ミキ芸人は兄弟で、兄のシャベクリが面白い?高校や名前の由来は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

2017年のM-1グランプリが、12月3日に行われた。

優勝者は、3位で決勝ラウンドに臨んだ「とろサーモン」でした。

予想では、「和牛」と「かまいたち」人気があったのですが、「かまいたち」が、

意外にも振るわず、決勝戦は1位通過が「和牛」、2位通過が「ミキ」で

3位が「とろサーモン」だったのです。

決勝戦では、「和牛」が振るわず「とろサーモン」に逆転されたのですが、

最近の情報では、意外にも「ミキ」の人気が急上昇しております。

どういう事なのでしょうか?

「ミキ」のプロフィールと名前の由来や高校・人気度について

早速、迫ってみました。

関連記事は以下にもあります。

ミキ芸人は上岡龍太郎の甥でネタが正統派で面白い?高校や名前の由来は?の記事はコチラ

とろサーモン久保田のマイク芸が面白い?逮捕やゲスエピソードがあるの? の記事はコチラ

スポンサーリンク

ミキ(お笑いコンビ)とは?

◆ メンバー:昴生(こうせい)、亜生(あせい)

◆ 本名:三木昴生、三木亜生

◆ 結成年:2012年(大阪中心に活躍)

◆ 出身地:京都府舞鶴市

◆ 事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

◆ 出会い:兄弟

◆ 職業:お笑いコンビ。よしもと漫才劇場に出演中。

◆ 芸種:漫才

◆ ネタ作成者:両者

主にしゃべくり漫才。話を進めようとする昴生に対し亜生が揚げ足を取り続け、

昴生がキレて金切り声でツッコむというスタイル。

漫才のつかみとして兄弟であることを説明した後、

名前に引っ掛けて「あーせい、こーせい」(関西弁で「ああしろ、こうしろ」の意)

と自己紹介する。

名前の由来は、単純そのものです。

名字が“三木”だからです(笑)、

「中川家」「千原兄弟」よりは質素な名前なのです。

なんでも、子の名前を決めるのに家族会議を開いたそうです。

兄の「昴生」はブサメン、弟の「亜生」はイケメンのモテ男なんです?

そうでもないですよね!兄も小太りでかわいいではないですか(笑)

お二人とも、独身ですが、何年か前には彼女がいたみたいです。

現時点では、結婚の噂もなく独身です。

二人のおじさんはタレントの上岡龍太郎さん!で関西では有名な話です。

司会業などで活躍されていたベテラン!ですが現在は芸能界を引退しています。

ミキの結成は、兄・昴生さんが最初にお笑いに入っていたそうですね!

大坂では、人気があり、チケットも即完売するそうです。

東京進出も時間の問題で、今後はチケットの入手も

難しくなるかもしれません?

昴生プロフィール

◆ 名前:昴生(こうせい)、

◆ 本名:三木昴生

◆ 生年月日:1986年4月13日(31歳)

◆ 担当:ツッコミ・立ち位置向かって右(兄)

◆ 血液型:O型

◆ 身長:165㎝

◆ 学歴:花園大学卒業,大阪NSC30期扱い

◆ 趣味:ディズニーリゾート旅行。

◆ 特技:ディズニー案内

弟に比べて、顔がブスであることを度々いじられている。

父親似だそうです。

亜生プロフィール

◆ 名前:亜生(あせい)

◆ 本名:三木亜生

◆ 生年月日:1988年7月22日(29歳)

◆ 担当:ボケ・立ち位置向かって左(弟)

◆ 血液型:A型

◆ 身長:173㎝

◆ 学歴:東海大学海洋学部卒業。大阪NSC34期扱い。

◆ 趣味:フットサルと釣り。

◆ 特技:ブラックバスのモノマネと釣りのキャスティング技術。

兄昴生の影響で小学校1年生の頃からサッカーをしていて、

西日本の選抜メンバーに選ばれたことがある。

芸人になる前には介護士として働いていた。

母親似だそうです。

スポンサーリンク

ミキ(お笑い芸人)の漫才のおもしろいわけは?

 

今年のM-1グランプリは、予想を覆し「とろサーモン」が逆転優勝を飾り、

1千万円の賞金を手にしました。

「和牛」は、前評判も良く、優勝が期待されたのですが、

決勝ネタは“いまいち”笑いを誘うことが出来なかったのです。

むしろ、準決勝のネタの穂と逆にした方がよかったと、私は思うのです。

その陰にあって、「ミキ」は決勝ラウンドに進みましたが、

7人の審判員の誰もが「ミキ」の投票しなくて、惨敗を喫したのです。

しかし、決勝ラウンドに進む実力のあった3組に共通しているのは、

“安定的ネタ”“生活に直結ネタ”“理路整然とした笑い”のネタを

できるかどうかにかかっていることが分かります。

その点で、関心を持たれなかったように見える「ミキ」も十分実力はあり、

それなりに“笑い”を取っていたのです。

案の定、数日後には、素の評判が徐々に登り始めたのです。

ポスト中川家と呼ばれている大阪で人気の「お笑い芸人ミキ」です。

しゃべくり漫才でこれまで数多くの賞レースで賞を受賞し、優勝、準優勝を数多く獲得しています。

そんなミキのネタといえば、テンポの良い漫才です。

見ていて飽きさせないネタは、まさに漫才師で、兄のトークが面白いのです。

芸人先輩からの評価もかなり高いんです。

バカげていなくて、普通の“怒り”を面白おかしく“しゃべりまくる”のです。

亜生さんも、トークがとてもうまく、先輩たちのなかでもしっかり笑いをとっていましたよね。

スポンサーリンク

ミキ(お笑いコンビ)の漫才は?

2つの漫才を示します。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

このハイテンションの“しゃべくり”は?

聞き逃したりしますので、耳を澄まして聞かなければならない

と思っていると引き込まれるのです。これが狙いなのですよね(笑)

◆ ミキ(お笑いコンビ)のプロフィール

◆ ミキ(お笑いコンビ)の漫才のおもしろさは、分かり易い?

◆ ミキ(お笑いコンビ)は今後人気急上昇する

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ