福井照大臣に新スキャンダル発覚!家族や子供が気になる?【文春砲】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

今年2月末に、沖縄北方担当大臣に就任すると、さまざまなスキャンダルが相次いで報じられたのが、

福井照衆院議員なのです。

週刊誌がこれほどそろって報じるのは、最近では珍しい現象です。

「週刊現代」が下着もあらわな女性に抱きつく福井氏の写真を掲載すれば、

「週刊新潮」は元愛人の告発、セクハラ疑惑などを報道した。

「週刊文春」も、福井氏が愛人とタイなどを旅行し、

ビジネスクラスなどの費用を出資金詐欺業者が負担していたことを報じている。

3月28日の衆院内閣委員会では、福井議員は次のように一連の“疑惑”を否定した。

「全く真実ではありません。記憶にございません」

いったい何があったのでしょうか?

ここでは、福井照議員のプロフィールと経歴を示し、

スキャンダルの真相に迫ってみました。

スポンサーリンク

福井照大臣の女性問題とは?

福井照大臣はお金に関する不祥事も多いのですが、女性関係の不祥事の印象が強く、

福井照大臣=女性問題のデパートってイメージです!

◆ 2009年、週刊誌で「温泉豪遊ハレンチ写真」としてよろしくない写真が流出。

写真が撮られたのは兵庫県の有馬温泉で、お酒で顔が真っ赤になった福井照大臣が

女性コンパニオンに抱き着いています。

他にも、女性問題で以下のような不祥事がオンパレード!

• 元愛人の相部屋閉じこもり事件
• 元赤坂芸者である愛人を「金づる」にした事件
• 家族と一緒にいった海外旅行中に愛人と合流した事件
• 公務中スタッフに対するセクハラ事件

もう女癖悪すぎるのです。

「週刊現代」は、が下着もあらわな女性に抱きつく福井氏の写真を掲載しました。

「週刊新潮」は元愛人の告発、セクハラ疑惑などを報道したのです。

「週刊文春」も、福井氏が愛人とタイなどを旅行し、

ビジネスクラスなどの費用を出資金詐欺業者が負担していたことを報じているのです。

さらに、「十数年前、『福井は政治家としてふさわしくない男です』と、

福井氏の秘書を名乗っていたXから、複数の写真を渡されました」

写真は、十数年前、福井氏とXが、都内の高級クラブで豪遊した際に撮られたものだったのです。

福井照の奥さんと娘は?

福井氏は2005年のゴールデンウィークに愛人女性と、バンコク、ベトナム、プーケットなどを旅行し、

その費用、約96万円を業者が支払ったというのです。

業者の証言が衝撃的です。

「まず福井先生は奥様とお嬢さんの3人で台湾と香港に家族旅行に出かけました。

香港国際空港で、福井先生は家族と別れます。

そこに成田から当時40代の女性がキャセイパシフィック航空で到着し、

福井先生と合流したのです。

女性は、福井先生の『スタッフ』だそうですが、まあ愛人でしょう。

部屋割りをどうするか確認すると、福井先生と女性は同じ部屋でしたから」

奥さんやお子さんは気付かなかったのでしょうか?

奥さんとお子さんについて調べて見たのですが、一切公表されておりませんでした!

情報を見つけ次第追記します。

福井照のwiki風プロフ

◆ 名前:福井照(ふくいてる)

◆ 生年月日:1953年12月14日(64歳)

◆ 出身地:大阪府大阪市阿倍野区

◆ 学歴:東京大学工学部土木工学科

◆ 職業:政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、

消費者及び食品安全、海洋政策)、領土問題担当大臣、自由民主党高知県連会長。

◆ 前職:国家公務員(建設省)

◆ 所属政党:自由民主党(二階派)

◆ 家族:奥さんと娘の三人家族。

福井照氏の来歴

◆ 1976年、東京大学卒業後、建設省(現国土交通省)に入省した。

◆ 1999年、建設省を退官

◆ 2000年の第42回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で高知1区から出馬し初当選した。

◆ 2003年の第43回衆議院議員総選挙、2005年の第44回衆議院議員総選挙でも高知1区で連続当選(五島がいずれも比例復活)

◆ 2006年、第1次安倍内閣で農林水産大臣政務官に任命された。

◆ 2017年の第48回衆議院議員総選挙においても比例四国ブロック単独1位で立候補し、7選

◆ 2018年2月27日、健康上の理由により辞任した同じ二階派に所属する江崎鐡磨の後任の内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、海洋政策)、領土問題担当大臣に任命され、初入閣した。

◆ 2018年2月27日、閣僚就任後初の記者会見で北方領土の色丹島(しこたんとう)を「しゃこたんとう」と言い間違え、会見中に発言を訂正した。

会見では北方領土の視察予定について質問を受けた際、「私自身、ビザなし交流で、しゃこたん島だったが、一度参加させていただいた。

沖縄もしかり、北方領土の問題もしかり、重要な問題だと認識している」と答え、その後も会見を続けていたが、

事務方から紙を差し入れられて言い間違いに気づき、「先ほど『しゃこたん島』と言ったかもしれないが、

『しこたん島』と訂正させていただきたい」

と述べたのです。

まとめ

いかがでしたか?

就任早々、北方領土の読み間違えたり、金銭問題もあり、女性問題では、

元愛人(X)から暴露があっては、いくら否定しても世間は信じないでしょう!

過去の不倫疑惑で、議員辞職をした「宮崎謙介氏」の件が思い出されます。

「文春砲」は第二、第三があるので十分用心しなければならないと思います。

今後の挙動に注目ですね!

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ