トランプタワーで火災(火事)!原因や被害状況は?テロの可能性は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

アメリカ・ニューヨークのトランプタワーで8日、火災が発生し、

消防隊員ら3人がけがをしたとほうじられました。

消防当局は、屋上にある空調設備から出火したとみて、調べている。

現場は、マンハッタン中心部の5番街に位置し、朝のラッシュアワーだったこともあり、

一時騒然となったのです。

トランプタワーはどこにあって、誰が住んでいるのでしょうか?

火災の原因や、テロとの関連について迫ってみました。

スポンサーリンク

トランプタワーで火災(火事)!場所と特徴は?

トランプタワーは、アメリカの不動産王ドナルド・トランプと

エクイタブル生命保険が共同所有し、デア・スカット (Der Scutt) が

設計を担当したビルディングです。

高さ202mの58階建てで、ニューヨークでは52番目の高さのビルなのです。

このビルにも多くのセレブリティが居住していることで知られている。

下の階は、テナント部分で、一般人も入れるのです。

1997年以降ずっとミスUSA、ミス・ティーンUSA、ミス・ユニバース優勝者も

共同で生活をしていますが、グッチやカタール航空など店舗も入っています。

過去には、あのスティーブン・スピルバーグ監督やボクシングヘビー級元世界王者

マイク・タイソンも住んでいたそうです。

トランプワールドタワーと紛らわしいのですが、こちらは、

ニューヨーク市マンハッタン区ミッドタウンの5番街、72階建、高さ262m

標準タイプの部屋でも購入価格は6億円を下らないという超高級マンションです。

住人の顔ぶれは、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、

グラミー歌手のビヨンセ、ハリウッドスターのハリソン・フォードと、

名前の知れたセレブやお金持ちが住人として入居しています。

今回火事になったのは、トランプタワーの方です。

トランプタワーの場所は?

ニューヨーク市マンハッタン区ユナイテッド・ネイションズ・プラザ 845号

58階建て、高さ202mで、位置情報は以下です。

スポンサーリンク

トランプタワーで火災(火事)!原因や被害状況は?

58階建てのかなり上の階で炎上しているということで、

消防の対応が難航を極めている分、避難などについては

あまり問題は起きていないとのこと。

それでも被害者に関しては、駆けつけた消防隊員を含む3名が怪我を負い、

うち1人は重症という情報があるので避難に関しては万全ではなかったみたいです。

火事の原因は電気ボックスが関与しているとのこと。

どうやら空調設備の不具合があったらしく、

意図的な事件性という可能性は極めて低いと見られているようです。

情報が入り次第追記しますが、テロの可能性はないようです。

テロの噂は、偶然にも北朝鮮の金正恩総書記の誕生日と一緒だったからでした。

まとめ

いかがでしたか?

トランプ大統領のビルで火災ということで、原因はもとより、

テロではないかと大騒ぎになったようです。

全く関係なかったので安心しましたね!

◆ トランプタワーには、「トランプタワー」と「トランプワールドタワー」がある。

◆ 火災は、「トランプタワー」の方で発生しました。

◆ トランプタワーには、セレブが多く住んでおります。

◆ トランプタワーの火災は、テロとの関係はありませんでした。

についてまとめました。

関連記事はコチラ