響を及ぼしてしまいます。

現在は、特殊なセメント製の土砂を投入し、
固まり次第、ライフラインの復旧作業に
取り掛かる予定ですが、いつ完了するのでしょうか?

・ ライフラインの復旧
・ 地盤の改良・復讐作業
・ 道路の舗装工事

これらは、半年近くかかることが予想されます。

ライフラインの復旧はいつ?

%e5%8d%9a%e5%a4%9a%e9%99%a5%e6%b2%a1%e4%ba%8b%e6%95%85%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bc%ef%bc%91

各種のライフラインですが一番気になります。

現在は、水が地下水位と同レベルになってたまっておりますが、
これは抜くことが出来ません!

抜き取るとまた、周りの水が穴に押し寄せてきて、
移動して水の後が空洞になり、二次陥没を引き起こします。

陥没した断面には、ケーブルや色々の菅などがたくさんあり、
復旧には数日の時間を要します。

・ 電気:1~4日
・ 水道:1ヶ月
・ ガス:3ヶ月

が目安と言われております。

最も長いのが、ガスです。

現場付近では、ガスのにおいが充満しており、
下記の使用が制限されております。

今後も、慎重に作業を進めていただきたいものです。

スポンサーリンク

銀行のシステム障害は?

当然のことながら、吟行も被害を受けております。

・ 伊予銀行
・ 福岡銀行
・ 隈本銀行
・ 親和銀行

等の銀行が被害を受けております。

現在は、ATMからの入出金ができないという状況が続いております。

現在早急に復旧作業が進められているようです。

急な停電をしてはいけないものの代名詞として、
デスクトップパソコンやATMなどがあげられるのでは?と思います。

産業用のコンピューターも停電が起こればエラーになってしまいますし、
ロボットも原点復帰などをしなければなりません。

ATMについても一緒のようで
現在福岡・熊本・鹿児島エリアで
ATMが使えなくなる状況に
見舞われてしまっている様子。

一般的に災害が発生した時、順調に復旧工事がすすめば1~4日で復旧できるというデータがあるようです

 

まとめ

今回の事故は、3度目で、
過去の教訓が生かされなかったことに

失望する方もおります。

ある専門家は、青函連絡船の工事を例にとり、
第一に考慮しなければならない点が、
見過ごされたことに失望しておりました。

そんな意味で、“人災“との批判を免れないかもしれません!

さらに、工事は続きます。
4度目は絶対に発生させてはいけません!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告