ボブサップが現在の彼女に凶悪なDV発覚!体中のあざがいくつある?【文春砲】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

格闘家・ボブ・サップと6年間交際し、マネージャーも務めていたA子さんが、

壮絶なDVを受け、体中に多数の黒い殴打の跡を晒し告発したのです。

身長2m、体重145kgの恐ろしい体格から振り落とされるパンチは、

想像しただけで怖くなります。

果たして、何が起こっていたのでしょうか?

週刊文春の記事をもとに検証してみました。

スポンサーリンク

ボブ・サップのDVは?

「毎年、毎日のように彼から暴力を受け、逃げる力さえ失っていました。

苦痛に耐えきれず、『殺して』と自ら包丁を差し出すこともあった。」

と、A子さんは語るのです。

身長2m,体重145kgから振り落とされる拳は、想像を超えるものがあります。

日本や海外で仕事が増えて同行するわけですが、

突然、『浮気をしただろう』と言いがかりを付けて、何時間も罵倒するようになったのです。

反論すると、かえって激しくなり、手が付けられなくなるので、

暴言を黙って受け入れるようにしたそうです。

2012年12月10日に初めて、暴行を受けたそうです。

「トレーニングから帰ってきて、期限が悪く、

いきなり1,5mの高さから床に投げつけ、体中を殴り始めたのです。

翌朝5時ころまで暴行は続いた。」

と話したのです。

以後は、暴行を受けた日時や場所を克明に記録し、

病院の診断書や写真を証拠として提示したのです。

暴行の後には、ボブは決まって、「愛している」「運命の人」

などの優しいメールを送って来るそうです。

「2013年からは同棲生活を始めました。アメリカ、日本にマンションを借りた。

そこでも毎日のように暴力を受けた。バリカンで、髪を切られたことが3度あった。

同じ年には、ホテルべ暴行を受け、室内が血だらけになり、20万円請求された。」

と話し、さらに、A子さんは、逃亡も図ったのですが、

「サップは仕事を盾に戻ってくるように仕向けた。

相手に迷惑を考えると、逃げ出せなくなった。逃げ出すと『俺はもう死ぬ』

と繰り返し、『今、大量の睡眠薬を飲んだ』と脅すので帰らざるを得なかった。」

と述懐するのです。

DVの原因は、

「こすりの副作用も多少あったと思う。ボブは鎮痛剤中毒で、

1日に10錠以上も飲むことがあり、筋肉増強剤や、こうふんざいも服用しており、

試合前はイライラが増し、暴力もひどかった。」

と悲壮な叫びをするのでした。

ボブ・サップとのA子の出会いは?

ボブ・サップとの出会いは、2010年の暮れだそうです。

A子さんは、海外から有名アーティストを招聘するプロモート会社で働いていたのです。

そこで、大みそかの『K-1 Dynamite!!』に出場するために来日したボブに出会ったのです。

翌春に、交際が始まったと言います。

A子さんには、前夫との間にお子さんがいたのです。

恋人であり、マネージャーを数か月続いたのです。

共に、海外に行くことも多くなったのです。

A子さんは、“浮気”ですね!

ボブ・サップとはどんな人?

◆ 名前:ボブ・サップ

◆ 本名:ロバート・マルコム・サップ・ジュニア(Robert Malcolm Sapp, Jr.)

◆ 通称:ザ・ビースト、野獣、暗黒肉弾魔人、無敵の暴走機関車、筋肉の二世帯住宅、

◆ 生年月日:1973年9月22日(44歳)

◆ 出身地:USA・コロラド州コロラドスプリングス

◆ 身長:200㎝

◆ 学歴:ワシントン大学

◆ 職業:キックボクサー、プロレスラー、総合格闘家、タレント、俳優、元アメリカンフットボール選手

◆ 所属:モーリス・スミス・キックボクシングセンター→チーム・ビースト

元はNFL選手であったものの、日本では2002年からの格闘技の活動から大いなる人気を獲得したのです。

少年時から様々なスポーツに取り組み、高校時で既に体重115kgという大柄だった。

17歳でワシントン州シアトルにあるワシントン大学に

アメリカンフットボールの奨学生として入学し学業では社会学と薬学を専攻。

カレッジフットボールではオフェンスのラインとして活躍し、

1997年1月のシニアボウルにメンバーにも選ばれた。

NFL入りを表明したため、大学は3年間で特進卒業したのです。

2002年8月にPRIDEヘビー級王者のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに善戦し、

さらに10月と12月にK-1王者のアーネスト・ホーストに勝利したことで

格闘技ファンにも実力を認められ、一方、私生活では知性派であることが

メディアに紹介されるにつれ、

そのギャップから親しみやすいキャラクターとして話題を呼び、

日本の数多くの番組やテレビCMに多く出演することとなったのです。

まとめ

いかがでしたか?

“逃げればいい”とお思いですが、A子さんはこういうのです。

「肉体的にも精神的のも暴力を受け続けると、

もう何かをしようとする気力さえ奪われてしまう。」

というのです。

警察に訴えても、「無理だ」と言われるようです。

DVの実情についてもっと広く理解されなければ、

救済は現実的ではないようです。

今年の大晦日には、元横綱の朝青龍と対戦するそうです。

◆ ボブ・サップのDVは悲壮なものでした。

◆ ボブ・サップのプロフィールについて

◆ A子さんの浮気の“ツケ”としては酷すぎます。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ