清原容疑者が禁断症状で、自殺発言?子供に会えない寂しさで・・?

清原ー禁断ー1(出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-0000050…)

清原の覚せい剤使用は、桁外れに多い!

覚醒剤の使用量は1カ月で5グラム。

1回の使用量は0.03~0.04グラム程度とされ、5グラムなら約150回分に相当する。

かなり重症の常用者なのだ。最近は、禁断症状で苦しんでいるらしい!

禁断症状とは?

◆離脱症候群ともいう。アルコールやアヘン系鎮痛剤などのように向精神作用をもつ化学物質を常用すると,多くの場合,使用を中止しようと思ってもやめられなくなる。このように依存状態に陥ったあとで,その物質の使用量を急激に減少させたり,中止したりすると,不安,苦悶,頭痛,不眠,興奮,下痢,嘔吐などの自律神経系症状,意識障害,けいれん,幻覚などが現れる。

◆<自律神経症状>内臓や血管に分布して呼吸,消化,吸収,循環,分泌などの活動を不随意的に調節する神経系。運動や感覚にかかわりをもつ体性神経系を動物神経系と呼ぶのに対して,植物神経系とも呼ばれる。自律神経系は交感神経系と副交感神経系とに分けられる。

◆<意識障害>精神活動が一時的あるいは持続的に障害を受けること。意識混濁の程度には種々あり,軽度のものから順に,明識不能 (困難) 状態,傾眠,昏蒙,昏睡などがある。嗜眠と傾眠はほとんど同義で,睡眠に陥ろうとする傾向が強いものをいう。

◆<けいれん>全身または体の一部の筋肉が、本人の意思とは関係なく発作的に収縮すること。「白目をむいて全身がヒクヒク」「ガタガタふるえるように」「全身がこわばって」などがあります。(ブリタニカ国際大百科事典)

スポンサーリンク

「 医師の奥仲哲弥氏が14日、TBS系「サンデージャポン」(日曜前10・0)に出演し、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)について言及。「今は禁断症状の真っ盛りで大変なことになっている」と発言した。

奥仲氏は、「清原は、大変なことになっていますよ。禁断症状の真っ盛りで、全身がかゆくてしょうがない。無数の虫が皮下全体をうごめいている感じになっている。おそらく、拘置所の中でガンガン頭を壁にぶつけて、怖くてしょうがない状態。一睡もできないのでは」とコメント。「報道が本当なら」と付け加えた上で、医師の立場で発言した。」

清原―禁断ー3(出典:https://www.youtube.com/watch?v=2trzxtgskV0)

清原―禁断ー2(出典:https://www.youtube.com/watch?v=0PtxnIPk3MA)

シャブ歴は、現役時代を含め15年以上とみられる。

最初は遊びのつもりでも、気付けば抜け出せないほどハマってしまうのが覚醒剤の恐ろしいところ。

体はむしばまれ、脳には深刻なダメージを残す。

清原容疑者は、薬を絶って、2週間になります。

「子供に会いたい!」「自殺したい!」などと呟いておるようです。

報道を見る限り、相当なうつ状態に陥っている。

これはクスリが切れた時の症状。

しかも彼の場合は母親が病気で、家族にも見放され、周囲の期待も裏切り、そのうち

『死んだ方がいいんじゃないか』

と考えるようになる。

「事実、警察側は自殺を想定してモニターで24時間監視するなど、ピリピリしていると聞く。

万が一、死なれたら大問題になる」(日向野氏談)

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒清原和博「覚醒剤取締法違反」で逮捕?背中の入れ墨が気になる?現在・今後はどうなる?

【記事2】 ⇒清原和博が逮捕され、ネットが騒然!これも週刊文春が2014年に報じていた!

【記事3】 ⇒清原和博のブログを発見!灰皿割った写真も発見!子供、長島・王さんへの思いとは?

【記事4】 ⇒清原和博逮捕の状況と離婚の真相!元妻の暮らしと子供たちは?

【記事5】 ⇒清原和博・暴力団芋づる式逮捕の予想!リストが上がっている?情報入手方法とは?

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告