薬で逮捕の庄司哲郎ってどんな人?意外な経歴と小倉智昭との関係について!

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

8月25日夕刻、関東信越厚生局麻薬取締部が俳優の庄司哲郎(49)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。

この庄司を金銭的に支援していたのが、フジテレビの情報番組「とくダネ!」のキャスター・小倉智昭(69)であることが「週刊文春」の取材により明らかになった!

「文春砲」が炸裂したのですが、小倉さんとはどんな関係なのでしょうか?

歯に衣着せずコメントする小倉さんです。どのようにコメントするのでしょうか?

         目    次

【① 小倉智昭のwiki風プロフ】

【② 庄司哲郎のwiki風プロフ】

     ②ー1 庄司哲郎の作品

【③ 小倉智昭と庄司哲郎との関係は?】

     ③ー1 SNSの反応は?

【④ まとめ】

今回はこの4点について紹介いたしたく思います。

小倉智昭のwiki風プロフ

小倉ー3

◆ 名前:小倉智昭(おぐらともあき)

◆ 生年月日: 1947年5月25日(69歳)

◆ 出身地:秋田県秋田市

◆ 血液型:B型

◆ 身長:173㎝

◆ 体重:75㎏

◆ 学歴:獨協大学外国語学部フランス語学科

◆ 職歴:時事通信社社会部記者→東京12チャンネルアナウンアサー→フリーアナウンサー

◆ 活動期間: 1970年~

◆ 家族:配偶者あり(バツ1)

◆ ジャンル:情報・バラエティ

◆ 事務所:オーケープロダクション

・幼い頃から吃音症に悩まされ、後にアナウンサー職に就いたのは、吃音を克服するため、あえて喋ることを仕事とする道を志したためであるというのですが、現在では全く痕跡すらありませんね!

・大橋巨泉が『大橋巨泉の日曜競馬ニッポン』(ニッポン放送)をスタートさせるにあたり小倉を起用することを決め、巨泉のスカウトに乗る形で29歳のときに東京12チャンネルを退社し、フリーアナウンサーとして大橋巨泉事務所(現:オーケープロダクション)に所属した。

・2016年5月13日、初期の膀胱がんを公表し、翌週の5月16日から手術のため1週間休養。17日手術、21日に退院し、23日に番組復帰を果たしております。

白内障やら、種々の病気を経験されているようです。

・2016年7月28日、 『とくダネ!』の放送回数が4,452回となり、同一司会者による全国ネット情報番組としての最多放送回数を達成し、継続しております。

・1976年(昭和51年)のフリー転身当時、小倉には多額の借金があり最初の妻と離婚しております。
その後、15歳年下の女性と再婚しましたが、最初の妻との間には子がいるが、現在の妻との間には子はいないのです。

・カツラ着用者であることは講演会などでカミングアウト済みであり、バラエティでも取り上げられたりして、“全部ではないよ!“ 自分の毛もちゃんと活用していると頑張っております。

庄司哲郎のwiki風プロフ

庄司哲郎ー1

◆ 名前:庄司 哲郎(しょうじてつお)

◆ 生年月日:1966 年12月26日(50歳)

◆ 出身地:東京都

◆ 職歴:俳優・画家、

代表作は次のようです。

◆ 映画出演:モーニング刑事、修羅がゆく、修羅のみち、なにわ忠臣蔵、金曜日のレストラン、

◆ビデオドラマ:BE-BOP-HIGHSCHOOL Vシネマ第1期、プチ美人の悲劇、ウルトラマンガイアガイアよ再び(2001年)

◆ テレビ:ウルトラマンガイア(1998年)、モノクローム反転、事件記者 浦上伸介6、

以前は俳優として活躍されておりました。

その傍ら、画家、ミュージシャン、タレントとしても活躍されえおりました。
どれほど有名だったかはわかりませんが、一般的には無名と言っていいのではないでしょうか?

作品がありますので紹介します。

庄司哲郎の作品

庄司哲郎作品―1

庄司哲郎作品―4

庄司哲郎作品―3

庄司哲郎作品―2

 

 

素人離れしていることは間違いなさそうです。

どれほど売れたのか(?)金銭的には苦しかったようですよ!

スポンサーリンク

小倉智昭と庄司哲郎との関係は?

庄司さんは、かっては小倉さんと同じオーケープロダクションに籍を置いていたのです。

小倉さんは、画家として活動する彼の才能を高く評価しており、庄司さんが三年前に事務所を辞めた後も連絡を取り合っていたのです。

逮捕当日の8月25日もお台場で、『とくダネ!』の放送を終えた小倉さんと食事をしていたのです。お母さんの話では、誕生日プレゼントを渡すためだったようです。

しかし、それは口実で、お金を無心していたそうです。

庄司は、日ごろから小倉さんを「敬愛する兄貴」「芸能界の父」などと呼び、周囲には「小倉さんは俺のパトロン」などと吹聴していたそうです。

1990年ころ芳賀健二の梅宮アンナの肖像画を描き、自分で書いたとうそをついて復縁を迫ったことでワイドショーなどで話題になったころ、人を介して知り合ったそうです。

小倉ー2

「小倉さんは、庄司が書いた自分の肖像画に感激し、その後も『庄司の絵には不思議な力がある』と絶賛し、CDジャケトの絵を依頼したり、テレビで紹介したり、活躍の幅が広がるように各方面に熱心に売り込んでいた。」

一番のコレクターであり、複数の絵を高額で購入し、画材や筆を買う資金も、小遣いとして与えていたのです。

当然、覚せい剤を購入する資金になったことは当然です。
小倉さんのコメントは

「その話が本当であればショックで言葉になりません。彼の画家としての才能を誰よりも買っていました。まだ正直信じられませんが、今はあまりのショックに言葉にできません。信じていたのに・・・」

とマネージャーが小倉に代わって答えたのでした。

庄司は薬物常習者だった可能性は高く、小倉は援助のつもりでも、結果的に小倉からもらった金で薬物を購入していたことになります。

今後は、小倉さんに事情聴取があるかもしれません。

「とくダネ!」は、4,452回を迎え、”同一司会者による全国ネットのニュース情報番組“の放送回数最多記録を更新したばっかりです。

小倉は、17年以上にわたって“辛口コメント”でニュースを切ってきたのです。

それが自分のこととなると途端に口をつぐむというのでは、ニュースキャスターとしての資質が問われかねないところまで来ているのです。

<Youtube>

SNSの反応は?

<TW>

まとめ

事件とは本当に思わぬところからやってくるものですね!

小倉智昭さんも本当に“驚いた”ことでしょう!

小倉さんが“分かって”いたとは思われませんが、公的機関での仕事上、何らかの釈明が求められるでしょう!

現在は、風も吹かず何もないようですが、最悪降板も“あり”かもしれません!

“辛口コメント”の得意の機転で、乗り切ってほしいものです。

過去に息子の不祥事で“降板”したキャスターのようにならないでほしいと願っております。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒清原和博「覚醒剤取締法違反」で逮捕?背中の入れ墨が気になる?現在・今後はどうなる?

【記事2】 ⇒清原和博が逮捕され、ネットが騒然!これも週刊文春が2014年に報じていた!

【記事3】 ⇒清原和博のブログを発見!灰皿割った写真も発見!子供、長島・王さんへの思いとは?

【記事4】 ⇒清原和博逮捕の状況と離婚の真相!元妻の暮らしと子供たちは?

【記事5】 ⇒清原和博・暴力団芋づる式逮捕の予想!リストが上がっている?情報入手方法とは?

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告