世界卓球選手権2016結果!日本卓球の成長の成果と源とは?

 

日本選手の戦いと経過と成果は、大きいものがありました。

その内容は以下のサイトが詳しく述べられております。↓↓↓

⇒世界卓球2016男子、女子・決勝中国戦の試合結果、成果と課題とは?

日本選手の躍進の元は?日本卓球育成ゴールドプランとは?

本事業は、競技力向上に不可欠な組織力、人力、財政力の強化を見据えた国際人の養成および将来国際舞台で活躍できる若手の育成を目的とし、JOCゴールドプランの長期的国際競技力向上戦略の一環として位置づけられています。
(出典:http://www.joc.or.jp/news/detail.html?id=176)

と謳われており、卓球においても同様で、

ピラミッド型の育成制度の確立が、今の躍進につながっており、

2001年の奨学生の日本代表チームの創設し、有望な選手を早く見つけて、

トップレベルの練習や国際大会経験することが可能になったのです。

その1期生が水谷隼選手であり、

石川・伊藤選手は代表選手を経験することが出来たのです。

進歩、育成のレベルは、ピラミッド型となっており、

日本卓球選手の進化イメージとしては、ナショナルチーム(NT)が頂上で、

その下が、ジュニア(NT)(中高生)となっております。

育成家庭の下部階層は、ホープスNT(小学生)があり、

これが3つにレベルごとに3階層になっております。

ホープス(小学6年以下)

カブ(小学生4年以下)

バンビ(小学2年以下)

です。

(注:ホープス=卓球界の「希望」という英単語の意味から。 カブ=「肉食獣の子供、見習い」という英単語の意味から。 バンビ=響きがかわいいからという理由でこの種目名に。)

スポンサーリンク

小学生世代からトップレベルの指導を目標にしており、

・合宿は海外含めて50日異常

・食事・栄養の知識を指導

・プレゼンテーションや取材の対応を指導

・世界一になることを意識、トップアスリートとしての心のあり方を指導が行

われます。

この制度は、2008年「エリ-トアカデミー」としてスタートしたもので、

全国から選抜された中学1年生~高校3年生が親元を離れ、

近隣の中学・高校に通いながらナショナルトレーニングセンターに寄宿し

メダリストを目指すもので、食事代・宿泊代・学費本人負担なしの優遇が受け

られるのです。
卓球育成ー2(出典:https://joyonews.jp/smart/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%83…)

アカデミー所属,平野美宇選手他卓球16人が在籍しております。

現在の世界ランキングが先月発表され、

一般男子:水谷選手・・7位

一般女子:福原選手・・4位、 石川選手・・5位

<18歳以下>

男子:トップ10位内・・5,6,10位…3人

女子:トップ10位内・・1(伊藤選手),2,4,5,6,7位・・・6人

<15歳以下>

男子:世界ランク:1位・・張本智和(12)

女子:世界ランク:1位・・木原美悠久(11)

と若い選手が豊富で今後は大いに楽しみが増大いたします。

子の若手は、皆さんが東京オリンピックの可能性大であります。

 

 

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒羽生結弦が4大陸選手権を欠場した理由は戦略か?週刊誌の結婚記事は?? 

【記事2】 ⇒羽生結弦 世界選手権 2016の最大ライバルは、パトリック・チャンだ!カナダへ飛んだ訳は?

【記事3】 ⇒伊藤美誠世界卓球2016 ドイツ戦初戦勝利しメダル確定!父・母の教育は?胎教があった?

【記事5】 ⇒世界卓球2016男子、女子・決勝中国戦の試合結果、成果と課題とは?

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告