皆川夏穂(新体操)は私服やすっぴんも可愛い!身長・大学は?動画が美しい!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

新体操といえば、日本は団体演技のイメージがありますが、

今回皆川選手は、日本女子に与えられた、たった一つの出場枠をもぎ取り、

個人選手がオリンピックに出場するのは3大会ぶりということで期待が高まっています!!

新体操といえば、日本は団体演技のイメージがありますが、

去年、新体操世界選手権・種目別フープで日本人として42年ぶりにメダルを獲得し

東京五輪でのメダルが期待されるのが皆川夏穂さんです。

個人選手がオリンピックに出場するのは3大会ぶりというのです。

特別強化選手としてロシアに派遣され5年!

徒歩3分圏内にある宿舎と練習場をひたすら往復し、コーチの過酷な練習を積み重ねました。

情熱大陸【皆川夏穂/東京五輪メダルを狙う新体操エース●“ハタチの情熱”第1夜】

歳て4月8日(日)に放送されます。

ここでは、皆川夏穂さんのプロフィールや身長大学に迫ってみました。

皆川夏穂選手のプロフィールは?

◆ 名前:皆川夏穂(みながわかほ)

◆ 生年月日:1997年8月20日(20歳)

◆ 出身地:千葉県

◆ 身長:170㎝

◆ 学歴:大原学園高等学校卒業。国士舘大学21世紀アジア学部在籍中

◆ 種目:新体操・リオデジャネイロオリンピック日本代表(新体操個人総合)

◆ 所属:イオンスポーツクラブ

4歳から新体操を始めた。2012年、2013年全日本ジュニア優勝。

これらの実績が評価され2013年より特別強化選手としてロシアへ新体操留学。

2015年世界新体操選手権で15位となり、アテネオリンピックの村田由香里以来

3大会ぶりに新体操個人総合でのオリンピック出場枠を獲得した。

皆川夏穂さんの優勝歴は?

◆ 全国中学校総合体育大会 2連覇

◆ 全日本ジュニア選手権 2連覇

◆ 2014年 全日本新体操クラブ選手権クラブ対抗優勝個人総合 優勝

【2014新体操世界選手権皆川夏穂ボール・画像】

若くして数々の大会で優秀な成績をおさめている選手です。演技も美しいですが、その美貌も眩しい存在です。

新体操のルーツは?

新体操は、バレエを芸術的な体操にしたものなのですね!

ドイツが発祥と言われておりますが、バレエの優雅な動きと関係が深く、

バレエと言えばロシアが世界的なルーツなので、最も盛んなのです。

皆川夏穂(新体操)は私服やすっぴんも可愛い!画像は?

 

 

 

 

これからは、ライバルとの闘いも予想されますが、

この美ぼうで日本代表になることが期待されております。

長い手足に色白の肌「世界一のエレガントさ」と賞賛される演技は、過酷そのものです。

孤独な涙のロシア生活の成果が現れることを期待しております。

ロシアでの練習は?

現在も、1年のうち10カ月間拠点を置くロシア・モスクワ郊外の練習場では、

専属コーチからのマンツーマン指導を受けるのです。

日々、宿泊施設と練習場を往復する新体操漬けの生活だ。

練習はすべてロシア語で行われるため、言語の習得は必要不可欠だった。

留学当初は、次の日の練習時間を訊くことで精一杯。

練習中はまだままならない言葉のかわりに、身振り手振りで、

コーチや選手たちとのコミュニケーションに努めたそうです。

日本で1日2種目が基本だった練習は、ロシアでは1日4種目すべてを行う。

午前、午後に4種目ずつ(午前、午後ともに3~4時間ぐらい。)、同じ手具を1日に2度触る日もある。

ノーミスの演技を1日2回行うことがノルマなんです。

「『その基礎ではダメ』と言われることが度々あって(苦笑)。

正しいやり方を体に染み込ませる練習を何度も繰り返しました。」

と、思い出して洋の語るのです。

世界トップレベルの選手

(’16年リオデジャネイロ五輪個人総合金メダリストのマルガリタ・マムン)のメンタルの強さや、

無駄のない動きを目の当たりにする日々だったのです。

彼女たちと一緒にトレーニングを行ったことも大きな刺激となった。

最高の状態で2020年を迎えるために自分には何が必要なのか。

自身の課題を冷静に見極めているげんじょうなのです。

憧れは’08年北京五輪、’12年ロンドン五輪の金メダリスト、エフゲニア・カナエワ(ロシア)や

マムンのような演技だそうです。

(▲エフゲニア・カナエワ(ロシア))

 

(▲マムン(ロシア))

 

まとめ

いかがでしたか?

普通のハタチでは抱くことのない彼女のアスリートとしての「覚悟」とは、

いかがなものなのでしょうか?

3年弱の準備期間がありますが、オリピックに向けての練習の日々が待っております。

国旗を背負い頑張ってほしいものです。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告