スパークリング日本酒の賞味期限と正しい保存方法について!おすすめベスト6は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

最近女性中心に人気の発泡性日本酒(スパークリング日本酒)はご存知でしょうか?

発泡性と言うとシュワシュワとハジけるシャンパンのようなものを想像すると思います。

最近の外国での「日本酒」人気が急上昇しておりますが

“乾杯”する時には「日本酒」をチイサナオチョコ出は様にならず嫌われるそうです。

しかし、スパークリング日本酒では、喜んで「日本酒で乾杯」に応じるそうです。

実は日本酒にも古くから、シャンパンと同じような発泡性のものが数多く存在するのです。

最近ではコンビニでも見かけますね。一体どんな日本酒なんでしょうか。

そこでここでは、「スパークリング日本酒」の人気の訳と保存方法とベスト6に迫ってみました。

スパークリング日本酒とは?

スパークリング日本酒は、「発砲日本酒」のことで、炭酸ガスを含んだ日本酒のことです。

「発砲日本酒」「発泡清酒」「スパークリング日本酒」ともよばれます。

アルコール度数が低く甘口のものが多いので、女性や日本酒初心者の方でも飲みやすい日本酒として人気を博しています。

太平洋戦争前から一部の酒蔵で製造されておりましたが、注目されることはなかったのです。

最近の外国での「日本酒」人気に合わせて、日本種の多様な展開の一環として脚光を浴びるようになったのです。

2016年には発砲日本酒を製造する酒蔵各社により「awa酒協会」が設立された。

醸造方法や品質について独自の基準で監査しており、2017年4月時点で9つの酒蔵が参加している。

製法には、シャンパンと同様の瓶内二次発酵方式と、炭酸ガス注入方式とがある。

また、搾りたての清酒には溶存炭酸ガスによる微発泡性を持つものもある。

と言われております。

スパークリング日本酒の種類は?

スパークリング日本酒は3種類があります。

活性濁りタイプ

“濾過を粗くして、加熱せず発酵を止めない”まま瓶詰めしたものです。

したがって、酵母は瓶の中で生き続けて発行が進んでいる状態なのです。

これは濾過が粗いため、とろりとして濁っております。

このタイプは、“生酒”とも呼ばれ、発酵し続けているので管理が難しく賞味期限も短いのです。

スーパーにも置いておりません!

常に味と香りが変化しており飲み頃は、出荷時点なのです。

瓶内二次発酵タイプ

濾過をしていったんは日本酒と同じように完成させます。

次に、新たに酵母や糖を入れて瓶内で発酵を進行させて炭酸ガスを発生させたものです。

シャンパンと同じく、瓶内2時発酵させたのです。

きめ細やかで上品な泡が特徴です。

ガス混入タイプ

出来上がった日本酒に炭酸ガスを混入させたものです。

市販の炭酸飲料と同じですね!

安価で入手しやすいので、スーパーなどで容易に手に入れることが出来ます。

一般的に、日本酒のアルコール度数は、15度前後ですが、スパークリング日本酒では

5度くらいなので、ビール並みに飲みやすいのです。

スパークリング日本酒の賞味期限と正しい保存方法は?

一般的に日本酒に葉賞味期限が記載されておりません?

お酒は法律で賞味期限を書かなくてもようことになっています。

製造年月日が記載されているだけなので、ビンに詰められた日なのです。

種類によっても異なりますが、熱処理されているものは、製造年から1年を目安にされているようです。

熱処理されていないものは約半年と考えられております。

それでは、「スパークリング日本酒」には炭酸が含んでいるので、“日本酒”と同じように1年なのでしょうか?

賞味期限については、300日を目安に消費することを進めている商品もあります。

冷蔵庫保存が最適ですが、炭酸が多く含んでいるので、開封した場合は再保存は適しておりません!

おすすめベスト6は!

偏見と独断ですが以下をお勧めします。(画像から購入できますよ!)

 

【松竹梅白壁蔵「澪 MIO」】

 

【一ノ蔵 発泡清酒【すず音】

 

【花の舞酒造 「ちょびっと乾杯」】

 

【永井酒造「水芭蕉 ピュア」】

 

【朝日酒造「獺祭(だっさい)」】

【飲み比べ】

 

日本酒が苦手の方、女性におすすめです。

まとめ

炭酸が含んでいても半年以上保存できるのは嬉しいことですよね!

スパークリング日本酒なら、シャンパンのように結婚式などでも乾杯しやすく、

お祝いの関でも使いやすいと評判なのです。

大変オシャレな瓶に入っており“オジサンっぽくない”のです。

まずは、“飲み比べ“が最適のようですね!

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告