太川陽介が亭主関白の神対応!妻・藤吉久美子のダブル不倫を許した訳は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

俳優太川陽介さんは、1976年にデビューして、3曲目のLui-Lui(ルイルイ)が、

大ヒットしたアイドルだったのです。

NHKのレッツゴーヤングの司会者だったことも有名ですよね!

太川陽介さんが14日、妻・藤吉久美子のダブル不倫疑惑が

一部で報じられたことを受け、東京・新宿区の所属事務所・サンミュージック

で会見を開いたのです。

声は最後には小さくなり、目にはうっすらと涙を浮かべて苦しそうでしたが、

「自分のかみさんのことだから。みんなが、そう思わなくても信じますよ」

と藤吉のことを信じ抜くと誓ったのです。

亭主関白ぶりを発揮し、神対応に騒然となっております。

どうしてそこまで出来たのか?そうしなければならなかったのか?

について迫ってみました。

関連記事は以下にもあります。

藤吉久美子(大川陽介の妻)が不倫発覚!夫・大川陽介の心境は?の記事はコチラ

藤吉久美子の不倫相手は深沢義啓(プルデューサー)だ!画像と経歴・家族は?の記事はコチラ

スポンサーリンク

妻・藤吉久美子の不倫疑惑への太川氏の釈明会見は?

太川氏は、藤吉久美子さんのダブル不倫報道

「そんなことないでしょう」

「もちろん、ちゃんと説明してくれて、『ごめんなさい』と。

『でもそういうのじゃないから』というのをきちっと聞いたので。

ただねぇ、誰が見たって疑わしいに決まってるだろうと。

何やってんだ、バカモン(笑)。まぁ本人の話を聞いて、僕的には納得してので。

それだけは信じてあげてほしいという気持ちです。」

と話し、太川さんの藤吉さんへの神対応ぶりがとても亭主関白で、

ネットでも騒然となっているのです。

しかし、どちらにせよ、

「ホテルに一緒に入って、それも深夜で、自宅にも行った。」

野が確実であれば、世間の常識では、「何もなかった」では済まないのです。

週刊文春さんのことですので、否定すれば第2弾もあり得るのです。

おしどり夫婦と言われたお二人には、いばらの道が待ち受けているのです。

藤吉久美子は、歌舞伎役者と結婚したが梨園の世界が合わなくて、

離婚しております。

1994年のNHKドラマの共演がキッカケで近づき、太川の方が積極的に求めたようです。

このことと、息子さんが大きくなられていることが考えて、許したとしか思えません!

元論、太川のこれからの仕事のこともあるのは当然のことです。

スポンサーリンク

太川陽介は息子に話したか?

太川家には、長男・弘喜君(16歳)が降ります。

高校生ですから、言葉の意味も分かるし、報道されれば、必ず耳に入るのです。

太川さんは、1人息子にも今回の件を説明したと語った

(報道が)出ると聞いた時、僕とかみさんとで、息子に

「実はこう、こう、こうで、パパはママのこと信じているから」

って話したら「僕も信用しているから」と息子が言ってくれた。

その後、息子がやたらテンションが高いから、明るくしているんだろうと思って、

抱き締めて今日、パパと寝るか?」って言ったら「いいよ」って言った後に

「僕はいいよ…パパはママの側にいてあげて」って…。

(泣くのを)我慢しましたよ。

その日の晩、

「『じゃ、久しぶりに川の字で寝ようか』って言って、その日、川の字で寝たんですよ。

もう、ずいぶん久しく、そんなことなかったんですけど」

と親子3人で寝たことを明かした。

そして「僕は守っていきます。僕は、とにかくあの2人を守っていきます。

本当に…あの三角形を絶対、壊したくない」と言い、

最後に「ルイルイ!!」と言い会見場を後にしたのでした。

スポンサーリンク

太川陽介のプロフィール

◆名前:太川陽介(たがわ ようすけ)

◆本名:坪倉 育生(つぼくらいくお)

◆誕生日:1959年1月13日(58歳)

◆出身地:京都府京丹後市

◆学歴:日本学園高等学校卒業

◆ジャンル:タレント・司会者・俳優

◆活動期間:1976年~

◆事務所:サンミュージックプロダクション(ウイキペディア引用)

「ぶらり途中下車の旅」の旅人としても長く活躍しており、旅番組のイメージが強い。

また近年では旅番組にかぎらず太川が出演すると視聴率が跳ね上がることが多く、

業界内では「太川は何かを持っている」という評価を持たれているとされる。

藤吉久美子の歌手活動が心配?

藤吉久美子さんの不倫相手は、大阪・朝日放送のプロヂューサーの深沢義啓氏であるのです。

仕事関係の接触が多く、これまでも多くの作品に出演しております。

さらに、藤吉さんは、今後、音楽活動に力を注ぐ準備も整えております。

これに関わってくるのが、不倫相手の深沢氏なのです。

この関係を整理しないと、単身赴任している深沢氏とは、切り離せないことは明らかなのです。

太川氏は、亭主関白で、神対応しましたが、まだまだ、尾を引くことが考えられます。

世間はそうは甘くないことも十分考慮し、賢明な行動を藤吉さんには求められます。

まとめ

いかがでしたか?

◆ 太川氏は、神対応で許したのは、子供のことと今後の仕事があった?

◆ 太川氏が初婚で、藤吉さんは再婚だった!太川氏が強く求め結婚した。

◆ 子供にも話し、理解された。

◆ 藤吉さんは、不倫相手地切ることが出来るか疑問もある?

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ