太田光(爆笑問題)が日本大学芸術学部は裏口入学だった!【週間新潮】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

東京医科大学の裏口入学問題が大事になっているここに及んで、

爆笑問題の太田光(53)も裏口入学だった」と、週刊新潮が関係者の証言を得て記事にしている。

裏口入学を主導したのは一人息子の太田光を溺愛していた父親で800万円だった!

直ちに、太田光が反論し、妻・光代は提訴すると公言しました。

ここでは、太田氏のプロフィールと裏口入学の経過・反論について迫ってみました。

週刊新潮では?

概要をまとめると以下のようです。

太田光は1984年に日本大学芸術学部演劇学科に入学しており、

現在の相方である田中裕二とはここで知り合うことになる。

裏口入学の経緯としては以下の流れ。

・受験は野球のユニホームを着ていった。

・大講堂で説明を受けていた時、試験管に向かって「ひっこめぇ~!」と奇声を上げた。

・内装会社を営んでいた父・三郎氏は息子を日大芸術学部に合格させたかった

・三郎氏は83年後半、裏口入学のコネを使い800万円で依頼する

・仲を取り持ったのは、裏社会の人物だったようです。

・加担した日大関係者「この成績ではまず自力では無理だろうと言うレベル」

・三郎氏と打ち合わせの場を何度か設けた

・三郎氏「うちの息子は馬鹿なんです。割り算もできないんです」

・同級生は、「“なんで高校生にもなって割り算ができねぇの!?”といじっていた。」

・本人曰く「暗算なんて意味が分からない。塾へ通わせてもらったけど三日坊主!

バイトでおつりは多めに渡す?」

・ゲタを履かせよう(点数水増し)にも足すらない状態

・日大関係者「太田光をホテルに呼んで本番と同じ問題を前に現役教員がレクチャーした」

・父親は、“息子に裏口だってことを言っていない。知らせたくない。何とか実力で鵜かったことにできませんか?”ってこだわったそうです。

・要するに、太田はゲタを履かせてもらっていることを理解したことになる。

・しかし、二次試験の後、学内ではいったん、「不合格」判定だったそうです。

英語は限りなくゼロ、答案用紙を逆にして描いたかなぁと疑うほど?

・父・三郎氏が払った対価は800万円だったようです。

週刊新潮の記者が本人を突撃したところ、太田光は「僕に覚えはないです」と答えた。

【父・太田三郎】:(株)三光社・代表取締役・一級建築士

太田光の発言は?

しかしながら、18年前の2000年3月2日、「ナイナイANN」にてゲストとして招かれた爆笑問題の太田光が

裏口入学を認める発言をしていたことが分かった。

少々長いので、核心部分を書き出すと以下の会話です。

日大の入試で暴れたけど合格したというエピソードを話す太田光。周囲が驚く中であっさりと受かった理由を明かす。

読者ハガキ「爆笑問題の太田さんに質問です。太田さんは大学入試の試験会場でものすごいことをしたらしいですが…」

太田光「ものすごいことって…。大騒ぎしてた。入試のときに試験官とかいるじゃない?ああいうのにツッコんだりしてた」

岡村隆史「自分が受験生で?」

太田光「『やい!おい!笑わせろ!』とか言ってた(笑)」

岡村隆史「マジですか」

矢部浩之「一人で?連れとかいないんでしょ?」

太田光「いないいない(笑)」

田中裕二「周りの受験生にもツッコんでたよ。『ばーかお前ら受かるわけねーだろ!』とかさ」

矢部浩之「それはおかしい者扱いされてますよ~(笑)」

岡村隆史「でも受かったんでしょ?」

太田光「受かった。裏口だもん」

一同「ははは(笑)」

冗談として言ったとも解釈できるが、声のトーンが本当のことを話しているように思える。

太田光と妻・光代の反論は?

【妻・光代】

太田光氏の反論は、

「バカヤロー。(裏口入学)するわけねぇだろ。はらわた煮えくりかえっているんだよ」と

“ホテルに缶詰め”の証言も「まったくそんなことはない」とキッパリと否定。

高校時代の成績について

「確かに学校の成績は悪かったし、それは本当なんだよ。そこが悔しい」

としながらも

「旺文社の全国模試では国語満点だった。地頭はいいんだ」と反論

記事内容を細かく否定しつつも

「一切落ち度がないとか言うと、(日本ボクシング連盟の)山根(明)会長みたいになっちゃうから。本当に傷

ついちゃって。冤罪ですみたいなこと言うと、ますます怪しいから言えないし」

と時事ネタを交えて揺れる胸の内を吐露。“日大関係者”として

証言をしている人間に対し、「クソガキが!本当に逃げも隠れもしないし、公開討論でもしてやる」と怒り心頭。

「割り算ができなかった」と

証言したとされる“同級生”にも「割り算はできたの、むしろ。連れてこい、ふざけやがって!」と収まらず。

「こんな具体的だと、こういう事実があったのかって俺も思っちゃうもん」と不満をもらした

三郎さんがすでに亡くなっていることから「100%の自信は持てない」

としながらも

「ウソだと思うよ、俺だって。親父はこんなペコペコしない人。

決めつけてるんだよ。なんで上から目線で言われなきゃいけないの?」

と怒りは止まらず。

「ネタにしてくれるのはいいけど、裏口っていうのはな。何かいうたびに、あいつ裏口の癖にってギャグでも言われる。

裏口キャラみたいの、俺もイヤ。面白ければいいけど」と肩を落とした。

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000081-spnannex-ent)

太田光氏ののwiki風プロフ

◆ 名前:太田光(おおたひかり)

◆ ニックネーム:ピーちゃん

◆ 生年月日:1965年5月13日(53歳)

◆ 出身地:埼玉県上福岡市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:170㎝

◆ 学歴:日本大学芸術学部中退

◆ 職業:お笑いタレント、漫才師、作詞家、文筆家。

◆ コンビ名:爆笑問題

◆ 相方:田中裕二

◆ 芸風:漫才・コント(ボケ)

◆ 活動期間:1988年~

◆ 家族:妻・太田光代

◆ 親族:太田三郎(父)太田瑠智子(母)

◆ 事務所:タイタン

日本大学芸術学部演劇学科で田中裕二と知り合う。二人で1988年3月に爆笑問題を結成し現在に至る。

漫才で時事ネタを扱う理由として「ネタがつきないから」「社会に対して言いたいことなど何もない」

「私のネタにはメッセージなどない。ウケればそれでいい」と述べている

まとめ

いかがでしたか?

威勢のいい太田さんも今回は“ヘトヘト”のようです。

自分のことを“お笑い”に変えている内はよかったのですが、

こうも暴露されるとどちらを信じていいのかわからなくなりますね!

過去は捨てて、“お笑いを届けてほしい”のがファンの本音です!

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告