モンゴル互助会の会長は?八百長(注射相撲)がウミか?貴乃花親方の狙いは?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

日馬富士関の暴力問題は、日馬富士横綱が“引退”することで、

一件落着と思いきや、貴乃花親方の言動や、白鵬横綱の“ウミ”を出し切って

との発言が問題になっております。

ここで、貴乃花親方の言動の真意は、モンゴル力士の仲良しクラブ親交に

起因するという発言が出てきました。

また、週間新潮は、モンゴル力士たちの親交と八百長(注射相撲)の存在を

指摘しました。

早速、相撲協会は週刊新潮に抗議文を手渡しました。

日馬富士問題から、貴乃花親かとの言動、モンゴル力士互助会の親交へと

問題が発展してきました。

何が起こっているのでしょうか?

早速、迫ってみました。

興味ある記事は以下にもあります。

日馬富士関の引退勧告必至!理事会の動きと過去の処罰のランクをまとめた!の記事はコチラ

日馬富士が使った凶器は何か?ビール瓶ではなくリモコンと白鵬が証言!の記事はコチラ

スポンサーリンク

モンゴル力士互助会とは?

モンゴル互助会とは、

モンゴル人力士で構成される組織で、旭鷲山関が現役時代に立ち上げたものです。

目的は、信僕はもとより、ならない日本での生活に以下にして慣れるか?

強くなるためにはどうするかなど、力士の悩みなどをフォローし、

地位向上を目指すというものなのです。

しかし、貴乃花親方は、以前からなれ合いになることを警戒し、

参加には制限してきたのです。

やはり、そこには

◆ 星の借り貸し(八百長)

が行われていたという野が見受けられたのです。

現在の会長は、白鵬関で「モンゴル互助会」は、正式には存在せず、

秘密結社みたいなものなのです。

詳しくは、下記のサイトにあります。

⇒モンゴル互助会の会長は誰?貴ノ岩と八百長(注射相撲 )

日馬富士暴行事件の背景には?

今回の事件を読み解く上で最も重要なのが、被害者の貴ノ岩関は、

貴乃花親方の指導もあり、一切八百長をしない

「ガチンコ力士」

だったというのです。

「貴乃花親方は、貴ノ岩が入門したころから

“今までにないモンゴル力士を育てたい”ときたいしていた。

また、貴ノ岩も“汚い相撲は取らない”と公言していたのです。」

このことが今回の事件の伏線になったというのです。

モンゴル人力士は八百長のことを「ナイラ」というそうで、モンゴル語で

勝負事における談合を意味するのです。

貴ノ岩関は負け越した時などは、

“俺はナイラはやらない”

“俺には人に知られて恥ずかしいことは何もない”

と大声で言っていたこともあるそうです。

日馬富士関が

「後輩を指導するのは、先輩の役目だと思っている。」

と暴力を振るったことは悪いが、自分に使命感から貴ノ岩関を

諫めたと言っているが、“態度が悪い”と思うか思わないかは、

仲間意識があるかないかでもあるのです。

常々、“コイツを説教しなければならない”と思っていたのでしょうね!

スポンサーリンク

貴乃花親方の真意は?

貴乃花親方の貴ノ岩関への暴行事件を警察沙汰にしたのは、

「誰が加害者で、誰が被害者かを明らかにする必要がある」

と親方が言っておりましたが、

実は、「モンゴル互助会」という組織を殲滅するためだったのです。

と、週間新潮は主張するのです。

貴乃花親方が早々に警察を介入させたのは、

「貴ノ岩関が警察の聴取に対して“八百長”“ガチンコ”と言う言葉を口にすれば、

供述調書という公的な書類に残される。

公になれば、協会の八角理事長も動かざるを得なくなる。

貴乃花親方の狙いがそこにある。」

現役時代は、ガチンコ相撲を貫いた貴乃花親方の「八百長嫌い」は、

徹底しており、八角理事長との対立もそこにあるのです。

ここまで発展すると、国技である日本相撲の大問題になるし、

貴乃花親方は、以前には理事に事態も申し出たことがあり、

理事を辞することにはチュ著しないでしょう!!

相撲協会の分裂にまで発展し、第二の日本相撲の会が出来るかもしれません?

週刊新潮は、モンゴル力士同志の「星の借り貸し」の検証をいくつも上げております。

モンゴル力士が上位を占有し、横綱が3人と優勝候補力士が多いほど、

星の貸し借りは容易になるのです。

白鵬関が40回目の優勝時の挨拶で、いみじくも

「真実を話し、ウミを出し切って・・」

と言ったのは、まさにこのことだったのでしょうか?

どう展開するが目を離せません!

まとめ

いかがでしたか?

まだまだこの問題は奥が深く長引きそうです。

◆ モンゴル人力士には親睦会がある

◆ 八百長“ナイラ”が行われている。

◆ 貴乃花親方の戦略は、相撲の悪弊を断ち切りたいと思っている。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ