林晃汰(智弁和歌山)の出身中学とwiki!ドラフト予想と球歴をチェック!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

春に続いて夏の甲子園出場を決めた和歌山県代表・智弁和歌山は、

第100回全国高校野球選手権大会第3日第2試合(智弁和歌山3-7近江、7日、甲子園)あまりにも早すぎる幕切れだ。

今春センバツ準Vの智弁和歌山がまさかの初戦敗退。

プロ注目のスラッガー、林晃汰内野手(3年)も、終盤の七回に右前打しただけに終わり、ゲームセットの瞬間、天を仰いだ!

しかし、スカウトが注目する有望な選手なのです。

ここでは、林晃汰内野手のプロフィールと球歴について迫ってみました。

林晃汰のwiki風プロフと球歴は?

◆ 名前:林晃汰(はやしこうた)

◆ 生年月日:2000年11月16日(18歳)

◆ 出身地:和歌山県岩出市

◆ 身長:181㎝

◆ 体重:88kg

◆ ポジション:三塁手

◆ 最高球速:km

◆ 投打:右投左打

◆ 家族:情報なし

◆ 所属:智辯和歌山高校

林晃汰選手の球歴

遠投100m 50m6秒7

林晃汰(はやしこうた)は、岩出小1年時から岩出ヤンキースで野球を始める。

岩出中では紀州ボーイズに在籍し2年春、3年夏に全国大会出場。

小学校から中学まで主に捕手。

智弁和歌山高では1年春から県大会に出場し、2年夏に甲子園出場。

興南高との1回戦では左中間へアーチを放つなど、逆方向にもスタンドインできるのが大きな魅力。

高校通算41本塁打を誇る左のスラッガーで、今春のセンバツでも左翼席への一発に加え、右中間へフェンス直撃弾も放った。

日本代表:BFA U-18アジア選手権日本代表 (2018-2018)

林晃汰選手のドラフト予想は?

巨人・岡崎スカウト部長

「(林は)超高校級のいい打者。(平田は)制球がいいし、まとまっている」

広島・鞘師智也スカウト

「近い将来プロのクリーンアップを打てますね。センター、ライト、どこにでも入れられるのが魅力」

阪神・畑山俊二チーフアマスカウト

「(甲子園での一発について)左打者で、あそこまで打ち込むのは大したもの。

タイプ的には筒香(DeNA)のイメージかな。スケールが大きい」

初回1死二塁のチャンスで空振り三振。5回1死一、三塁でも三振に倒れるなど好機で1本が出なかった。

7回1死から右前打を放ったが、3打数1安打2三振。

「最後まで自分の感覚がつかめていなかった。それでも打たないといけない」

と言い訳はなかった。

初戦敗退で、結果を残せませんでしたがどう影響する野でしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

春・夏投資て甲子園出場を果たし、決勝では、大阪亜党員と対戦し雪辱を果たすことを

目標に書か挙げて甲子園に臨んだのですが、まさかの敗退でした。

高嶋仁監督(72)は「あれだけミスしたら勝てないでしょう。クリーンアップで点が取れなかったらしゃあない」と嘆いた。

林選手は、

「自分が打てなくて、最後まで本当に迷惑をかけた。ただ楽しくできたのでそれが一番かなと。悔いはないです」。

ドラフトが注目されますね!

についてまとめました。

関連記事は以下にもあります。

⇒の記事はコチラ

⇒の記事はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告