大谷翔平 2017年メジャー行きの可能性は?二刀流に対する海外の評価や年俸予想!

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

米大リーガーが大谷翔平選手を見る目は、日に日に強くなっていきます!

しかし、最近は変化があるというのです。

打撃フォームを撮影したり、走行のタイムを図ったり、本腰を入れているというのです。

果たして、メジャー行きの可能性はどうなのでしょうか?

「二刀流」の評価はいかがなものなのでしょうか?

大谷翔平のwiki風プロフ

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e3%83%bc%ef%bc%91

◆ 名前:大谷翔平(おおたにしょうへい)

◆ 生年月日:1994年7月5日(22歳)

◆ 出身地:岩手県奥州市

◆ 身長:193㎝

◆ 体重:102㎏

◆ 学歴:花巻東高等学校

◆ 活動期間:2012年~

◆ 家族:父・徹さん(社会人選手)、母・加代子(バドミントン選手・国体出場)
兄・龍太さん(28歳)(トヨタ自動車東日本コーチ兼外野手)
姉・結香さん(23歳)

◆ 所属:北海道日本ファイターズ

・プロ野球選手・投手・外野手(右投げ、左打ち)プロ野球では非常に珍しい投手と打者の「二刀流」選手として注目されております。

・球速が164㎞/h を投げるNPB最速投手です。

・2016年には、自身2度目の2桁勝利と2桁本塁打を達成し、投打ともにチームの主力としてリーグ優勝に大きく貢献したのです。

<TW>

https://twitter.com/mamhnhf/status/781450849696440320

大谷選手はメジャーに行くか?

「ヤンキースのスカウトとして松井秀喜獲得に動いたジョン・コックス氏(現ジャイアンツ環太平洋スカウト)は「ネクスト・ダルビッシュだね。技術面だけでなく、アメリカの環境も合っていると思う。今は投手の方が技術的に優れているけど、打者としても技術がある」

と語っております。ダルビッシュに並べられるとは、すごいものですね!

聞くところによると、大谷専属ボディーガード”がいるそうです。

自分が雇ったのではなく、将来の“珠玉”を守るために自主的に、
しかも外国から派遣されて、警備しているそうです。

名前は、ジョン・クロフォードさん(年齢非公表)で、グラウンド間や、
球場からホテルまでの歩行時に大谷に密着し、周囲に目を光らせる。ようです。

将来の名選手をこのようにして守っていくのですね!

これも、アメリカが大谷選手を高く高く評価している証拠となりますね。

スポンサーリンク

大谷選手の二刀流に対する海外の評価は?

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e3%83%bc%ef%bc%92

 

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e3%83%bc3

米国では大谷のような二刀流を「TWO WAY PLAYER」と呼ぶそうです。

投手と野手の二つの道に向かっているという意味だのようです。

その大谷には、早くもメジャー移籍した場合、投打二刀流を続けるか、
米メディア、スカウト関係者の間で話題になっているのです。

メジャースカウトの評価は、別格扱いのようです。

◆① 彼は別格だ。大リーグに来る時の契約はおそらく2億ドル(約222億円)前後と推定。
田中将大が年俸7年総額1億7550万ドル(約186億円)を軽く超えます。

◆② 仮に早く来れば、29歳くらいでFA(通常は取得に6年)になる可能性があり、
そうなれば次の契約は3億ドル(約333億円)相当と跳ね上がり、
足せば、5億ドルの価値があるプレーヤーとみているようです。

◆③ メジャーの投手は、年々球速が上がっており、
常時は95マイル(152㎞)を投げる投手は増えているようですが、

100マイル(160㎞)を超える投手は少ないそうです。

大谷はこの面でも評価されているのです。

◆④ メジャーでは、投手より打者としての評価が高いのです。

イチロー選手もその用の評価しております。

しかし、田中将大、ダルビッシュの両投手は、メジャーで活躍するなら投手だと言っており、
それぞれの得意分野で意見が割れるのも面白い現象ですね!

<動画>

 

1ケ月1万円生活って本当?

年俸2億円の男が、1ケ月1万円生活をしているというのです。

どういうことでしょうか?両親にすべてを預けて、月に10万円をいただくのだそうです。

物欲もなく、彼女もいない彼は大半は手を付けず、2年間で個人口座の残高は200万円を超えたそうです。

まさに、タンス預金ならぬ「二刀流預金」とでも言い表せそうな貯え方ですね!

大谷選手は、寮生活をしているので食費も光熱費もかからないのです。1万円あると余るそうです。

また、先輩が良い方が多く、奢ってもらう方が多いので使い道がないようです。

若い青年ですので、チョコやソフトクリーム程度をたまに買うくらいのようです。

後輩が出来ると、自分も奢ってもらったのでそのようにしたいと言っていたようです。

童顔が残る大谷選手ですが、ますますファンは増えるのではないでしょうか?

 

まとめ

日本ハムファンとしては、ダルビッシュ投手もいなくなり寂しい思いをしてきましたが、

大谷選手も “またか?” との感情が湧くのも仕方ありませんが、
若い選手の才能の開花にどれほどのエールを送るかもファンの役目の一つでもあります。

自分が出来ない分を才能ある選手が代って実行してくれるなんてこれほど嬉しいことはありませんよ!

これからの大谷選手の際限ない挑戦に拍手を送りましょう!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます。

マイクのおもしろ情報・関連広告