野田聖子とGACKTとの関係は?夫(文信)の依頼で金融庁に圧力は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

野田聖子総務相(57)側が、無登録の仮想通貨業者を同席させ、

金融庁に説明要求をしていた問題が波紋を広げている。

この問題に関連して、朝日新聞が情報公開請求していたことが野田氏に事前に伝わっていたことも発覚。

野田氏は7月24日の会見で、懇談会で話題にしていたことを認め、

「慎重さに欠けたと反省している」と述べて謝罪した。

いったい何があったのでしょうか?

ここでは、野田聖子とGAKTとの関係、金融庁への圧力について迫ってみました。

野田聖子とGACKTの関係は?

「朝日新聞をはじめとした報道では名前は伏せられていましたが、

これは仮想通貨スピンドル(SPINDLE)に主要メンバーとして関わっているGACKTだと言われています。

野田大臣とGACKTは以前からかなり親密で、野田大臣は19日に受けた囲み取材の中でも、

GACKTと友人であることを認めていました。

金融庁から目をつけられて、困ったGACKT側が“友人”の野田大臣を頼った、というところでしょう」(芸能誌記者)

GACKTは、昨年12月、自身のブログで仮想通貨プロジェクト「スピンドル」への参画を発表。

実業家の“大城ガクト”として、プロジェクト成功のために尽力していることを明らかにした。

その後、スピンドルは通称ガクトコインとも呼ばれ、大きな話題に。

ただ、芸能界の中での評判は、あまりかんばしくなかったようだ。

https://twitter.com/TsukamotoSozan/status/1020205445703655425

メモによれば、野田氏は、仮想通貨問題や朝日からの情報公開を巡って、次のような発言をしている。

「夫(=文信氏)の繋がりでGACKTと仲良しなんだけど、仮想通貨を仲間とやりたいと聞いて、

自分は立ち会わなかったけど、事務所で金融庁の人にレクしてもらったのよ。

すると、朝日から1月30日と日付まで指定され、情報公開請求をされた。

金融庁が野田を苛めようと思って、朝日に話したからだろう。

私は金融庁長官(当時)の森(信親)から嫌われているから」

野田氏はこれまで、金融庁に説明要求をした経緯について、「私の秘書が会社関係者と知り合いだったから」と説明していた。

しかし、懇談会での発言通りであれば、野田氏自ら指示して、仮想通貨事業に関心を持つ芸能人GACKT(45)のために、

金融庁の担当職員に説明をさせたことになる。

金融庁への働き掛けは?

野田氏は、仮想通貨問題や朝日からの情報公開を巡って、次のような発言をしている。

「夫(=文信氏)の繋がりでGACKTと仲良しなんだけど、仮想通貨を仲間とやりたいと聞いて、

自分は立ち会わなかったけど、事務所で金融庁の人にレクしてもらったのよ。

すると、朝日から1月30日と日付まで指定され、情報公開請求をされた。

金融庁が野田を苛めようと思って、朝日に話したからだろう。私は金融庁長官(当時)の森(信親)から嫌われているから」

野田氏はこれまで、金融庁に説明要求をした経緯について、

「私の秘書が会社関係者と知り合いだったから」と説明していた。

しかし、懇談会での発言通りであれば、野田氏自ら指示して、仮想通貨事業に関心を持つ芸能人GACKT(45)のために、

金融庁の担当職員に説明をさせたことになる。

野田氏は事務所を通じて「依頼企業と知人関係にあった秘書が依頼を受け面談を調整した。

野田文信氏の面談同席は無い」

などと回答した。

週刊新潮よれば、

「野田事務所と金融庁の関係を取材していた朝日新聞が、5月上旬に金融庁へ情報公開請求を請しました。

申請は受理されて、6月にアサヒは面会記録の開示を受けますが、それ以前に朝日が請求していることを、野田氏が知っていたのです。」

情報公開請求では、行政側が申請のあった事実や、請求者の情報を第三者に漏らすことは固く禁じられている。

万が一漏れれば、請求者が不利益を被る恐れもある。そのルールを定めて所管するのは、

野田氏が大臣を務める総務省なのだ!それにもかかわらず、

「情報公開請求の対象になったことを知った野田氏は、5月25日に開かれた懇親会の席で、

リップサービスのつもりか“朝日がが私のことを知らあべている”と言ってしまい、

沙羅に情報を外部へと茂呂氏拡散させたのです。」

つまりは制度の所轄官庁のトップが、情報漏えいに加担するインチキを働いたのです。

「総理になろうと手を挙げる立会で、今回のようなことをしてしまった野田さんは、

脇が甘いし、総裁選で買って女性総理になるなんてありえない。

出馬できるかどうか、という段階の話でしょう。」

と、某政治評論家は話すのです。(出典:週刊新潮・8月2日号)

 

野田聖子の夫・野田文信とは?

◆ 名前:野田文信(のだふみのぶ)

◆ 生年月日:1967年月日(歳)

◆ 出身地:京都市

◆ 住まい:ハワイの高級りぞーとに設立された【ザ・リッツカールトンレジデンス】に一室を契約

◆ 活動期間:年~

◆ 家族:妻・野田聖子、息子1人、

政治家野田聖子を支える良き夫として知られる。

元の名前は「木村文信」と言い、会津小鉄会昌山組の幹部だった。

昌玉組は、1992年2月に置きたく組内ゲバにより、2年後に解散しております。

その頃に葉、組から抜け出し、1996年に携帯電話販売事業で成功したそうです。

飲食店も経営していたことがあり、野田聖子が一目ぼれで交際に発展し、

2011年1月に長男を出産すると同時に結婚したのです。

野田文信氏の資金運用は?

野田文信氏は様々な事業を手掛けておりますが、その中に株式投資もあり、

【ニューディール】の大株主になったこともあります。

非常に資金運用では達者であリ、その道のノウハウも見に着けていることが伺えます。

「現職大臣の夫という立場上、表向きは存在を伏せておりますが、文信氏は企画会社に資金を投じ、

仮想通貨を普及させようと目論んでいてね。

当局に睨まれ、なかなか事業が軌道におらないことに業を煮やしたのか、

あるパーティで“ウチの嫁に話をして金融庁に言ってくる。”なんて口のして、

“そんなことしたら問題になる”と言われても耳を貸しませんでした。」

頼まれて、金融庁がわざわざ話し合いに応じたのです。

野田氏は否定しておりますが、夫が企画会社の利害関係者なら、

政治家として野田氏は自らの親族に便宜を図った。との誹りは免れないのです。

(出典:週刊新潮・8月2日号)

野田大臣と夫(文信)はお互いに利用し合っている?

野田大臣と夫(文信)はお互いに利用し合っている?事例を挙げると以下のようです

「金融庁の件だけではありません。文信しはこれまでも、野田氏の政治的影響力を利用してきたのです。」

「文信氏は、通信ベンチャー企業A社に対して、野田氏の名前をちらつかせながら恫喝している。」

「総務大臣室へも、文信氏の案内で大臣に導かれて面会しているのです。A社、B社の社長との面会も・・。」

「B社の社長は、野田氏と二回面会し、帝国ホテルで夕食したのです。文信氏と息子も同席したとのことです。」

「11月3日の国際女性会議WOWに出席した大統領補佐官のイバンカ氏とは、上記のような写真に納まっているのです。」

野田聖子のwiki風プロフ

◆ 名前:野田聖子(のだせいこ)

◆ 生年月日:1960年9月3日(57歳)

◆ 出身地:福岡県北九州市

◆ 学歴:上智大学外国語学部

◆ 職業:政治家。自由民主党所属の衆議院議員

◆ 所属政党:自由民主党

◆ 家族:夫(文信)、子供1人、

1987年、岐阜県議会議員選挙に自由民主党公認で立候補し、史上最年少で当選する。

1993年の第40回衆議院議員総選挙に再び立候補し、「衆議院にも自民党の女性議員を」との公約を掲げて初当選。

2010年5月にアメリカ合衆国にて卵子提供を受けて体外受精を実施して妊娠したことを、

同年8月下旬に『週刊新潮』における自らの手記で明らかにした。

2011年1月6日、重い障害のある男児が誕生したことを発表した。

2月、事実婚だった男性と1月18日に婚姻。

GACKTのwiki風プロフ

◆ 名前:GACKT(がくと)及び神威 楽斗(かむい がくと)

◆ 本名:大城ガクト

◆ 生年月日:年月日(歳)

◆ 出身地:沖縄県

◆ 身長:180㎝

◆ 職業:シンガーソングライター、俳優、音楽プロデューサー、声優

◆ ジャンル:ロック、オルタナティヴ・ロック、ポップ・ロック

◆ 所属:マレーシアのL.O.V.Entertainment。日本エージェンシーは株式会社glove。

3歳の頃ピアノの練習を開始し、11歳で一度中断するも14歳前後に友人の影響で再開する。」

2007年5月25日 – YOSHIKIらと新バンド「S.K.I.N.」を結成し、翌月より音楽活動を開始することを発表

2009年6月 – 名称をGacktからGACKTに変更。

2001年から、4回連続でNHK紅白歌合戦に出場、密着取材の特別番組が組まれるなど、NHKとの結びつきは強い。

2007年には、NHK大河ドラマ『風林火山』に準主役ともいえる上杉謙信役で出演した。

日本語、英語、中国語(北京語)、韓国語、フランス語等が話せる。『

まとめ

いかがでしたか?

自由民主党の総裁候補として注目されている野田聖子大臣に

意外なスキャンダルが発覚し騒然となっております。

週刊文春が発刊されると皿に追記していきます。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告