YOSHIKIカードは特典が多くポイント得やすい?“会えるカード”や“年会費”などは?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

マッコ・デラックス司会のバラエティ番組『マッコの知らない世界SP』が、

1月9日に放送され、XーJAPANのYOSHIKIさんが登場し、

反響を呼んでおります。

その中に、YOSHIKIの大ファンである“さかいさん”が出演し、

“YOSHIKIカード”を使って「YOSHIKIに2度会える権利を獲得している」

と述べて、マッコを驚かせました。

勿論、YOSHIKIも驚いたのです。

ここでは、YOSHIKIさんの語った新事実と“YOSHIKIカードのからくり”

について迫ってみました。

YOSHIKIカードのポイントの貯め方は?

を急いで見たい方はコチラ↑↑をクリックしてください。

関連記事は以下にもあります。

YOSHIKIの追っかけさかいさん(坂井夏子)はだれか?会社や結婚は?の記事はコチラ

 

YOSHIKIがマッコに話した事実は?

箇条書きに以下に記します。

◆ YOSHIKIさんを紹介した女性ファンのさかいさん」が話題になっております。

「自称!YOSHIKI以上にYOSHIKIを知る」37歳の女性ファン

さかいさんがプロフィルを紹介する形式で進行!

◆ 坂井夏子さん、YOSHIKIさんを追いかける為に会社を設立(ウェディング関連の事業を運営)

YOSHIKIさんの為に、2000万以上使った。

◆ YOSHIKIさんのプロフィールを紹介する段になった瞬間に、

YOSHIKIさんが音もなく侵入してきて坂井さんが驚いたのです。

口を押さえて今にも泣きそうでした。

◆ 発光していて、モヤがかかりとても近づけないと興奮するのです。

◆ プロフイール紹介での新事実は?

東京ドームを18回ソール度アウトさせた男の名前は、YOSHIKI(本名は林佳樹

(これは非公開なので、手で×のサインしました・・Wikiには載ってますよ(笑))

◆ X-JapanのボーカルToshiとは幼馴染で同級生です。

◆ 出身地:千葉県館山市

◆ 誕生日:1965年11月20日(52歳)・・老舗呉服店の長男

4歳:ピアノを習い始めた。

5歳:幼稚園で利三(のちのToshi)と出会った。

◆ Toshiはもともとはギターで、YOSHIKIがボーカルだった。

Toshiは、“歌ってみない?”と言われて歌ったら良かったのでボーカルになった。

◆ ロックに行ったキッカケは?

「お父さんが亡くなって、(小学5年時)クラシックばかり聞いていたのですが、

行き場がなくなり怒りが込み上げたときにロックと出会った。

ロックバンド「KISS」を見て、“なにこの人達と思い、聞き始めたら”

のめり込んでしまった。ロックスターになると決意したのです。」

<マッコ:どうして息がこんなにいい匂いがするの(笑)全身、バラみたいな匂いがする(笑)非の打ち所がないわね?>

小4:ベートーベンの『運命』を聴きと決意した

小5:ロックスターになると決意し、ドラムを始めた

小6:利三(Tshi)とバンドを結成した。

◆ 中学:教師にバリカンで丸坊主にされグレる。

不良だったが、学力は400人仲10位以内だった。

(今では大問題になるが、当時は押さえつけられて無理やり刈られてしまった。)

このことがさらに闘争心に火をつけたのです。

坊主になったらキューピーみたいに頭がとがっていた。(笑)

“未知との遭遇、宇宙人みたいと言われて泣いちゃった!”

◆ 学力が素晴らしく、千葉県内で表彰されたことがあった。

(母との約束で、勉強だけしていれば文句は言われなかったので、

不良と遊んでいる時も勉強していた。)

高校:「X」を結成、音大受験を辞め。「X」で生きていくと決意した。

◆ 「X」は高校2年生の夏に結成し、メンバーは、Toshiと同級生だった。

◆ 当時は2つのバンドをやっていた。1つは、「GENIUS」で

ベースは東大生、キーボードは京大生でYOSHIKI以外は大学生だった。

それと、「X」を始めたのです。

◆ 突っ張ったような画像を見て、他校の人から喧嘩を売られてきた。

“お前可愛いな!”と言われてどのように喧嘩していいかわからなくなった(笑)

(この話を聞いて、坂井さんは“気を失いそうです!”(笑))

スポンサーリンク

YOSHIKIが日本音楽界にもたらした偉業は?

ビジュアル系というジャンルを確立

◆ 1989年に「X-JAPAN」がメジャーデビューした。

 

「X現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。

◆ YOSHIKIさんは、「規制されることが嫌いで、ロックって自由なものだと思ったが、

意外に自由じゃなくて、ああせい!こうせい!と言われて、

音楽的には自信があったので、僕は逆に行った。

“もう何でもいいや“と思い、”ロック=硬派“の概念を

壊したいという気持ちで音楽を続けていた。

相している地に、ビジュアル系になっていったのです。」

◆GLAYをプロデュースし、≫メジャーデビューさせたのです。

ロッククラシックトの融合させた

◆ 天皇陛下ご即位10年をお祝いする国民祭典で、

奉祝曲を作詞し、ピアノを演奏した。

◆ 2005年・愛知万博(愛・地球博)

テーマソングを作曲し指揮を披露した。

◆ この時はX-JAPANを解散していた時だったので、“音が気止めようと思ってゐた時”

に、このオファーを頂いたのです。“運命を感じた”戸気だったのです。

YOSHIKIさんが最も重要だと思うことは?

音楽を伝えるためには手段を選ばない

どんないい音楽を作っても“聞いてもらわないと意味がない”と思っている。

◆ 2016年:紅白歌合戦で、X-JAPANが熱唱しゴジラを撃退したのです。

◆ YOSHIKIが有名になるために最もこだわったのが、

① “1分間に8000回以上叩く高速ドラム”だったのです。

② ドラムを「蹴る」「殴る」「壊す」パフォーマンス。

◆ 当時は、何か目立つものがあれば分かり易かった。

途中からこれは音楽と関係ないんじゃないかと思った(笑)

◆ ドラムセットは、現在で100個ぐらいになるかな?

◆ ドラムのメーカーが“壊してくれ”と言ってドラムをくれたのです。

“また今日も壊さないといけないの?”と思ってた?

ファンが心配していることは?

①  (痛め続ける首)

◆ YOSHIKIさんは、ストイックすぎることです。大丈夫でしょうか?

2017年に過激なドラムパフォーマンスで、首を痛め2階の手術を受けた。

◆ 今は、ドクターから“完全ストップ”がかかっているのです。

倒れるまでやろうとは思っております。

② (スケジュールがタイトなのです。)

◆ インスタで公開した、イタレアでの過密スケジュールが凄いのです。

◆ 人が大勢来ているので、詰め込んだ方が経済的なのです。

◆ イタリアに2日いると経費が倍かかるのです。(周りの方達の)

(あんまりこの話はしない方がいいかな?に

マッコは“経費の話は聞きたくない”と笑わせたのです。

◆ 世界の有名人やセレブが天気を解説するフランスの人気番組「Quotidien」に出演した。

90年代を席巻した2大アーティストは?

◆ 90年代シングル作品数:小室哲哉:150枚以上、 YOSHIKI:28枚。

◆ CDが売れる時代にこだわりが強すぎてCDが出せなかったのです。

◆ YOSHIKIさんは“そんなに出した?”と怪訝そうに!語ったのです。

◆ 音楽ビジネスはレコード会社が決めたものなのです。

自分が芸術家になろうと決めた時に、

「100年先も聞いてもらうため納得するまで出さない」と考えているのです。

これを許すのは“YOSHIKIさんだからでしょう!”

しかし“許されてはいない”そうなのです。

◆ 小室さんは“秀才肌”です。僕は“野性的”で、結構仲がいいのですよ!

YOSHIKIさんを襲った悲劇は?

◆ 幼なじみ、Tshiの脱退があります。

◆ 家族の雰囲気だったので、父親を失ったくらいのインパクトでした。

◆ 1997年4月X-JAPANに衝撃が走った!

◆ 音楽性の違いと洗脳騒動で、Toshiが脱退したのです。

◆ 1997年9月22日:X-JAPANが解散を発表した。

◆ 一生会わないと思ってました!Xと言うドアを完全に閉めてしまったのです。

◆ その年末には、解散ライブがあり(12月)伝説的シーンがあるのです。

確執が生まれて言葉を交わさなくなっていたのです。

“Forever loveを歌い、演奏が終わり、YOSHIKIが上半身裸で寄っていき

Toshiとハグしたのです。”

二人は涙をこらえていたのです。

◆ 二人は、再編成するまでの10年間、言葉を交わすことは一度もなかったのです。

言葉は全く交わさなかったのです。

◆ ファンの方々は、皆泣き崩れて立っていられないくらいだったのです。

◆ あの時は、YOSHIKIさんは“怒りの方が強かった!”

“目の前のToshiをぶん殴ってやろうかと思っていた“

“でも、目の前に現れたのは、幼馴染のTshiだったので自然にハグをした!”

◆ 再編は、“Tshiを洗脳していたリーダーが、X-JAPANを再結成しなさい”と言い、

“もっと自分にお金を貢ぎなさい“とのことだったのです。

◆ 連絡が来たのですが、10年とは、普通じゃないとわかっていたが、

ひょっとしたらまた、ドームで演奏が出来、感覚が戻ってくるチャンスかもしれない。

空けたくないドアを開けて、悲しみや苦しみの中に飛び込んだのです。

一緒にやり始めたので、TSHIさんも戻ってきたのです。

◆ YSHIKIとToshiを繋いでいたものが、

大親友HIDEに作った曲『Without You』だったのです。

「HIDEさんの葬儀が終わって、1ヶ月後位に作られた曲なのです。

この曲を作って積年の思いが整理できるのではないかと思たのですが、

悲しみが増幅し、鍵盤が水浸しになるほど涙が出て

ピアノが弾けないくらいになったそうです。」

1998年5月:X-JAPANに悲劇が?

◆ 大親友のHIDEが突然この世を去った!

◆ 日本中が大きな悲しみに包まれたのです。

◆ YOSHIKIの挨拶は

「いま、とてもきれいな顔をして眠っています。

何度も起こそうとしましたが、彼は眠ったままです。」

◆ 葬儀では気丈に振る舞っていたYOSHIKIだが、

実はこの時、HIDEの死を受け入れることが出来ず、

絶望し自らの引退までも考えたのです。

◆ HIDEが亡くなって、ファンの方々が混乱してしまって、

失神者や手首を切るかたが続出したのです。

◆ 皆さんを励ましたりしたのですが、1ヶ月後位に一人になった時に壊れてしまった。

どうしていいかわからず、家から出れなくなったのです。

◆ それじゃいけないと思って、1曲だけX-JAPANのために曲を書いてみようと、

それで書いた曲が「Without You」で、それだけで扉を閉めたのです。

◆ もう一度という気持ちはどこかにあったのでしょうね!

「あなたを愛して  あなたに傷ついて

愛と言う言葉の  深さに気付いた

Do you remember 初めて出会った日の事

(貴方は覚えていますか)

同じ夢を見た時を

限りなく広がる空にもう一度

生まれた意味 今を生きる意味を 問いかけて・」

◆ 「Without You」を音楽の殿堂「ウェンブリー・アリーナ」で演奏したのです。

◆「HIDEが生前「いつかあそこで演奏したい」と語っていたステージだったのです。

◆ HIDEのために作ったこの曲が、YOSHIKIとToshiの絆を再びつないだので

◆ 自分のなかでは、今でも一緒にやっている気持ちでいるのです。

◆ HIDEの気持ちも入っているし、TAIJI(45歳・ベーシスト2011年に他界)の

気持ちも入っているのです。気持ちの中では7人のXと思っているのです。

◆ ニューアルバムが出るのですが、22年ぶりですね!発売日は未定です。

YOSHIKIのプロヂュースグッズは?

◆ ワイン

ワイ・バイ・ヨシキ、ナパ・ヴァレーカベルネ・ソヴィニョン:15,900円(小売価格)

◆ クレジットカード

Undergroundkingdom VISAカード(YOSHIKI顔写真入り)

(坂本さんは3種類持参してます:モールとパールとKitty:MasterCard)

このカードの凄いところは、“ポイントがたまるとYOSHIKIさんに会える!”

のです。10,000ポイント(約1,000万円)貯めると会えるのです。

◆ 着物:坂も田さんがYOSHIKIMONOを着ていたのです。

最後に気付いて大笑い!

YOSHIKIMONOしぶきは486、000円です。(税込み・仕立て)

◆ 香水

バトゥ サン プロデュースド バイ ヨシキ:10,800円(税込み)

◆ キティちゃん

多種のものが企画されております。

X-JAPANのDVDは?

映画「WE ARE X」:X-JAPANの歴史を描いた禁断のドキュメンタリーです。

Blu-ray&DVDご好評発売されております。価格は4,800円(+税)

YOSHIKIカードのポイントの貯め方は?

X JAPANのファンなら必ず持っておきたいクレジットカード。

それがYOSHIKIカードです。

正式名称は「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード」と呼ばれ、

X JAPANのライブやYOSHIKIディナーショー等のチケット最優先エントリーができます

YOSHIKIカードのクレジットカード機能を使うと、利用金額に応じてポイントが溜まります。

溜まったポイントは、商品に交換したり、マイレージに移行するなど様々な使い道がありますが、

実はYOSHIKIカードで溜めたポイントでしか交換できない、超スペシャルな会員限定特典があるのです。
2016年6月現在の会員限定特典はこちらのサイトから確認することが可能です

 

まとめ

 

いかがでしたか?

これまでには聞かれないことがふんだんに話されております。

ネットでは、これをまとめた“坂本さん”が評判になりました。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ