ボブ・サップの彼女へのDVの原因は薬だった?大晦日の朝青龍との闘いはNGだ!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

人間凶器とも呼ばれているボブ・サップが、交際相手だった女性に

6年間も暴力(DV)をしていたことが、週刊文春(文春オンライン)により判明した。

さらに新たな問題が浮上し、炎上状態となっている。

それは、2017年12月31日20:00に放送予定の番組

「朝青龍を押し出したら1000万円」(AbemaTV)に、

ボブサップがスペシャルゲストとして登場する問題なのです。

女子に対して全身がアザだらけになる暴力をふるいながら、

さらに、ボブ・サップは“薬漬け”だと言われており、

のうのうとテレビ番組に出られるはずがない?

早速、迫ってみました。

関連記事は以下にもあります。

◆ボブサップが現在の彼女に凶悪なDV発覚!体中のあざがいくつある?【文春砲】の記事はコチラ

スポンサーリンク

ボブ・サップのDVの原因は“薬”か?

週刊文春では、

「2011年の半ばに、彼が発作的に彼女を罵倒しはじめ、『浮気をしただろう』

と罵り、何時間も罵倒した。」

というのです。

2012年12月10日には、いきなり1,5mの高さから床に投げつけたのです。

そして、朝方5時まで暴行は続いたと言います。

途中には、彼女に衣類をはぎ取り、部屋の外へ追い出したりしたのです。

これらの言動は尋常ではなく、彼女は“薬”の影響があると言います。

サップのDVの原因は、

「薬の副作用も多少あったと思います。

彼は鎮痛剤の中毒で、1日に10錠以上も飲むことがあったのです。

試合が近づくと筋肉増強剤や、興奮剤も服用しており、

試合前は、イライラが増し、暴力も酷かった!」

と、話すのです。

ここまで聞くと、綺麗ごとのように聞こえますが、果たして“薬”は、

これだけでしょうか?

はなはだ疑問と言うしかありません?

一方的に推量するのは、危険ですが、サップの格闘技では“尿検査”もなく、

決めごとのないスポーツです。“白”ではないことが容易に推量されます。

スポンサーリンク

ボブ・サップと朝青龍の戦いは?

https://twitter.com/AbemaTV/status/942952647920775168

ここに来て、サップのDが報じられて、新たに問題になっているのです。

新たな問題とは何か?

それは、2017年12月31日20:00に放送予定の番組

「朝青龍を押し出したら1000万円」(AbemaTV)に、

ボブサップがスペシャルゲストとして登場するというのです。

過去には、曙とサップの「人類史上最強王者決戦」が大晦日にあり、

視聴率が43%という最高を記録し、紅白を超えたことがありました。

企画するオーナーは、当然視聴率が目的です。

女子に対して全身がアザだらけになる暴力をふるいながら、

のうのうとテレビ番組に出られるはずがないといわれております。

彼がいなくなると、かなり視聴率が下がり、AbemaTVが大きなダメージを受けることになる。

すでにボブサップのDVが報じられている今も

AbemaTVが大きなダメージを受けているとは思われるが、

かなり切迫した状態なのは確かのようです。

決して許されないDVという凶悪な犯罪に手を染めていたボブ・サップですが、

A子さんは、証拠はしっかりと押さえております。

警察には、“被害届”を何度も出したいと言っても“無理だ”と言われたようです。

それでいいのでしょうか?

日馬富士暴行事件では、貴ノ岩の9針の縫う傷で取り上げておきながら、

この件を放置することは出来ないのではないでしょうか?

RIZINの実行委員長である榊原信行実行委員長は、

「オファーを出さなくてよかった」

と話しております。

今後、彼は格闘業界でこの先生きのこることはできるのか?

いま大きな注目が集まっている。

“薬”のことが暴かれると展開は、予想外になるのです?

まとめ

いかがでしたか?

ボブ・サップは、大みそかの定番の客集めです。

“DV”と“薬”が、今後のボブ・サップの命運を決めそうです。

◆ ボブ・サップは“薬”も疑われております。

◆ ボブ・サップと朝青龍の格闘技は、可能かが問われております。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ