森安一氏、次期代表監督「最有力」に指名された!Wiki風プロフと実績を調べた。

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

サッカー日本代表次期監督人事は10日までに、W杯ロシア大会で西野朗監督(63)の下でコーチを務め、

2020年東京五輪代表監督も兼務する森保一(もりやす・はじめ)氏(49)が最有力候補に躍り出た。

看板倒れの外国人監督はもういらない。“オールジャパン”体制に舵を切った形なのです。

そこで、ここでは森安一氏のプロフィールと戦績に迫ってみました。

森安一氏が候補に浮上した訳は?

◆ FIFAロシア大会で、西野ジャパンのスタッフ全員の日本人の“オールジャパン”態勢がある。

そこで生まれた最高のムード、そして2大会ぶりの決勝トーナメント進出という成功があった。

西野監督の采配もあるが、当初は西野監督の続投が有力だったが、

決勝トーナメント・ベルギー戦での采配が批判を浴びたことなどから、本人が固辞。

となると、オールジャパン態勢を継承し発展させられる人材は、もはや森保氏以外に見当たらない。

◆ 森保氏の最大の強みは「彼がひとの悪口を言うのを聞いたことがない」といわれる人柄だ。

「ポイチ(森保監督)には敵がいない。彼が代表監督になれば、協会、Jリーグ関係者が一致して“ポイチ応援団”を結成。

万全の支援態勢を敷くだろう」(日本代表OB)といわれる。

◆ J1広島の監督としてJ1優勝3度(12、13、15年)、最優秀監督賞3度(同)の実績も、

日本人の指導者ではピカイチといえる。

◆ 逆に弱みを挙げるなら、やや地味なイメージで、国際的な実績はほぼ皆無という点

◆ しかし、外国人監督の「国際的な実績」も当てにはならない野が今のサッカーなのです。

たとえば、一時次期監督の最有力候補と噂された、ユルゲン・クリンスマン氏(53)もしかり。

同氏の最大の功績は、ドイツ代表監督として母国開催の2006年W杯で3位に入ったことだが、

これは当時のヘッドコーチで現代表監督のヨアヒム・レーウ氏(58)が、練習メニューから選手掌握、

揚げ句戦術に至るまで全てを取り仕切ったおかげと専らだ。「サッカー関係者なら誰でも知っていること」(

Jリーグ関係者)といわれる。

日本サッカー協会の方針は?

外国人監督の年俸総額のレベルが高く、日本には手が出ないレベルであることもありますが、

2億円台で獲得するには、当たり外れが大きすぎるのも事実なのです。

依然として、外国人監督の日本協会への売り込みは引きも切らないが、

断固として日本人監督の擁立、育成に舵を切るべき時期と協会は判断したようだ。

このことは、過去の前日本代表選手の多くが推奨していることでもあるのです。

次期監督人事は、順調に進めば20日の技術委員会で検討され、26日の理事会で正式決定する。

“森保監督”が誕生すれば、9月から11月に行われるキリンチャレンジ杯6連戦は、

現代表と若い五輪世代の融合チームを率いデビューを飾ることになりそう

当面東京五輪での金メダル獲得に全力を注ぎ、その結果や、五輪世代の選手の成長ぶりで森保氏の手腕を評価。

改めて22年W杯カタール大会へ向けて態勢づくりを行うシナリオが有力視されている。

森安一新監督の最初の試合が決まった?

日本サッカー協会は12日、日本代表のW杯ロシア大会後の初の国際Aマッチとなる

9月7日の親善試合(札幌)の相手がチリ代表に決まったことを発表した。

W杯で16強に導いた西野朗監督は今月限りで退任。

20年東京五輪を目指すU―21日本代表監督の森保一氏が後任の有力候補に挙がっている。

W杯出場を逃したチリだが、15、16年の南米選手権を連覇しており、

FIFAランクは9位。大幅な若返りを図る可能性もある新生日本が、

南米の強豪にどんな戦いを演じるか、注目の一戦となる。

森安一のwiki風プロフ

◆ 名前:森安一(もりやすはじめ)

◆ 愛称:ポイチ

◆ 生年月日:1968年8月23日(49歳)

◆ 出身地:長崎県長崎市

◆ 身長:174㎝

◆ 学歴:学校法人長崎日本大学学園の運営する日本大学準付属校で、中高一貫教育を行っている。

◆ 職業:元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)

◆ 在籍チーム:U-23サッカー日本代表(監督

◆ ポジション:MF / DF

◆ 効き足:右足

◆ 家族:奥さんと三人の息子さん。

【ユース】

  • 1979-1980:土井首SSS(長崎市立深堀小学校)
  • 1981-1983:長崎市立深堀中学校
  • 1984-1986:長崎日本大学高等学校

 

【クラブ】

  • 1987-1992:マツダ
  • 1987-1989:→マツダSC東洋
  • 1992-2001:サンフレッチェ広島
  • 1998   :→京都パープルサンガ (loan)
  • 2002-2003:ベガルタ仙台

【代表歴】

  • 1992-1996:日本

【監督歴】

  • 2012-2017:サンフレッチェ広島
  • 2017-  :日本 U-23

父親が造船関係者だったため幼少期から各地を転居、静岡県掛川市で生まれ、

名古屋市、横須賀市、唐津市と転居、唐津市立鏡山小学校に入学するもすぐに転居し、小学1年生から長崎県長崎市に定住する

小学5年から本格的にサッカーを始め[3]、小学6年の土井首SSS時代に全日本少年サッカー大会にGKとして出場している

高校の監督と日本サッカーリーグ(JSL)のマツダ(現サンフレッチェ広島)の今西和男総監督が知り合いだったため、

1987年同クラブ入団したのです。

1991年にマツダとプロ契約を結び、同年JSL1部昇格に貢献した。

1993年、W杯アメリカ大会アジア予選に出場し、ドーハの悲劇を経験した。

1993年にJリーグが開幕するとサンフレッチェ広島の選手としてプレー、スチュワート・バクスターの下、

風間とともに中盤を支え、1994年サントリーシリーズでは広島のステージ優勝に貢献した

まとめ

いかがでしたか?

森安氏の手腕に期待しましょう。

ひょっとすると2年後になれば、名波浩J1磐田監督(45)、長谷川健太氏(52)らも腕を上げ、

森保氏の対抗馬として名乗りを上げているかもしれないのです。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告