桜井俊事務次官の経歴や年収について!都知事候補になった理由とは?

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

舛添都知事が辞職し、「ポスト舛添」がいよいよ騒がしくなってきましたが、その台風の目が、桜井事務次官です。「嵐」の櫻井翔のお父さんです。

櫻井翔

参議院選挙候補申請の締め切り時には(火曜日)注目されます。

決まるまでは、蓮舫さんを中心に選考が動くことでしょう!自民党がどう出るかが焦点ですね!

早速、人物を調べてみましょう。

関連記事は以下にあります。

⇒蓮舫議員が都知事候補の本命!夫の名前は?職業と子供は?

         目    次

【① 桜井俊のWiki風プロフ】

【② 櫻井俊事務次官はどんな人?】

【③ 櫻井俊さんの奥さんと家族は?】

【④ ポスト舛添になった根拠は】

【⑤ まとめ】

今回はこの5点について紹介いたしたく思います。

桜井俊のWiki風プロフ

櫻井俊-2

● 名前: 桜井俊(さくらいしゅん)

● 生年月日:1953年12がsつ14日(62歳)

● 出身地:群馬県

● 学歴:東京大学法学部

● 職業:総務事務次官

● 家族:妻、長男(櫻井翔)、長女()、二男(修)

2015年7月に総務事務次官への昇格が内定し、閣議で正式決定された。

ポスト舛添に名が上がると、

「情報通信行政をやってきただけの人間ですので、とてもそのような役を果たせるだけの器ではない」

と述べて、出馬を否定しました。

櫻井俊事務次官はどんな人?

東大法学部を卒業し、郵政省に入省したキャリア官僚で、典型的なエリートなんですね!

事務次官とは、官僚が到達する最高の地位なのです。企業でいえば、“社長”とか“CEO”に相当します。

凄く偉い方なのです。

2013年夏までは、局長さんでしたが、夏の人事で総務審議官に昇格したそうです。

ここに至るまでの出世競争は、激烈を極めます。

事務次官に次ぐ役職で、1年間ミスなく業務を処理すれば、自動的にに昇格できるといわれますが、そうは簡単ではないのです。

一説には、民主党政権時、電波オークションが提言型事業仕分けなどで議論となった際には、反対の論陣を張って、それが自民党の世耕弘成らの目に留まった!

という伝説(?)もあり次期次官候補と目されていらようです(?)

当時は、審議官が3人いたそうです。

総務省関係者によると、櫻井氏が入省した77年組は「10年に一度の逸材揃い」で、なかでも櫻井氏は入省当初から

「将来の次官候補と呼ばれたエース中のエースだった」

櫻井氏は温厚な性格だが仕事は確実に処理。

「上司から信頼され、部下からも慕われる理想のリーダー」

だと言われていたのです。(2014年時の某雑誌)

審議官の年収は、約2000万円と言われております。

とは言え、息子の櫻井翔さんは、ざっと2億越えですからね(笑)

スポンサーリンク

櫻井俊さんの奥さんと家族は?

お母さんは、桜井陽子さんです。お茶の水女子大学を卒業し、駒澤大学で教授をされております。

櫻井ーhaha-2

研究テーマは、「平家物語を中心に、平家物語の本文流動および受容の具体相の解明」だそうです。日本の中世文学に焦点を当てておりますね。

実家は、群馬県で、親戚にはなんと小渕元総理がおり、衆議院議員の小渕優子さんとは幼少からのお付き合いがあるそうです。

兄妹もおり、みなさん慶応の幼稚舎だそうです。

妹の舞さんは、2009年に成城大学を卒業し、日本テレビでニュースレポーターをされております。

櫻井ー妹櫻井ー妹-2

弟さんは、修さんですが慶応の経済学部に在学中です。

櫻井ー弟

なんとも、皆さん頭脳明晰で、エリート集団ですね!

気が付かなかったのですが、そういわれてみると櫻井翔さんは、インテリ感が漂っておりますね!

お世辞ではなく、気が付かなかっただけです(笑)

ポスト舛添になった根拠は

優秀な官僚が、政治の世界でも才能を発揮できるかは、必ずしも合致しないものですが、桜井事務次官には、特別な理由があったのです。

① 「息子の知名度」が挙げられます。自民党は勝てる候補を探さなければなりません!

息子さんは、「嵐」の櫻井翔さんです。

嵐のファンは、小学生から、うえは中高年まで幅広い世代に支持されております。

SMAPの100万人を上回る190万人のファンを抱えているのです。

女性への知名度もハンパじゃないようですし、なんといってもマスコミが派手に騒いでくれます。

無党派、女性票を獲得するには、この目論見を使わない手はないのです。

② 「官僚出身」だからです。2代続いて“政治と金”スキャンダルで失脚が続きましたので、“クリーンで地味な”人選が求められているのです。

スキャンダルはもうたくさんと思っている都民が大多数なのです。

③ 「自民党との太いパイプ」先のエピソードにもあるように、現職官僚の中でも安倍官邸とは、太いパイプがあるそうです。

安倍内閣の実力者である菅義偉官房長官の信頼が厚いと言われております。
世耕 弘成・副官房長官も同様のようです。

今回の知事選は、自民党の推薦者が2期連続でスキャンダルに会いました。

自公は、先に候補者指名を明らかにすることはないでしょう!

「後だしジャンケン」

で勝ちに行くと思います。

まとめ

週刊文春さんは、情報も集まってくるし、人、時間,金をかけて調査するのは、秀でておりますが、いかんせん、「後付け」なんですね!

もし、舛添さんが、知事になる前にこのような事実が発覚していれば、東京都民もここまでは怒らなくても良かったのではないでしょうか?

「週刊誌による厳しい目」で、事前チェックしてはいかがでしょうか?

「情報がない!」と動かないのが週刊文春のやり方なのでしょうか(笑)

来週の火曜日以降が、焦点になります。

「もう遅い!」かもしれませんね!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒舛添要一知事に週刊文春砲ww公用車、海外出張、収支報告書に疑惑、批判噴出!

【記事2】 ⇒舛添知事への辞任の声高し!都民・著名人の声を集めた!

【記事3】 ⇒舛添知事の逮捕・辞任近し!妻は?子どもの学校は?【週刊文春第三弾】

【記事4】 ⇒舛添要一知事の子どもの年齢、学校が判明!いじめが心配! 家族は守れるか?

【記事5】 ⇒舛添都知事は9月に辞任する!著した本は“ウソ”で矛盾だらけ!都民の怒りとは?

【記事6】 ⇒【週刊文春】舛添要一、「母介護の大ウソ!」と「骨肉の銭ゲバ闘争」「恫喝文書」が流出

【記事7】 ⇒舛添要一知事 調査報告し続投表明!別荘売却、返金は寄付!都民納得しない!

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告