二宮生憲(さくら住宅社長)のwikiプロフィール!経歴や年収は?【カンブリア宮殿】

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

家のちょっとした困りごとを快く引き受けることで地域住民に愛され、大口受注に繋がる。

そうして18年連続で黒字を達成しているリフォーム会社・さくら住宅の社長・二宮生憲さんが

6月23日の【カンブリア宮殿】に出演されます。

それに先立ち、社長・会社の考え方に迫ってみました。

スポンサーリンク

二宮生憲(さくら住宅)のWiki風プ

● 名前: 二宮正憲(にのみやたかのり)

残念ながら、社長・二宮正憲さんの情報はありませんでした。

⇒さくら住宅ブログはコチラ 

会社設立からわずか19年で、18期連続黒字という大台を突破し、会社の成長に大きく貢献した方で、

人を大切にする経営学会第2回全国大会や浜松商工会議所経営サポート部会で公演を実施しています。

次の会社紹介で、人となりを見て見ましょう!

さくら住宅の会社紹介

さくら住宅

⇒「さくら住宅ホームページ」http://www.sakura-jutaku.co.jp/

平成9年6月1日に設立された資本金が、9,600万円の小さな会社です。
住所は、〒247-0035 横浜市栄区桂台西2-4-3で、鎌倉、平沼、逗子、藤澤に支店があります。

 

会社案内の最初のキャッチフレーズは、

さくら住宅-3
「さくら住宅は建築とインテリアのプロです」

暮らしの中でいつも不便に感じている。

「 ほんのちょっと、変えるだけで良くなるのに…」

そんな不満をそのままにしていませんか?

から始まっており、建築は勿論ですが、リフォームを主眼としております。

“社長あいさつ“では、

「手間を惜しんでは、お客様は来てくれない」

「弊社は何よりも「工事の質」を重要視致します。」

このことを大きくアッピールしております

“企業理念”企業であれば当然ですが、ここでも、“リフォーム”を強調しております。

「リフォームを通じて社会のお役にたつ会社になる」

“さくら住宅の目標”では、はっきりと“日本一”と強調しております

「リフォームをお願いしたい会社の日本一を目指す」

社員一丸となって、社長の指導も相まって実績を着々積み上げておらえます。
さくら住宅-リフォーム合同会議

 

 

スポンサーリンク

さくら住宅の所在地は?

⇒「さくら住宅ホームページ

平成9年6月1日に設立された資本金が、9,600万円の小さな会社です。

住所は、〒247-0035 横浜市栄区桂台西2-4-3で、鎌倉、平沼、逗子、藤澤に支店があります。
さくら住宅地図

さくら住宅の表彰実績は?

輝かしいのは次に2つです。

① 2015年3月:「第5回日本でいちばん大切にしたい会社」の『審査委員会特別賞』受賞した。
人を大切
この賞は、日本経済に、日本のすべての働く人に、本当の活力を生み出すために、

「正しいことを、正しく行っている企業」

を表彰するものです。
さくら住宅-1

団体名: 人を大切にする経営学会 で、設立:  2014年9月23日です。

会長は、法政大学院教授の坂本 光司さんです。

顧問4人、副会長が5人、常任理事が20人、理事が25人という大所帯です。

② 経済通産省「平成26年度先進的なリフォーム事業者」として表彰されました。

 

さくら住宅-2

これは、

通産省表彰

「消費者の住まいに関する多様なニーズなどに対応し、独自のビジネスモデルで差別化された強みを

有する事業者を「先進的なリフォーム事業者」として選定し、取組をベストプラクティスとして発信

することを通じて、事業者の見える化を図るとともに、リフォーム市場全体の発展につなげることを

目的として、先進的なリフォーム事業者表彰(経済産業大臣表彰)を平成26年度に創設しました。」

今年は2年目となるそうです。今年は17社が選ばれました。

まとめ

神奈川県に5店舗展開するリフォーム会社「さくら住宅」は、

電球の交換や障子の張り替えなど、家のちょっとした困りごとを快く引き受けることで

地域住民に愛されている。

飛び込み営業はせず、客の7割がリピーター。

小さな補修工事を丁寧にこなすことが、大口のリフォーム受注につながり、18年連続の黒字経営を達成。

地域住民を幸せにする、住まいづくり宇を実践されて、業績を伸ばし、

表彰されて注目が集まっております。

今後、このような会社にみなさんがお世話になる事でしょう?

【カンブリア宮殿】ではどんなことを話すのでしょうか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

関連記事はコチラ