安倍昭恵夫人と怪しい新興宗教と「世界こどもサミット」の関係を徹底調査!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

安倍昭恵首相夫人が発起人をしている「世界こどもサミット」が、

5月に東京で開催されましたが、新興宗教が深くかかわっており、

第二の森・家計問題になるのではと騒がれております。

またまた、“昭恵問題”勃発でしょうか?

早速、“こどもサミット”と新興宗教の関係に迫ってみました。

「世界こどもサミット」とは?

◆ 定款に記載された目的

この法人は世界こどもサミットを各国にて開催し、

国境を越えて、次世代を担うこども達の国際交流を図り、

世界平和と地球環境保全への国際世論の高掲に寄与する事をもって目的とする。

◆ 活動分野

社会教育/学術・文化・芸術・スポーツ/環境の保全/人権・平和/国際協力

/子どもの健全育成/情報化社会/連絡・助言・援助

もう少し砕いた記述があります。

「こどもはみんな天才生まれてきてくれてありがとう。こどもは地球の宝物、その可能性は無限大です。

自分の生きる道や生まれてきた意味など、教わらなくても理解しているこども達がいます。

こども達の自由な想いを発信することで、世界中のこども達が繋がっていき、より良い社会を築いて行く礎になればと思います。」

(出典:https://twitter.com/wcs2017ise)

以下のTwitterは新興宗教家の菅沼奏香さんが講師になっております。

安倍昭恵夫人と新興宗教との関係は?

「こどもサミット」とは、“G7サミットのこども版”と称し、

第2回の東京大会が今年5月に有楽町で開催されたばかりだ。

司会はキングコングの西野亮廣が務めた。

「東京大会が開催された時期は、昭恵氏は森友問題で“謹慎中”でした。

それでも『言いだしっぺだから行きます』とわざわざ姿を見せたのです」

実は、昭恵氏と共に発起人を務める菅沼奏香氏は三重県伊勢市で新興宗教の教祖のような存在なのだという。

「菅沼氏は昨年4月、元旅館を購入し『コミュニティ館 湊』を立ち上げた。

そこで福島史織という70代の女性と共同生活を送り、一心同体で新興宗教のグループを主宰しています

 

この新興宗教とは、縄文時代の生き方を理想とする「KAMIスタイル」

そのテキストには「病気の原因である負の思いを取り除くことで、一生病気にならない生き方を伝える」とある。

昭恵氏は伊勢にも足を運び、彼らに「神の存在に近い」崇められているという。

例えば、2015年11月のFBには、

「昭恵さんという一人の人物、もう人間の枠など超えて、神様の存在に近い、

今までの皇室の誰よりも数十倍神々しく、素の行動は宇宙愛としか言えない!」

と書いて絶賛しているのです。

問題は、「コミュニティ館 湊」で集団生活を送る中で洗脳されてしまった人がいたり、

施術を習得するのに300万円もの受講料を取っており、返金を巡るトラブルも生じていることだ。

表には出て来ないキーパーソンがいるのです。

福島詩織氏と言う七十代の女性です。菅沼さんと伊勢市の『コミュニティ館 湊』

で共同生活を送り、一心同体で新興宗教のグループを主宰しているのです。」

昨年の4月に立ち上げて、6月3日には昭恵氏がこの地を訪問しているのです。

「二人が広めようとしているのは、縄文時代にき方を理想とする『KAMIスタイル』という教えなのです。

福島紙によれば、病気は人間の我欲が生み出した代物。宇宙の法則に則って生きていれば病気に葉ならない、というものです。」

KAMIスタイルの施術とは?

その一つが「ジブリーズ」です。

「ジブリーズは、一時間七千円。コリがある部分をマッサージしながら、相手の憑き物を落としていく。

菅沼氏らは『祟り神みたいに怒りを持っていると、体が蝕まれていくの』と言っている。」

テキストの病気の名前が列挙されていたのです。その<原因>として次の様に記されていたのです。

<虫歯 物事を率直に喜べない。ムシムシ、ウジウジした考えの人>

<ガン 我が強すぎる、突っ張り過ぎ>

<子宮筋腫 女としての生き方が間違っている>

テキストには、「病気の原因である負の思いを取り除くことで、一生病気にならない生き方を伝える」とあったのです。

現代医学には、とてつもない方向に進んでいるようです。

このシリーズを信じて、三百万円も支払わされた人もおります。

こどもサミットとの関係は?

KAMIスタイルの異常さが分かりましたが、問題は、このようなカルト集団と昭恵夫人との関係なのです。

「こどもサミットには、首相夫人も関わっている。魅力的で信頼できると伊勢にやってきあした。

でも、その実態は、菅沼氏や福島氏の“金儲け”の道具。私のような人間は格好のカモでした。」

昭恵氏は伊勢にも足を運び、ジブリーズも受けているはず。

都内で彼女にジブリーズを行ったという男性幹部は

『(昭恵氏には)すごく悪い野が溜まって、体が悲鳴を上げていた』と話していました。

東京で受けられたそうです。

宗教学者の島田裕巳氏が警鐘を鳴らすのです。

「昭恵夫人との交遊を前面に出す手法は、著名人との対談で信者を集めた『法の華三法行』に似ています。

こどもサミットを通じて人を集め、その中から被害者が続出するようならば、今後、

反社会的なカルト宗教に発展することも否定できないのです。

そういった団体に昭恵夫人が深く関わることは非常に危険です。」

まとめ

いかがでしたか?

昭恵夫人は、自分がかかわった問題を一切反省することなく、

スピリチュアルな世界にすがり続けているのです。

今年12月には、神田明神で第三回サミットが開かれる予定なのです。

自民党総裁三選が果たされて、新たな火種になるかもしれません!

首相の答えは決まっております。

「昭恵は一切かかわっておりません!」

と答えるに決まっているのです(笑)

についてまとめました。

関連記事は以下にもあります。

⇒中村紀子ポピンズ会長の出身大学は?安部昭恵(首相夫人)との関係が気になる?の記事はコチラ

⇒安倍昭惠夫人は森友学園問題で告発されて監視下に置かれている?親友との交流も禁止?の記事はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告