坂上忍がベッキー擁護に痛烈批判!奥さんの気持ちを考えろ!

坂上忍ー1

坂上忍は、正論はコメンテータとして評判が良いのですが、またしても胸のすくようなことを表現しました。

「ベッキー不倫騒動」についてです。以下に検証してみました。

今回のベッキー不倫騒動で、擁護する芸能人も少なくありません?

お笑い芸人のさまぁ~ず三村マサカズや、ナインティナインの岡村隆史、医師でタレントの西川史

子、デビ夫人そのほか、「ミヤネ屋」の宮根誠司アナウンサーなどが一斉に擁護し、ネット上では

そのことに違和感を覚えるユーザーからの声が多数あがった。

 

そんな中、同じ事務所に所属するお笑い芸人のカンニング竹山はTwitterで「真面目な奴なんで今回

だけは許してあげてくんねぇ~かなぁ」と呼びかけた際には、批判が殺到し炎上する騒ぎとなっ

た。

仲間なら、どんなことをしようと擁護する心理は、公共の電波を道具にして自分の考えを述べるこ

とが許されているタレントとして許されるものではありません!

 

15日、放送のフジテレビ系「ハイキングでは」宮迫は、ベッキー擁護派の芸能人について、「仲間

ですから、ベッキーがエエ子やって知っているから、芸能界が擁護するのは当たり前!」とのべたが、

 

スポンサーリンク

 

総合司会の坂上忍さんは、

 

「不倫だったとしたら、(当然ですが)(ベッキーを)身内(芸能人)が擁護するのはいかがなものか?身内だからこそ安易に擁護すべきではない!」とコメントしたのです。」

そして尊重すべきは身内のベッキーではなく、川谷の妻であると主張し、「被害者は奥さんなんだから、その人の気持ちを考えて」と語った。

この考え方に、私は絶大な賛美を送りたいと思います。

公共の電波を使い影響力の大きいタレントが、「身内だから」とのことで、被害者(奥さん)の心

情を逆なでするような発言は許されるものではないと思います。

 

もし、あなたの奥さんに気持ちを推量してらどうなるでしょうか?

社会的にも許される行為ではないのです。

擁護している芸能人の皆様に言いたいです。

「あなた達は、いくら言論の自由が許されているとはいえ、偏見、暴言、人を傷つける言動は、許

されてはいないのですよ!」と・・・

さらに、坂上忍さんは、

「男の子として腹が立つ。カミさんがいて、しかも元旦に違う女を実家に連れていく!?」

「同じ同姓としてあるまじきだし、もっときつい言い方をすれば、芸能人として“ド素人”だよ!」

とブチ切れたのです。

これを早く聞きたかったのです。常識芸能人は、何と少ないことでしょうか?

 

私は、さらに言いたいです。

川谷絵音さんは、

先日のライブで、「これからも、皆様に“いい音楽を聞かせたい!?”」と言いましたが、

この言葉は、どのような心境で、話し掛けているのでしょうか?

二股をかける事も厭わない,span style=”color: red;”>“色オオカミ!”でしょうか?

くわばらくわばら!!女性よ!用心されたし!

【関連記事はコチラ!】
【記事1】 ⇒ベッキーを擁護するのは逆効果?最低と批判される理由とは?
【記事2】 ⇒ベッキー擁護し不倫騒動にミヤネ屋で持論展開に非難殺到!奥さんに同情集まる!
【記事3】 ⇒ベッキー、不倫騒動の謝罪は “ヤラセ”“ だ!不評なのはなぜ?
【記事4】 ⇒ベッキーが不倫?情報流出の内容が衝撃的だ!今後はどうなる?
【記事5】 ⇒ベッキー不倫!川谷絵音の妻は?CM起用に赤信号!LINEがヤバイ!

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告