石崎芳行(東電元副社長)の相手は番場さち子?経歴や大学は?顔画像も?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

東京電力ホールディングスの元副社長であった石崎芳行さんが

被災地支援の運動家であるA子(番場さち子と思われる)さんと関係を持ち

その後5000万円を要求されるというトラブル(ハニートラップの恐れあり)

なったことを週刊文春にて公開しました。

不倫相手の経歴や活動・画像に迫ってみました。

スポンサーリンク

石崎芳行(東京電力副社長)の女性問題は?

石崎芳行さんは、2013年に発足された福島復興本社の代表を務めています。

これは、東日本大震災の影響で起きた福島第一原子力発電所事故において

その損害賠償や除染の迅速化を目的としたものなのです。

彼のプロフィールや経歴及び二人の逢瀬の事実については、

「石崎芳行(東京電力副社長)が経歴逆手の女性問題で辞職!お相手が特定?【文春砲】」

に詳しく報じております。

番場さち子さんのプロフィール?

◆ 名前:番場さち子(ばんばさちこ)

◆ 生年月日:1961年

◆ 年齢:57歳

◆ 既婚:シングルマザー、お子さんは居る?

◆ 出身:福島県原町市(元南相馬市):

当時は、南相馬市で学習塾を経営していたそうです。

事故発生してから100名ほどの熟成が、皆非難したそうです。

彼女は福島や東京を拠点に、被災地支援の活動を精力的に行う運動家でもある。

A子さんが主宰する団体の活動はマスコミに度々取り上げられ、

震災復興に尽力したとして、「日本復興の光大賞」を受賞したこともある。

2015年「日本復興の光大賞」に、南相馬市の「ベテランママの会」が輝いていることが判明。

「ベテランママの会」は南相馬市立総合病院の坪倉正治医師らの協力を受け、

住民に放射能についての正しい知識を伝える勉強会を80回開催しております。

東京でも活動し、「番来舎」という拠点を構えて、様々な業界人を読んで講演会なども

開催していたようです。

ベテランママの会は?

ホームページは⇒コチラです。

福島民報のホームページは⇒コチラです。

これらのページには、代表の画像がいくつもあります。

二人は、共に福島復興のために活動していた?

番場さんの活動を見ていると交際されていたとされる時も一緒に公の場に立って仕事をしているようでした。

https://twitter.com/Unshiu3kan/status/981461204798357505

 

番場さち子 左派活動家 前川喜平のお友達

 

送られたメール内容は⇒コチラ

 

著書があります

「しあわせになるための「福島差別」論」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しあわせになるための「福島差別」論
価格:2484円(税込、送料別) (2018/4/5時点)

 

まとめ

2016年4月には男女の仲となったようで1年半ほど交際したが、

しかし2017年11月頃から関係は悪化し、妻子のいる石崎さんに対して

口止め料と精神的慰謝料で5000万円を要求したのです。

石崎さんは、65歳で東電を辞さなけらばならなかったのです。

副社長だったのですから、後10年くらいは勤務可能であったのです。

番場さんは、57歳で綺麗な方だったのでしょうが熟年同士の“火遊び”は、

お互いの高くついたのではないでしょうか?

仕掛けているのは、番場さんの方ですので、“ハニートラップ”の気配も感じられます。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ