桂文枝またの浮気で電話内容がヤバイ!電話音声・メール・特殊な性癖が明らかに?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

2016年に演歌歌手“紫艶”との不倫をフライデーされ、

涙ながら謝罪したばかりの落語家・桂文枝さんですが、

今度は二股不倫が暴露されて騒然となっております。

紫艶さんの他に、2008年から不倫しているのです。

相手は、56歳の神戸に一人暮らしの日舞の先生なのです。

相手女性が、桂文枝師匠の独特の趣味(性癖)に悩まされて、

警察沙汰になり疎遠になったのです。

最近になって、文枝師匠に愛想をつかし、別れを決意しリークしたのです。

リーク内容を見ると、文枝師匠の意外な、特殊な性癖が見えてきました。

ここでは、文枝師匠の電話の音声や、メールの内容、特殊な性癖を調べて見ました。

関連記事は以下にもあります。

桂文枝がフライデーされた!紫艶(中江ひろこ)がすべて告白したが、事務所が否定する訳とは?の記事はコチラ

桂文枝と紫艶がフライデーされた!不倫相手のヌード写真集「ろまん」がヤバイ!の記事はコチラ

桂文枝にまた不倫疑惑!相手はだれか一般人か?離婚確実で電話内容がヤバイ!の記事はコチラ

スポンサーリンク

文枝師匠とのメールは?

交際が始まった2009年からいきなり直截なメールが来たのです。

◆ 2009年3月9日:件名・城崎へ

「明日は新婚さんの収録。

前日乗り込みのために、今、大阪出たよ

三時間やって、頑張るぅ

そちらへ行くの11日でいい?

スケジュール変わって12日行けなくなった。

11日、3時くらいまでやけど、出来るだけ早くいくから」

◆ 2009年3月15日:件名・おはよう

「温かいよ、00のおっぱいを思い出していた。

キスもうまくなったし。

ちゃんと00のあそこにもキスさせてくれたし、良かったよ。

00がぬれぬれになって、それを思い出しただけで、

体が熱くなって、あそこが固くなってきた。

今度は結ばれる?」

◆ 2009年3月16日:件名・おはよう

「朝早くから野球観てる。日本勝ってるよ

00の裸を早くみたい」

◆ 2009年3月18日:件名・背中流してね

「裸の付き合いをしよう。

日舞も習わないと」

◆ 2009年7月4日:件名・今、帰ってます

「腰がきついなぁ  00のまえわれパンティよかったよ

もう、痛くない?」

◆ 2009年7月25日:件名・腰が痛いなぁ

「今から一時間半苦行やわ、

00のまえあきのパンティ思い出しながら頑張るね
裸みたいなぁ」

◆ 2009年7月26日:件名・おはよう

「今、シャワー浴びて出てきたところ。

00の裸思ってたら、大きくなってる。」

◆ 2009年7月29日:件名・いってきます

「00のおっぱいを早くみたいよ」

ここまで克明な情報は珍しいのです。

スポンサーリンク

文枝師匠との電話内容と音声は?

海外出張中の電話のやり取りがあります。

彼女:「電話してくださいね。心配で。電話してください。

恋しくて、恋しくて・・」

師匠:「その代わりヒモのパンツをちゃんと穿いて、

何枚も穿き替えて見せなあかんで。

パンツのショーを見せてくれるなら許すわ。」

彼女:「恥ずかしいですけどね」

師匠:「恥ずかしいと言うてたらアカンで。

ちゃんと恥ずかしさを忘れて、ちゃんとパンツ脱いで。

スケスケのパンツ見にゆくから、恥ずかしがっとったらアヵんで~」

この時は、喜んで応じていたのですが、

彼女を困らせることも起こっていたのです(下記)

スポンサーリンク

文枝師匠の特殊な性癖は?

彼女は、

「実を言えば、母親が厳しかったこともあり、それまで私は男性経験がありません。

文枝さんが初めての男性だったのです。

でも、文枝さんは、“こんな乙女がいるとは思わなかった”

と言って喜んでくれたのです。」

と言うように、ぞっこん彼女は文枝さんに惚れていたのです。

2ヶ月に一回ぐらいだったので、

「月に一度は来てください!」とお願いしたほどなのです。

◆ 「あそこの写真を撮らせろ」と言われたが断ると、

◆ 今度は、文枝師匠自身の局部を取った写真をメールで頻繁に送られてくる。

◆ 彼女の自宅に弟子を連れてやってきて、彼を階下で食事させて、

わざと2階のベッドで睦み合う、こともしばしばだった。

“下に若い子(弟子)がおると燃えるやろ”とからかったりしたのです。

◆ 要求のエスカレートし、“大人のオモチャを買って使おう”

“下の毛をすらせろ”とか・・

◆ 特に嫌だったのが“局部の写真”を取りたがったのです。

“愛情があれば撮らせるはずや”とあきらめなかったのです。

◆ メールでは、自分の局部のアップ画像を送ってきた。

桂文枝師匠は“新婚さんいらっしゃい”降板か?

桂文枝といえば、長寿番組である、「新婚さんいらっしゃい」に、出演しています。

この一連の騒動が原因で、「新婚さんいらっしゃい」を、降板するのではないか?

という噂がされています。

結論から言えば、その可能性は低いと思います。

「新婚さんいらっしゃい」は、大変な長寿番組です。

その司会をであり、番組に絶対欠かせないのが、桂文枝と言えます。

もし本当にこの騒動が収まらなければ、桂文枝の降板ではなく、

番組の終了という形になると思います。

可能性としては、番組の打ち切りの方が、断然高いと言えますね。

“紫艶”さんの時は、本人の売名行為とも揶揄されていたのですが、

今回は、全く異なり、電話やメールの内容が、“公序良俗”に反しており、

若者や主婦層に印象が悪すぎます。

いくら“新婚さんいらっしゃい”が文枝師匠素のものであっても、

続けていくことは出来ないと思われます。

テレビ局の“姿勢”も問われかねませんので

“番組打ち切り”が濃厚ですね!

まとめ

文枝さんは、“女房とは別居している。放り出されたようなもん”

とボヤいていたそうです。

奥さんは“真由美”さんと言い、板金会社を営む父と、寺の娘だった母の間に生まれ、

歌手になる夢を封印し桂三枝という芸人につくしたのです。

調子を崩した時も、支えてくれたのです。

損な奥さんを裏切り、世間を裏切ったので、今度はかなりの批判が殺到するでしょう!

◆ 文枝師匠とのメールは過激なものでした。

◆ 文枝師匠との電話も卑猥な内容でした?

◆ 文枝師匠の特殊な性癖が明らかになった。は

◆ “新婚さんいらっしゃい”は文枝師匠そのものですが番組打ち切りが濃厚です・、

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ