宮根誠司隠し子で謝罪!不倫相手のA子の年齢や名前は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

宮根誠司氏には、「女性セブン」による“隠し子”騒動が暴露されて、

認知し、謝罪した経緯があります。

その後も、お堅いニュースから不倫問題まで関西弁で切り込む「昼の顔」

が人気ですが、6年前の謝罪後、鳴りを潜めていた不倫相手のA子さんが、

宮根氏の“嘘”と“ある行動”に許せないと週刊文春に告白したのです。

許せないある行動とは何でしょうか?

早速、迫ってみました。

宮根氏の無視の記事は↓↓をクリックしてください。
宮根氏が完全無視にネット騒然?(12月3日・追記)

関連記事は以下にもあります。

宮根誠司の嫁・まゆみは韓国人?年齢や経歴についても調査してみたの記事はコチラ

宮根誠司「ミヤネ屋降板」フジ新番組に電撃移籍へ!何故?何があった?の記事はコチラ

スポンサーリンク

宮根誠司隠し子で謝罪!したのに父親に談判とは?

6年前に“隠し子”画暴露されて認知し、謝罪したのは有名な話で、

テレビの出演している方々の中にはこのような例を見ません?

ましてや、自分がMCを務める番組内で謝罪したのです。

A子さんには何も言わずに、何年も交際し、子供を産ませ、その陰では

ちゃっかりと別の女性と結婚し、再婚までしているのです。

A子さんは、四国から島根県太田市まで十数時間かけて実家へ車で趣き、

お母さんに隠し子を合わせ、

「孫の顔を見られてうれしい」

と喜んでいただいたのです。

お母さんからは、週に2回ほど電話がかかり、無地を確認し合っていたのです。

今年の十月になって、彼と現在の奥さんが、四国の父親の元を訪れ、

彼の奥さんが、

「こんなことになってどうしてくれるんだ」

と、詰問口調で父親を攻め立てたそうなのです。

宮根氏は横で何も言わず黙り込んでいたらしいのです。

突然のことで、お父さんの困惑し、「孫が大きくなるまで守っていくだけです」

と、精一杯の答えを述べたのです。

9年たってA子さんは初めて知り、怒りが込み上げてきたのです。

2007年に宮根氏が謝罪に来た時には、お父さんは怒らず、

「頑張らなあかん」

と宮根氏を励ましたほどだったのです。

宮根氏と奥さんの行動は、父の優しさを踏みにじる行為で憤懣やるかたなしなのです。

今年の10月23日にはホtルで会い、

「奥さんに私と父に謝ってほしい」

と伝えると

「(その時のことは)どうだったか、細かいことは覚えていない」

と話をそらしたそうです。

公表することを伝えると、

「僕は全然、腹を括るので公表しても良いです。仕事がなくなって、

社会的に叩かれるかもしれないけど、甘んじて受け入れる。」

「でも、二年後くらいにまた復帰する」

とまで言い切ったそうです。

隠し子の娘さんは、9歳になりました。

A子さんは“隠し子”のイメージを払拭したい!

父に失礼な言葉を浴びせてことを、彼と奥さんに謝罪してほしい!

と願うのです。

「どんなことをしても一生償います!」

と、かつては言っておりなにがしかの行動をしなければならないと思います。

浮気・不倫者を切るばかりではなく、自分の足元をきちんと整理して、

テレビの前で、厳しい意見・感想を述べてほしいものです。

スポンサーリンク

宮根誠司の不倫相手のA子の年齢や名前は?

報道の内容を見ると、宮根誠司氏は酷すぎますよね!

2004年に出会って数年交際し、結婚・再婚しても続いていた層なのです。

不倫相手のA子さんは完全に影の人として扱われたのです。

不倫相手の女性(A子さん)についてわかっていることはあるのでしょうか?

四国出身は分かっております。

A子さんの勤務地は、大坂・北新地のクラブです。

韓国人との情報がります。

顔画像や2ショット写真もあったのですが、モザイクがかかり判然としません?

宮根誠司氏のスキャンダルとなるとかなり注目を集めると思います。

目が離せませんね!!

宮根氏が完全無視にネット騒然?(12月3日・追記)

 

いつも歯切れのいいコメントで、MCを務め人気もある宮根さんですが、

この度はなんとも”歯切れが悪く”ネットが騒然としております。

「昨年1月に起きたベッキーの“ゲス不倫騒動”以来、

『ミヤネ屋』では芸能人や政治家の不倫を散々イジってきたのに、

自分の問題を黙殺するのでは“キャスター失格”と言われても仕方がない。

説明責任があるのでは!?」

と芸能プロ関係者は首をひねる。

ただ、このタイミングで5年前の“隠し子騒動”が蒸し返されたのも奇妙ではある。

背景には1か月半前の、文春の“空砲”があるとみられる。

10月19日発売の文春で宮根は「来年3月末で『ミヤネ屋』を降板する」と報道されると、

すかさず同日の「ミヤネ屋」で「4月以降もやらせていただく」と笑って否定した。

「この対応に文春は激怒。1か月前から“隠し子騒動”を調べ始め、

A子さんに接触を図り、反撃の好機をうかがっていた。

宮根にとっては意趣返しされた格好だ」

と出版関係者は明かした。

一方で「宮根側はA子さんが騒動を蒸し返してきたことに首をかしげているようで、

反撃に出る可能性も否定できない。

過去に宮根の事務所は、記事内容が事実無根で名誉毀損に当たるとして、

スキャンダル月刊誌を提訴したこともあるしね」

しかし、今回に記事は、A子さん自身の言葉なので、宮根氏には勝ち目はないのです。

四国まで行って”父親に談判した”事実は消えないのです。

苦境に立たされるのは目に見えております。

業界内では「宮根はこのまま沈黙を貫く」との見方が強いが

「降板を報じられた時はすぐ否定したのに、隠し子問題はスルーし続けるのは何とも不自然」

との声が出ているのも事実。

蒸し返された隠し子の話題が大きくなれば、宮根のイメージダウンは避けられない。

まとめ

いかがでしたか?

宮根氏が奥さんと四国のA子さんの父に談判したことは、

常識では考えられない行動です。

テレビで厳しいことを言うミヤネ氏には考えられません?

◆ 宮根氏の奥さんがA子の父に談判をした

◆ A子は、これに謝罪してほしいと願っている。

◆ A子さんの情報は、四国出身で、韓国人らしい

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ