貴ノ岩の所在不明は貴乃花親方の陰謀だ?池坊議長の苦言は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

日馬富士関の暴力問題は、ますます混迷を深めております。

日馬富士は、相撲界から去らなければならなくなりそうです。

これには、貴乃花親方の“思惑”が大きく影響しております。

なぜ、貴ノ岩は行方をくらましているのでしょうか?

そのナゾに迫ってみました。

関連記事は以下にもあります。

日馬富士の事件は派閥争いが遠因だった?朝青龍と白鵬がかばうのは?の記事はコチラ

日馬富士 逮捕・引退&各界追放か?過去の暴力と横綱が辞める条件は?の記事はコチラ

スポンサーリンク

貴ノ岩関は貴乃花部屋にいる?

貴ノ岩の所在が不明で相撲協会の危機管理委員会による事情聴取が妨げられている

と報じたが、相撲取材歴30年の横野レイコリポーター(55)は

「貴乃花部屋にいるはず。いなきゃおかしい。多分部屋にいるはずです」

との見解を示した。

また、沈黙を続ける貴乃花親方について横野リポーターは

「答えないんだと思います。外に明るみに出して戦うという姿勢が協会内では見えている。

聞いてもお答えにならないですし、接点がない状態」

と解説した上で、

「協会員ですし、理事なのでこの混乱で話し合っていかないと解決しないし、

調査委員会の調査に協力してもらいたい」

と提言していた。

本来の役目(理事、巡業部長)がある以上、速やかに真実を相撲協会に提出し、

穏便に解決し、相撲協会やファンへお説明責任を果たすのが筋なのですが、

それが実行されていないのです。

スポンサーリンク

貴乃花関の陰謀とは?

貴乃花関は相撲協会の理事であり、巡業部長という役目も持っておりますが、

日本相撲協会への誓約書を提出していなのです。

これは、2014年の本相撲協会は“公益財団法人化”が認められているのです。

【誓約書】

◆ 協会の公式行事への参加を義務付け

◆ 不祥事などがあった場合、親方を通さず直接協会に伝えることが出来る

「内部通報制度」なのです。

これは教会内を風通しの良い組織にしようとするもので、

なぜ提出を拒んで反発するのでしょうか?

2007年の力士暴行し問題、2011年の八百長問題が発生し、

少しでも改善しようと、協会の理事の会合で決められたものなのです。

4横綱になって相撲人気も盛り上がってきたのですが、

稀勢の里は4馬首続けて休場し、鶴竜も2場所続け、日馬富士も辞める事態になれば、

またまた、1横綱になってしまいます、

危機的状況なのです。

スポンサーリンク

池坊議長の苦言は?

日本相撲協会評議員会議長の池坊議長は、

評議員ですから日馬富士を罰することは出来ないが

処分は理事会で親方たちが決めるのです。

理事会の上に位置し、理事の解任の権限は持っているのです。

評議委員会は、貴乃花の行動によくは思っていないのです。

理事であり、巡業部長としての役割を果たしていないことに、苦言を呈したのです。

評議員・理事会のメンバーは以下の通りです。

評議員:池坊康子議長、海老沢勝二氏、千家尊祐氏、小西彦衛氏、大竜、雅山、大徹の7氏。
(理事の選任・解任など重要事項を決める権限を持つ)

理事会:八角信芳理事長、尾車浩一氏、貴乃花光司氏、鏡山昇司氏、伊勢ケ浜正也氏、
二所ノ関六男氏、境川豪章氏、春日野清隆氏、出羽海昭和氏、
山響謙司氏

白鵬関の言動は?

同席者の証言は、21日に事情聴取されて牡蠣らかになりました、

白鵬関:「ビールビンだは殴っていない、持ったが滑り落ちた」

日馬富士関:「素手・カラオケのリモコンで殴った」

貴ノ岩関:「固い物で殴られたが目を閉じていた」

同席者:「ビール以外の瓶で殴った」

と各人の証言は異なっているのです。

白鵬関は「ビールビンでは殴っていない」と証言しておりますが、

事実が異なった場合は、全くお咎めがないですむかが心配なのです。

“焼酎のビン”という情報もあり、ここで“ビン”が共通のキーワードになるのです。

思惑が錯綜して、本当のとこルが不明なので、将来を見据えて“真実は何か”

を究明することに協力を求められます。

まとめ

書類送検されましたので、起訴になるかは今のところは不明です。

ポイントは、リモコンなら“不起訴の可能性”もあり、

ビールビンなら“略式起訴で罰金刑”もあるのです。

示談の成立も影響して来るので、現段階では判断できないのです。

示談するかしないかも貴乃花親方が握っているのです。

◆ 貴乃花親方に葉、何らかの魂胆がある?

◆ 貴乃花関は、職務を全うしていない。

◆ 同席者の証言が異なっている

◆ 評議員会議長は、貴乃花親方の毛言を呈した。

◆ 書類送検され、何らかの処分がある。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ