張本智和の両親の指導方法と優勝・成長のあかしは?世界が注目の訳は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

張本智和選手が、遂に10度目の日本一を待座した水谷選手を4-2で下し

全日本優勝を飾ったのです。

なんと、中学生が社会人・世界ランク13位の水谷選手を破っての優勝なのです。

優勝も時間の問題と予想されておりましたが、両親の教育方法と、

張本選手の肉体の成長、精神的成長が著しいことが分かりました。

ここでは、両親の教育方法と張本選手の成長のあかしを確認してみたいと思います。

関連記事(プロフィールなど)は以下にもあります。

チョレイの意味は?中国語・韓国語か?うるさいと嫌われているの?の記事はコチラ

スポンサーリンク

両親の教育方法の特異性は?

ご両親が、卓球指導のために中国から渡ってきたのです。

評判では、とにかく真面目な夫婦だったようです。

智和君が「僕も、卓球をやってみたい」と自ら言い始めたそうです。

小学校低学年では、2時間/毎日、4年生で4時間/まいにちだったようです。

宿題は、きちんとこなすように指導されたようです。

成績も3位以内に入るほどだったようです。

お母さんは「智和は、心の強い子」と言います。

負けず嫌いで、テストが悪いと“悔しくて泣く”そうなのです。

皆さんは、テストで泣いたことがありますか?経験者は少ないと思います(笑)

お母さんは、先代の東北大学に進んでほしかったようですが、卓球選手を選んだようです。

世界が注目している?

全日本優勝で、世界ランク13位の水谷選手を圧倒的に負かしてので、

世界が注目しているのです。

当然、最年少ベスト8入りを果たしたので当然といえば当然のことです。

2020年の東京五輪では、金メダル候補にあげられますね!

中国では、“張本研究・対策”が綿密に練られていることでしょう!

スポンサーリンク

張本選手の成長は?

水谷選手は、世界ランク13位で、全日本選手権V9、」リオ五輪団体戦・銀、

シングルス・銅目ある保持者なのです。

水谷選手の試合後のコメントは、

「今日の張本が、いつもの通り100%の力だとしたら、南海やっても勝てない」

と言わせしめたのです。

4-2の戦績でしたが、水谷選手は、何故2回勝てたのかがわからないくらいなのだそうです。

張本選手は、14歳の中学2年生で、世界ランクは11位で、

2017年世界卓球(ドイツ)では、史上最年少でベスト8入りを果たしたのです。

張本選手のコメントは、

「今まで卓球をやってきた中で、1,2を争ういいプレーだった」

張本選手は、どんどん進化をしているので、まだまだ成長すると見られております。

張本選手のパワー・スタミナ強化?

<お父(張本宇)さんの言葉>

◆ 「練習に筋トレを導入した」

◆ 「中学生になって身長が10cm弱伸びた。」

2016年1月は約165cmだったが、2018年1月には約173cmとなった。

肩周りがしっかりしてきており、ももの筋肉もつき大人の体の近付いているのです。

「パワーが付いてきたので、台から離れた位置でのラリーも圧倒するパワーがあるのです。」

“現代卓球”の理想形になっていると言われております。

それは、“女子の場合はスピードで勝負するが、男子はパワーで勝負する。”

のですが、張本選手の場合は、パワーとスピードが重なっているので“最強形”

ということが出来るのです。

合宿では、とにかく誰よりも練習をたくさんすることが結果に繋がってるのです。

張本選手が怪我もなく成長する出来るのは、卓球は、選手同士の接触がないので、

順調に成長が出来る特徴もあります。

まとめ

いかがでしたか?

張本選手は、まだ中学生です。成長盛りなのです。

まだまだ強くなることが保証(?)されております。

◆ 張本選手は“負けず嫌いの努力家”でした。

◆ ご両親反中国出身の真面目な夫婦です。

◆ 張本選手は、“成長盛り”でまだまだ成長する。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ