小林麻央のホスピス・再入院はなぜ?病状とその真実とは?

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

小林麻央さんが、再入院されました。ネット上では、ホスピスに入ったんじゃないか?
という噂が飛び回っております。

また、“歌舞伎座の呪い“が取り沙汰されております。

なにか、ミステリー気味てきましたが、実際のところはどうなんでしょうか?

関連記事は以下にあります。

⇒小林麻央 乳がんで体調不良。ステージは?余命や生存率・転移について!

         目    次

【① 小林麻央さんの再入院の意味は?】

【② 歌舞伎座の呪い(不幸)とは?】

【③ SNSでは?】

【④ まとめ】

今回はこの4点について紹介いたしたく思います。

スポンサーリンク

小林麻央さんの再入院の意味は?

その前に、ホスピスについて考えます。

麻央ーホスピス

<ホスピスとは?>

聞きなれない言葉ですが、「ホスピス」とはどんなことでしょうか?まず調べてみました。

思い出しました、遠い北国の病院に義理の祖父が同様の病院に入院したおりました。

96歳で、進行の遅い(高年齢)胃がんでした。兄弟が相談して延命治療をあきらめて、この道を選んだそうです。

残念ながら、8ケ月後に旅立ちました。

一度だけお見舞いに行ったのですが、まるで、ホテルのようにいろいろの設備が完備されており、安堵したことがありました。

「ホスピスとは主に末期癌(がん・ガン)患者に対して緩和治療や終末期医療(ターミナルケア)を行う施設のことを言います。
患者さんには、抗がん剤などの強い治療は行わず、主に麻薬を使用する「痛みのコントール」と、
精神的・社会的な援助を行いながら、死が訪れるまで、生きていることに意味を見出せるケアが施されます。」
【引用元:http://aroma-wet-bar.com/hospis_1.html】

<小林麻央さんの場合は?>

麻央ー2
さて、小林麻央さんの再入院先がホスピスじゃないかという噂が出るということは、

小林麻央さんの乳ガンが進行性で深刻である証左ではないかと思われるからなのです。

33歳という若さでの乳ガンを患い、1年8ヶ月経っても手術に踏み切れていない現状、

抗がん剤治療をして進行を止めてから、手術をしたいと言われておりますが、

事態は深刻ということで、どうしても小林麻央さんの病状は芳しく無いと思わざるを得ません。

そしてようやく退院して落ち着いたと思っていた矢先の再入院。

悪いことを考えてしまうのも分かります。

しかし、真央さんの場合は、元気で、食欲もあり、そんな段階ではないようです。

<小林麻央の再入院はホスピスではなく海老蔵が不在になるからと思いたい。>

ある専門家は、

「一般的に手術を視野に入れて、術前に抗ガン治療を行うのは、進行を抑えて手術の安全性を高めるためか、
温存手術の適応となる範囲までがんを小さくするのが目的です。そのため、術前に行う抗がん剤による治療期間は、
長くても6ヶ月。それが、1年8カ月というのは、とても長いので、特別な病状だということが考えられる」

というのです。

今回再び入院したという事は手術をする可能性があるのではないかともささやかれております。

ブログでは、聖路加病院に通っていたと報じております。

麻央ー聖路加

今回も同じ病院かわからないが、入院をしたという事は手術ができる状態である可能性もあるという事になる。

<TW-1>

歌舞伎座の呪い(不幸)とは?

歌舞伎座の呪い-2

真央さんの闘病生活を歌舞伎界のある重鎮は、

「なぜこうも歌舞伎界に受難が続くのか?」

と漏らしていたのです。

この数年

「“50歳から75歳くらいが一番技量が磨かれる“と言われる歌舞伎界で、
50代、60代の若さでスター役者が次々に早世する悲劇が続いている。」

・2012年12月には、当代きっての千両役者、中村勘三郎さん(享年57)が急逝された。。

・3013年2月には、市川團十郎さん(海老蔵さんの父)(享年66)が肺炎でこの世を去った。

・2015年2月には、坂東三津五郎さん(享年59)がすい臓がんで亡くなった。

「そうした悲しいことが続いていることを、歌舞伎にかかわる人々の間では『歌舞伎座の怪』と囁く声も聞こえてくる」

と関係者は語っているのです。

その元凶は、2013年にリニューアルオープンした東京・東銀座にある新歌舞伎座だというのです。

明治時代の1889年に創設されて、関東大震災や、東京大空襲を経て、現在はご代目だそうですが、
2010年10月の取り壊しになってから、不幸が襲っているというのです。

①2011年11月には、海老蔵が、バーでトラブルを起こし、全治2か月の大けがを負ったのです。

②2011年1月には、中村富十郎さん(享年81)が直腸がんで死去。

③2011年10月には、中村芝翫さん(享年83)が、肝不全で・・

④2012年2月には、中村雀右衛門さん(享年91)が肺炎で亡くなりました。

⑤2012年8月には、市川染五郎さん(43才)が、公演中に転落し、右手首骨折の重傷を負った。

⑥その後は、勘三郎さん、団十郎さん、三津五郎さん、の訃報が続いたのです。

「以前、劇場脇に『歌舞伎稲荷』が祀ってあった場所に今は29階建ての歌舞伎座タワーが経っております。

歌舞伎座の呪い
ビルが邪魔してお稲荷さんが降りられずに怒っているのではないかという声もあります。」と関係者は嘆くのです。

さらに、梨園関係者からは、

「成田屋には、もう一つの宿命がある」というのです。

「市川團十郎の率いる『成田屋』こと市川宗家では、約350年の歴史の中で、歴代の團十郎が多くのトラブルに巻き込まれてきた。」

それを列挙すると、

① 初代團十郎は、舞台で客が見守る中、端役の役者に刃物で刺されて命を落としている。

② 二代目は、妾と弟子が駆け落ちする醜聞に見舞われた。

③ 三代目と六代目は、22才の若さで≫病死した。

④ 八代目は、原因不明の謎の自殺を遂げた。

⑤ 九代目は、借金に苦しんだ。

⑥ 十一代目は、襲名わずか3年後、無念の死を迎えた。

⑦ 十二代目の父は、66才の若さで・・・そのことからいつしか『團十郎の名には試練もついてくる』と言われ始めたのです。

⑧ そうした歴史を知る若き日の海老蔵の口癖は、「俺は長生きしない」だった。

だからこそ、無茶な酒を飲み暴行事件にもつながったが、麻央と結婚後は、不摂生を改め、健康に気を使ってきたという。

「團十郎の後継者」に課せられた試練は重い。と結んだのでした。

これらのことを見ると、歴史も多いことから、変化も大きいのですが、すべてが、”重すぎる”と感じるのは私だけでしょうか?

現在の医学がこんな迷信を吹き飛ばしてほしいものです。

スポンサーリンク

SNSでは?

【再入院関連】

<TW-2>


<TW-3>


<TW-4>


【歌舞伎座・呪い関連】

<TW-5>


<TW-6>


<TW-7>

まとめ

海老蔵さんが、会見して、ブログにも再入院を公表してからは、憶測が飛び交い、自宅にも報道陣が押し寄せております。
麻央ー自宅

お子さんも幼いですし、命に関わることです。海老蔵さんも懇願しているように、”そっと”してあげたいものです。

早く元気な顔が観たいと思います。みなさんで応援いたしましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒井上真央 退社・独立!松本潤との結婚秒読みか?あの爆サイは何?

【記事2】 ⇒今井月(いまい るな) リオ五輪出場決定!かわいいと評判!ハーフか調査!母親は他界していた?

【記事3】 ⇒池江璃花子の経歴が凄い!日本新記録更新し淑徳巣鴨高校へ進学!父母の教育・彼氏は?

【記事4】 ⇒長友佑都、平愛梨とデキ婚報道の真相は?馴れ初めや歴代の彼女を調べてみた!

【記事5】 ⇒長谷部誠、佐藤ありさフライデーされた!結婚秒読み?馴初めや年俸は?

スポンサーリンク

関連記事はコチラ