長澤まさみキャバレー画像が評判だ!映画完成披露で大胆発言とは?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

女優の長澤まさみ(30)が27日、都内で行われた主演映画「嘘を愛する女」

(来年1月20日公開、中江和仁監督)の完成披露に出席した。

高橋一生の大胆“指グイ”シーンに感服「いい意味で遠慮ない」

と、感想を述べたのですが、長澤まさみの主演「キャバレー」の演技と

比較すると、また意味が違ったシーンが想像されるのです。

果たしてどうなるのでしょうか?

「キャバレー」の画像から「嘘を愛する女」の演技と“高橋一生の指入れ”

を想像してみましょう?

早速、迫ってみました。

スポンサーリンク

長澤まさみのwiki風プロフ

◆ 名前:長澤まさみ(ながさわまさみ)

◆ 愛称:まあちゃん、まっさん、がっさーわ

◆ 生年月日:1987年6月3日(30歳)

◆ 出身地:静岡県磐田市

◆ 血液型:A型

◆ 身長:168㎝

◆ 学歴:堀越高等学校卒業

◆ 職業:女優

◆ ジャンル:テレビドラマ、映画、CM

◆ 活動期間:2000年~

◆ 家族:長澤和明(父・サッカー指導者(ジュビロ磐田初代監督))

◆ 所属:東宝芸能

第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、

35,153人の中から2000年1月9日に当時、

史上最年少の12歳(小学6年生)でグランプリに選ばれ、芸能界入りした。

2000年公開の『クロスファイア』で映画デビューしました。

2002年にはNHK連続テレビ小説『さくら』に出演。

父・和明は、元サッカー日本代表MFで、2014年からは北越高等学校サッカー部監督です。

スポンサーリンク

長澤まさみの「キャバレー画像」とは?

2017年1月11日、長澤まさみ主演のミュージカル「キャバレー」が開演したのです。

「キャバレー」は、1929年のドイツ・ベルリンのキャバレーで、

ダンサーとして働く主人公サリーと、アメリカから来た駆け出しの作家クリフとの悲恋を描いた作品です。

同作は1966年に米ブロードウェーで初演され、トニー賞6部門受賞の名作です。

72年に映画化され、米アカデミー賞8部門を獲得し、

世界的にヒットした。22日まで同所で上演され、

神奈川、大阪、宮城、愛知、福岡の6都市を回ったのです。

スポンサーリンク

長澤まさみの「キャバレー」の大胆さは“指入れ”以上だった?

 

 

撮影での高橋の印象を問われた長澤が「遠慮がないなと思いました」と一言で表現すると、高橋は苦笑い。

その真意について長澤は、

「高橋さんから口の中に手を入れられて開かれるシーンがあるんですけど、

遠慮がないな、すごいなと思いました」

と笑顔を見せながら説明し、

「遠慮があると相手との距離が変わってきちゃうもの。

でもすごく深い関係にある設定だったので、

いい意味で(高橋は遠慮がなくて)ここから来るんだって感じでした」と振り返った。

“ここから来るんだ?”とはどういう意味なのでしょうか?

長澤まさみさんのキスシーンもかなり濃厚です?

ここからどのようなことを想像したのでしょうか?

真意は、本人のみぞ知る(?)ですか!

聞いてみたいものですね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

演技派の長澤まさみさんが表現すると、

その意味は過去の演技の延長を想像してしまいます。

◆ 長澤まさみさんのプロフィール

◆ 長澤まさみさんは、「キャバレー」で濃厚なキスシーンがあった

◆ 高橋一生さんの演技に“遠慮がなくて”と表現した。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ