安部一二三・詩の家族は?父・母・兄まとめ!普通の家庭か?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

柔道グランドスラム東京が、12月2日行われて、

見事、安部一二三、詩のアベック優勝が達成されました。

兄より先に優勝を決めた妹の詩は、

「自分が優勝したら、(兄は)絶対優勝すると思っていたので。

(きょうだい優勝は)自分次第かなと思っていた」とにっこり。

兄・一二三は、

「妹のあの柔道を見て、気持ちがより一層高まった。刺激し合って強くなっている感じがした」

と“きょうだい愛”を披露。

「一緒に優勝できたので。2人の目標をとりあえず達成できました」と笑顔を見せていた。

この驚異的な家庭はどんなのでしょうか?Wiki風プロフと父・母に

早速、迫ってみました。

スポンサーリンク

安部一二三のwiki風プロフ

◆ 名前:安部一二三(あべひふみ)

◆ 生年月日:1997年8月9日(20歳)

◆ 出身地:兵庫県神戸市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:167㎝

◆ 学歴:日本体育大学在学中

◆ 職業:柔道家(三段・66kg級)

 

◆ 家族:両親、兄、妹(詩)

◆ 所属:日本体育大学

◆ 得意技:背負い投げ、袖釣込腰、大腰

◆ 憧れの人:野村忠宏

◆ きな言葉:「努力は天才を超える」

一二三という名前は「一歩一歩進んでいってほしい」という両親の思いから名付けられた

試合前に赤パンツを履くのが子供の時からのルーティンとなっている

2020年の東京オリンピックに妹の詩と兄妹代表になれば

同じ日の試合に出場することになるので、兄妹同時金メダルの獲得を狙っている。

さらには憧れである野村が達成したオリンピック3連覇を上回る

4連覇を目標に掲げている。

安部一二三の獲得メダルは?

◆ 世界柔道選手権(66kg級)

・2017年:ブタペスト・・・金

◆ グランドスラム

・2014年:東京・・・・・・金
・2016年:チュメニ・・・・金
・2016年:東京・・・・・・金
・2017年:パリ・・・・・・金
・2017年:東京・・・・・・・金

◆ 世界ジュニア

・2014年:フォートローダーテール・・銀

◆ 世界ジュニア団体

・2014年:フォートローダーテール・・金

◆ ユースオリンピック

・2014年:南京・・・・・・金

◆ 世界カデ

・2013年:マイアミ・・・・・銀

◆ アジアユース

・2012年:台北・・・・・・・・金

安部詩のwiki風プロフ

◆ 名前:安部詩(あべうた)

◆ 生年月日:2000年7月14日(17歳)

◆ 出身地:兵庫県神戸市

◆ 血液型:B型

◆ 身長:158㎝

◆ 学歴:夙川学院高校在学中

◆ 職業:女子柔道選手

◆ ジャンル:女子52kg級(初段)

◆ 家族:父・母、兄2人、一二三は66kg級世界チャンピオン。

◆ 所属:夙川学院高校

柔道は5歳の時に兄に続いて兵庫少年こだま会で始めた

小学校4年の時から指導を受けていた松本純一郎が柔道部監督を務める

夙川学院中学に入学すると、小学生までとは違って練習にも

真面目に取り組むようになり、めきめき力を発揮したのです。

安部詩の獲得メダルは?

◆ グランドスラム(52kg級)

・2017年:東京・・・・・・・・・金
・2016年:東京・・・・・・・・・銀

◆ グランプリ

・2017年:ヂュッセルドルフ・・・金

◆ 世界ジュニア

・2017年:ザグレグ・・・・・・・金

スポンサーリンク

安部一二三・詩の両親や兄も柔道の選手?

阿部一二三選手のご家族には、父親・母親・兄・妹がいるようです。

ご両親は柔道経験者ではないのですよ!

2歳年上のお兄さん(22歳)は、かつて柔道をやっていましたが

小学校のときにやめているようです。

お父さんは、消防士、お母さんは、喫茶店の経営しているようです。

スポーツ選手のご両親は、スポーツ選手や、コーチであることが多いそうです。

今や無敵ともいえる阿部一二三選手の強さの原点はどこにあるのでしょうか。

調べてみましたら、小学生のときに父親と一緒に行ったトレーニングで培われたと言われています。

小学3年生のとき、試合で女の子に投げられて負けたのが悔しくて、

お父さんとトレーニングを本格的に始めたそうです。

負けた悔しさが、一二三君を動機付けたようですが、

リオ五輪にも選ばれなかったことが、やはり燃えさせたようです。

重さ3kgのメディシンボールを近所の公園で、前後・左右に投げることによって

体幹の筋肉を鍛えたそうです。

この運動は、体にある様々な筋肉の鍛錬に効果があったようです。

ですから、体幹の筋肉を鍛えるというのは、理にかなっていると言えるでしょうね。

一本背負いなどは、よほどの筋肉がないと、

防いでいる相手を投げるのですから並大抵のことではないのです。

小さな頃からの努力が、今の阿部一二三選手の強さを生み出しているんですね!

1本勝ちにこだわるのは、小学生時代の恩師の教えに、

「相手がどんなに大きくても、どんなに強くても奇襲戦法や

姑息な手段を指示せず、正面から立ち向かえ」

という教えを頑なに守っているのです。

ちなみに、試合の日は小学生のときからの縁起担ぎで赤の勝負パンツのようです!

まとめ

いかがでしたか?

東京オリンピックでは、兄・妹が揃って金メダルを取る光景が楽しみですよね!

◆ 安倍一二三選手は、勝手の野村選手を思い出させる“一本”勝をする。

◆ 東京オリンピックの金メダル有力候補

◆ 妹の詩さんも東京オリンピックの金メダル有力候補

◆ 父・母の柔道経験はなかった。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ