PK戦やり直しはなぜ?理由が判然としない?どうするのが最良か?【文春砲】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

サッカーにミスは付き物。そのまま認めなければ、サッカーにならない。

審判が決めたら、そこで決定です。それがサッカー。

判定ミスだろうが適用ミスだろうが、関係なしでしょ。

しかし、過去に例のない珍事が起きたのです。

日本サッカー協会は11日、都内のJFAハウスで臨時の天皇杯実施委員会を開き、

天皇杯2回戦(6日、パロ瑞穂)の名古屋グランパス(J1)-奈良クラブ(奈良県代表)戦を

PK戦からやり直すことを決定した。再開日程、場所は未定とのこと。

試合は奈良クラブがPK戦の末5-4で勝利し、3回戦進出を決めていた。

しかし翌7日にファンからの問い合わせで、PK戦において競技規則の適用ミスが判明し、

この日の決定に至ったのです。

なぜこのようなことが起きたのでしょうか?

ここでは、“正しいPKのやり方は?”と

なぜ審判ミスに発展したのかについて迫ってみました。

誤審の経過とやり直しの理由は?

協会によると、試合は延長戦まで終えて1―1で決着がつかず。奈良クが、6人目までもつれたPK戦を5―4で制した。

だが、奈良クの4人目のキックについて、主審は助走の際にフェイントを入れたと判断。

競技規則に従い、「失敗」と判定すべきだったが、やり直しを命じ、キッカーは2回目も球を枠の中に蹴り入れた。

奈良クの4人目のキッカーが失敗だった場合、2人連続の失敗。

名古屋は4人目まで全員成功していたため、PK戦は4―2で名古屋の勝ちだった。

6月6日に行われたサッカー天皇杯2回戦。アマチュア1部リーグ奈良クラブはPK戦の末、

J1の名古屋グランパス(下図)に勝利した。

この番狂わせの勝利に物言いが付いたのは、その2日後のことだったのです。

奈良の選手がPK戦でフェイントをしたとして蹴り直しを命じたのは誤審だったので名古屋の勝利とする、

と日本サッカー協会が通告してきたのだ。

「蹴り直しを命じずルール通りシュート失敗としていれば、その時点で奈良の敗北が決まっていたという理屈でした」

 

これに奈良サイドは猛反発。サッカー協会は11日になって「PK戦やり直し」と発表し、

さらにその翌日には、「フェイントではなかったが、PK戦のやり直しの決定は変わらない」と発表した。

サッカー協会広報は本誌の取材に

「8日時点では、『PK方式のやり直し』という選択肢があることを認識していませんでしたが、

その後国際サッカー評議会との協議の中で選択肢の一つであることが確認できたため、『やり直し』に決定しました」

と回答したのです。

奈良クラブ矢部次郎理事長の思いは?

天皇杯実施委員会は国際サッカー評議会(IFAB)に複数回問い合わせをした上で会議を開き、

(1)名古屋の勝ち(2)PKからやり直し(3)奈良クラブの勝ちの3パターンで議論した。

20人中13人が出席し、10人が挙手で最終決定した。7人が(2)を選択し、(1)が2人、(3)が1人で、

やり直しが決定。

「4番目のキッカーからのやり直し」との見方もあるが、競技のルール上、延長戦までが試合でPK戦は勝負の決定方法、

という解釈で、PK戦の最初からのやり直しで最終決定。両クラブに即座に伝え、了承を得た

大金星から一転、異例の再PK戦が決まった奈良クラブは11日夜、矢部次郎理事長が取材に応じ、

8日に日本協会から謝罪があったことを明かした。

矢部理事長によると、8日に、今回の主審ミスについての連絡があり、同日のうちに協会スタッフが謝罪に訪れた。

「選手を集めて、協会の人が(ミスを)謝罪をしてくれた」と状況を説明した。

その時点では、今後の対応が決まっておらず、「負けになるかもしれない」との不安が広がっていたという。

PK戦が決まり、矢部理事長は「煮え切らない部分もあるが、前向きにとらえたい」と語った。

サッカー競技規則では?

日本協会の審判部に一本の電話がかかってきた。

「3級審判員の資格を持っている」と名乗ったファンから

「あの場面はキック失敗で終わるのでは?」との指摘があったのです。

「サッカー競技規則」ではどうなっているのでしょうか?

サッカー競技規則第14条「ペナルティーキック」 その中の「反則と罰則」の項目で、

「競技者が1度助走を完了した後、ボールを蹴るためにフェイントをする(助走中のフェイントは認められる)。

主審はそのキッ

カーを警告する」とある。

第10条「試合結果の決定」の中の「ペナルティーマークからのキックの進行中」の項目で、

昨年から「主審がキックを行うよう合図した後に犯した反則でキッカーが罰せられる場合

そのキックは失敗として記録され、キッカーは警告される」という文章が追加されていた。

◆ キッカーが反則を犯した場合はそのキックは無効、失敗として記録され、やり直しがないことを明確にしていた。

まとめ

やり直しの場面がやり直しではなく、反則で「失敗」扱いにならなければいけなかった?

天皇杯実施委員長を兼務する須原清貴専務理事(51)は

「両クラブ、選手にはまったく非がない。非があるのは、サッカー協会です」

と涙目で謝罪した。

日本協会は今日12日に審判委員会を開き、問題となった判断を集中的に討議し、

審判員へのペナルティーや今後の対策を検討する。としております。

についてまとめました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告