戸郷翔征(聖心ウルスラ)投手の出身中学とwiki!球速・球種をチェック!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む侍ジャパンU-18代表。

8月31日には、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校選抜と壮行試合を行った。

結果は4-2で侍ジャパンU-18の勝利。

相手となった宮崎県選抜にも、輝く逸材がいた。猛者揃いの侍を苦しめた1人が、

聖心ウルスラのエース右腕・戸郷翔征だったと評判になっております。

ここでは、そんな隠れた逸材・戸郷翔征選手のプロフィールと

野球歴やスカウトの評価に迫ってみました。

早速、迫ってみました。

戸郷翔征選手のwiki風プロフと球歴は?

 

◆ 名前:戸郷翔征(とごう しょうせい)

◆ 生年月日:2000年4月4日(18歳)

◆ 出身地:宮崎県三股町

◆ 身長:185㎝

◆ 体重:77kg

◆ ポジション:投手

◆ 投球:右投げ右打ち

◆ 最高球速:149km

◆ 投打:右投げ左打ち

◆ 遠投:117m

◆ 所属:聖心ウルスラ学園(3年)

選手の球歴

三股町立三股西小学校→都城市立妻ケ丘中学校→聖心ウルスラ学園

戸郷投手は、小学1年生から「三股ブルースカイ」で野球を始めました。

中学時代は、学校の軟式野球部に所属していました。

高校では、1年秋からベンチ入り。

2年夏の宮崎県大会では、エースとして、5試合に登板し、

12年ぶり2度目となる優勝に貢献しました。

続く甲子園でも、初戦の早稲田佐賀戦で、毎回の11奪三振の力投で完投勝ち。

2回戦・聖光学院戦でも先発しますが、7回1/3を投げて、5失点(責点4)で敗退しています。

縦横のスライダー、カットボール、スプリットと多彩な球種を投げ分ける

宮崎県ナンバーワン右腕だ。

影響を受けた人物として、上原浩治投手とダルビッシュ有投手の名前を挙げています。

「上原浩治投手やダルビッシュ有投手。あれぐらい活躍したいと思っていて、練習法もまねして、いいものは継続してきた」

宮崎県高校選抜と壮行試合での活躍は?

宮崎県高校選抜と壮行試合

最速149キロの直球で対抗し、三回には、大阪桐蔭・藤原、五回は大阪桐蔭・根尾から

三振を奪うなど見事なピッチングを見せた。

戸郷は、聖心ウルスラでチームメートで先発した林田蓮瑚が2点を奪われた

1回2死三塁の場面からマウンドへ。

最初の打者となった奈良間大己(常葉大菊川)を空振り三振に仕留めると、

そこから目を見張るほどの快投を演じた。

7回、枡田佳吾(宮崎工)がマウンドに上がるまで、5回1/3を投げた戸郷。

5回に味方の失策から2点を失ったものの、16個のアウトのうち9個を三振で奪い、

強打者揃いの侍ジャパンU-18代表をキリキリ舞いにさせた。

3回に小園に中前打にされたストレートは149キロを計示し、自己最速も更新した。

「2点は取られましたけど、少ない点に抑えられたのは良かったです。

(U-18代表は)有名な、びっくりする選手ばかり。

三振を取れば、観客の人も沸いてくれると思っていました。

藤原、根尾、中川、小園とかは意識しました。根尾から三振を取るのが目標だった」。

試合後にこう語った戸郷。実際に藤原、中川、根尾にはバットに空を斬らせた。

卒業後の進路を「プロ1本です」と言い切った戸郷。

侍ジャパンメンバーにも匹敵する輝きを放った。

(出典:https://fullcount.jp/)

まとめ

いかがでしたか?

まだ実績も少なく、スカウトもそれほど気にしていないようですが、

しっかりしてゲームを作ることが出来る投手のようです。

今回の戦績で、注目が高まってきたようです。

大化けを期待しましょう!

についてまとめました。

関連記事は以下にもあります。

⇒藤原恭大(大阪桐蔭)の出身中学とwiki!ドラフト予想シニア時代もチェック!の記事はコチラ

⇒吉田輝星(金足農)の出身中学とwiki!ドラフト予想と球速もチェック!の記事はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告