栄和人強化本部長 事故隠蔽が発覚?重大事故の実態は?責任は?【文春砲】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

今年9月に行なわれた男子レスリングの強化合宿で、

東京五輪での活躍が期待される学生選手が重大事故に見舞われていたことが

「週刊文春」の取材によって明らかになりました。

しかし、栄和人強化本部長 事故を隠蔽し、隠し続けているのです。

いったい何が起こっているのでしょうか?

早速、迫ってみました。

関連記事は以下にもあります。

栄 和人は韓国人か?再婚相手は生徒だった?子供も生徒か?の記事はコチラ

スポンサーリンク

事故発生の経緯は?

事故にあったのは拓殖大学3年の谷口慧志選手(21)です。

合宿3日目の9月13日、世界選手権に出場した有力選手とのスパーリングでの出来事だったのです。

目撃者によると、

「2人が組み合った状態から、相手選手は谷口君の脇下をくぐって腕をロック。

その状態のまま、身体を反らし、谷口君を後方に投げた。

2人そろってマットに倒れたのですが、谷口君は受身を取れず、頭から落ちました」

というのです。

現在も谷口選手は入院生活を余儀なくされているのです。

激しいレスリングのことです。多少の事故は発生しても不思議ではありません。

問題は、その後ン処置がどうであったかなのです。

怪我の状態は、

「頚椎損傷の重傷です。

なんとか一命を取り留めたものの、首から下が自力で動かせない。

車椅子に乗ることを目標にリハビリに励んでいる最中と聞いています」

とチームメイトは話すのです。

残念なことに、今後の生活に影響が出てしまいました。

ご父兄もさぞかし心配されたことと思います。同情を禁じえません!

だが、栄和人強化本部長をはじめとした協会幹部はマスコミに事故を公表していないというのです。

栄氏は周囲に対し

「面倒なことになったから強化本部長を辞めたい」

と漏らしているという。

 

その様な表現の前に責任者として、やらなければならないことがあるのではないでしょうか?

栄氏といえば吉田沙保里、伊調馨ら何人もの金メダリストを育てた

「スキンヘッドの名伯楽」として知られる方で、長期間に渡る指導者なのです。

スポンサーリンク

レスリング指導者・栄和人氏は?

レスリング協会は、事故の内容を公表し、『事故防止対策は十分だったのか』

など検証する責任があるはずです。

このようなスポーツに葉避けて通れない危険性が潜んでいることは、

誰でもが十分知っての行動なのです、

謙虚に、調査に応じ検証されるべきです。

栄氏は取材に対し

「誰からこの話を聞いたんですか?責任のなすり合いなんてしてないよ。

俺が隠しているって?そこまで言う人は少ないんだけどな」

と事得たそうですが、何か他人事のように聞こえるのは私だけでしょうか?

栄強化部長の弁解も十分聞いてあげる必要もあると思います。

まとめ

いかがでしたか?

栄本部長を陥れようとは思いません!

スポーツの特殊性を理解し、責任のある説明が麻央留められます。

◆ 谷口選手が頚椎損傷の重傷を負い、車生活になった

◆ 栄強化本部長は、十分な説明をしていない。

◆ 隠蔽はしていないが、説明が不十分である。

◆ 今後、協会内で:事故の対応など究明される。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ