宮根誠司の子供の学校はどこ?小学校や幼稚園は市立の名門?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

都内の小学校の受験が行われて、合格が発表されております。

ほとんどが、11月上旬には合格発表となっているようです。

芸能人も同様ですが、宮根誠司氏の娘さんも来春小学校入学予定で、

合格されて、お母さんと都内に移住することが分かりました。

文芸春秋でも“隠し子”問題で話題を呼んでおりますが、

宮根氏の娘さんは、どこの小学校に合格されたのでしょうか?

早速、迫ってみました。

関連記事は以下にもあります。

宮根誠司の嫁・まゆみは韓国人?年齢や経歴についても調査してみたの記事はコチラ

宮根誠司隠し子で謝罪!不倫相手のA子の年齢や名前は?の記事はコチラ

スポンサーリンク

宮根氏の奥さんとお嬢さんは?

現在の奥さんとは、2006年に再婚されており、8歳年下です。

初婚では、お子さんが二人おり、現在は、13~24歳くらいになります。

お互いがバツイチで2回目の結婚になります。

現在の奥さんにはお1人です。

6年前には、“隠し子”が暴露されて、謝罪しております。

今年の十月になって、彼と現在の奥さんが、四国の父親の元を訪れ、

彼の奥さんが、

「こんなことになってどうしてくれるんだ」

と、詰問口調で父親を攻め立てたそうなのです。

テレビで見る宮根氏の考えでは、このような行動を許すはずがないのに

どうしてこのような遠藤を行ったのでしょうか?

“隠し子”騒動以降、奥さんには厳しく諭されて、

宮根氏は謝罪し、男権はほぼなくなり奥さんの言いなりになっているようです。

御子さんは、2018年には小学校1年生になります。

どこの学校を選ぶかは、教育熱心な奥さんの一存で決められているのでしょう!

幼稚園の送り迎えが少々離れていたため、近くにマンションを購入したほどです。

かなりの美女のようですが、性格は、さっぱりしていて細かいことには

気にしない姉御タイプと言われております。

“隠し子”騒動以来、依然とした態度で、夫を諭したと言われております。

様々な理由がおありでしょうが、東京の私立小学校を選んだのですね!

娘さんの実力もさることながら、自立心の養育にも一躍買っているのでしょうか?

スポンサーリンク

宮根誠司氏は娘の小学校合格で別居か?

別居報道が出て、またまた“不倫か?”と騒がれましたが、

今回の理由は明白で、お子さんの東京都内の小学校合格で、

2018年4月からその小学校に通うためです。

なぜ東京の小学校課は、一重に奥さんの思惑で、知るすべがありません?

芸能記者は、

「東京の小学校に入れることは、奥さんのたっての希望でした。

このまま関西のお嬢様学校に入ると甘やかされ過ぎると懸念して、

東京の名門私立小のほうが娘の自立心を養えると考えたようです」

との情報もあります。

◆ 女癖の悪い宮根氏に愛想をつかした(?)

◆ 子供が大きくなったので、宮根氏に尽くすよりこれからは子供に主力を注ぐ(?)

◆ 大阪にいては“隠し子”の噂がひろがり子供への影響を心配した(?)

◆ 大坂にいては、前妻、宮根氏の他の3人の子供とのかかわりを断ちたい(?)

等々、推定しただけで4つぐらいはすぐに思い立ちますが、

奥さんの思いはもっともっと深く複雑でしょう!

心配なのは、宮根誠司氏の“女癖の悪さ”です。

別居鵜をいいことに、また夜遊びをし遊び始めることでしょう!

スポンサーリンク

小学校はどこか?

その宮根誠司さんの娘の小学校について調べて見たんですが。
全く、娘さんの都内の有名私立小学校について見つかりませんでした。

都内にある私立小学校から予想を試み調べてみましたが、

たくさんありすぎて分かりませんが、奥さんの性格から

かなり上を狙ったのではないでしょうか?

都内の名門私立小学校「御三家」というと、

「青山学院初等部」

「学習院初等科」

「慶應義塾幼稚舎」

主にこの三校が挙げられるようです。

「慶應義塾幼稚舎」じゃないかと推定する方もおられますが、

いずれ、お住まいが分かれ、当然その近くなのでわかるはずです。

それまで待った方が、変な邪推をするよりましですよね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

何かと話題の多いミヤネ誠司氏ですが、ゴシップ報道にも負けず、

健在で活躍できる不思議な特性の持ち主でもありますね!

◆ 宮根誠司氏は再婚で、これまで“隠し子”含め4人の子供がいる。

◆ 現在の奥さんには頭が上がらず、いわれるがままです。

◆ お子さんは東京の小学校に入学し転居します。

◆ お子さんの小学校は転居先が分かれば明らかになる?

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ