ベッキー「損害総額6億円」サンミュージック大ピンチ!カンニング竹山で返せるか!?

ベッキー友達ー1(出典:http://2ch-matomenews.com/39831/)

 

ロックバンド・ゲスの極み乙女。川谷絵音(27)との不倫疑惑騒動に揺れるタレント・ベッキー(31)が、CM,レギュラー番組11本すべて休演して、画面では見ることが出来なくなりましたが、その損害額が膨大で、事務所が大ピンチに立たされているようです。

大ピンチの状況とは?

 

10社ものCM契約がなくなるとあれば、その損害は甚大で、「違約金を含めて、4億円強はいくだろう」(同)とも言われている。さらに、ベッキーが「休養」に入るため、テレビのレギュラー番組も白紙に。

CMと合わせて損害総額が6億円に上る可能性がある今回のベッキーのスキャンダル。

これはすべて、」所属するサンミュージックに降りかかるのだ!!

 

「サンミュージックは、かつて桜田淳子、松田聖子らを育て上げた名門中の名門。09年に酒井法子が違法薬物事件を起こした際も、総額5億円のCM違約金を払えたんです。

 

それにはわけがあります。

「のりピーの損害を馬車馬のようになって“返済”したのは、今回の当事者のベッキーだったのです。

 

しかし、現在は、ベッキーの次に“稼ぐタレント”といえば、売り上げ規模で彼女の数分の1しかないとされるカンニング竹山になるのだそうです。

ベッキー友達ー2(出典:http://bakusai.com/thr_res/acode=8/ctgid=137/bid=1…)

とても彼がカバーできる金額ではないんです」

 

恐ろしい話になりますが、 一部社員は、すでに転職活動を始めているというが、前出のサンミュージックの関係者によると、

「リストラを検討しているという話もあるそうだし、社内は戦々恐々としているようです。」

 

“本当にベッキーの仕事がなくなったら、いよいよ脱いでもらうしかないな”

 

という声もあるとか??

こんなことになったら、あの清純派タレントは、ぶち壊しになるし、ファンも黙ってはいないでしょう。

スポンサーリンク

 

ベッキー、サンミュージックの責任は?

2月5日、所属事務所が正式発表しました。

「本人のとった軽率な行動、責任の重大さを鑑みて決定いたしました」

としており、事実上の謹慎処分となる。

 

騒動勃発から1カ月、所属事務所が休業は事実上の謹慎であることを明らかにした。

 

すでにベッキーは、CM契約していた10社は放送打ち切りおよび契約終了が決定sita。

 

レギュラー出演していたテレビ10番組の休演が決定していたのです。

 

ここで考えてみたいのです。

 

ベッキーにだけ責任を押し付けてよいのでしょうか?たしかに、ことを大きくしたのは、

ベッキーの言動にあるのは当然ですが、

「危機管理における初動管理の甘さ!」はなかったのでしょうか?

 

  • 「お友達で通します!」を許したのは、当事務所でなかったのか 
  • 質問をすべて遮断したのも事務所の以降ではなかったのか? 
  • 謝罪会見時の態度の不評は誰の指導であったのか? 
  • 謝罪会見時の服装は、どのように考えるのか?

 

 

全てに応えるつもりはありませんが、タレントの指導理念が問題になりますよね!

一種の商品なのですから、細部に渡って目を配るのは、管理者たる事務所の責任なのです。

その意味で、一若い女性を生かすか殺すかの主要な責任があると思います。

問題提起にとどめ、ご批判をいただきたいと思います。

 

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒ベッキーを擁護するのは逆効果?最低と批判される理由とは?
【記事2】 ⇒ベッキー擁護し不倫騒動にミヤネ屋で持論展開に非難殺到!奥さんに同情集まる!
【記事3】 ⇒ベッキー、不倫騒動の謝罪は “ヤラセ”“ だ!不評なのはなぜ?
【記事4】 ⇒ベッキーが不倫?情報流出の内容が衝撃的だ!今後はどうなる?
【記事5】 ⇒ベッキー不倫!川谷絵音の妻は?CM起用に赤信号!LINEがヤバイ!
【記事6】 ⇒ベッキー週刊文春・第3弾。またLINE再流出!恐るべしベッキー!今後どうなる? 
【記事7】 ⇒川谷絵音・怖い顔を持つ嫁が探偵に浮気調査依頼!週刊文春で徹底追及
【記事8】 ⇒ベッキー不倫騒動、週刊文春の追求続く?「クローンiPhone」とは?

スポンサーリンク

 

マイクのおもしろ情報・関連広告