小出雄二(桃屋社長)のwiki風プロフとと製品や口コミは?家族・年収も調査!

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

【カンブリア宮殿】㋅30日(10時)では、

「ごはんですよ!」や「味付ザーサイ」など、37ある桃屋の商品の半数が昭和生まれのロングセラー。

“嫌になるくらい製法にこだわる”という桃屋の“良品質主義”に迫る!

として、小出社長が出演されます。

「ごはんですよ!」や「味付ザーサイ」など多くの家庭で食べられる桃屋の商品。

37の商品のうち半数が昭和生まれのロングセラー。

「花らっきょう」は発売後95年が経つ。

これほど支持される裏にあるのが「嫌になるくらい製法にこだわる」という桃屋の“良品質主義”。

ザーサイは1年発酵させてから瓶詰めし、佃煮用に良い青のりを提供しようと

異物を取り除く“青のり洗浄専用工場”まで建ててしまう。

小瓶に隠されたこだわりと社長・小出雄二さんに迫ります。

スポンサーリンク

小出雄二のWiki風プロフ

桃屋 (2)

● 名前:小出雄二(こいでゆうじ)

● 生年月日:

● 出身地:栃木県真岡市

● 学歴:慶応義塾大学商学部卒業

1985年に大学を卒業しておりますが、最初は、味の素に入社したのですね!

小出孝之前社長の(現会長)の娘婿なのですね!

若くして何か光るものがあったのでしょうね!ゆくゆくは自分の跡継ぎにすると

決めて娘を嫁がせていたのですよ!

可愛い子には旅をさせよとはよく言われますが、2011年に味の素を退職するまで、

じっくり学ばせた(?)あるいは手腕をじっくり見定めていた(?)のでしょうね!

現会長のしたたかな、育成術が垣間見ることができます。

桃屋の Wiki風プロフ

桃屋 (1)

● 名前: 桃屋株式会社

● 設立:1920年

● 出身地:東京都中央区日本橋

● 業種:食料品

● 事業内容:佃煮、海藻などの製造販売

● 代表者:代表取締役社長・小出雄二

● 資本金:19億667万円

● 従業員数:280(男・217名、女・63名)

● 決算期:9月

「ごはんですよ!」に代表される海苔製品や、その他漬物などを製造する食品メーカーであります。

⇒桃屋のCMガコレ!

ロックバンドの怒髪天、アイドルグループのももいろクローバーZもイメージキャラクターを

三木のり平の代わりに勤めている。

スポンサーリンク

桃屋の製品は?

◆ノリ佃煮と言えば、ごはんですよ。

◆ふりかけと言えば、のりたま。

◆食べるラー油と言えば、桃屋のラー油。

◆お茶漬けと言えば、永谷園。

と言われますが、

主なものを列挙しますね!

・江戸むらさきシリーズ・・

・江戸むらさき(オリジナル)-ロングセラー製品

・ごはんですよ!・・基幹製品

・青じそのり

・角切りのり(ごまラー油・甘辛カツオしょうゆ味)

・花らっきょう

・いか塩辛

・味付メンマ ー「支那竹」

・味付ザーサイ

・梅ごのみ

・からそうで辛くない少し辛いラー油・・

「2009年8月新発売。商品名が示すとおり辛味は控えめ。

「調理経験の余りない人を対象にした何にでも使える汎用性の高い調味料」

という商品コンセプトで開発された。
新発売以降、少しずつ売上を伸ばしていたが、2009年(平成21年)秋に

ロックバンドの怒髪天の増子直純を起用したテレビCMを放送したところ売上が

急上昇して品薄状態となり、ラー油分野のシェア(日経POS情報サービス調べ)が、

CM放送前の十数%からCM放送後の数週間で60%近くまで高まり、

状況を考慮してCMを一時的に自粛したがそれでも生産が追いかないほど、

同社の予想を遥かに上回る売上記録と購入者からの好評を得た[。

その後、増産体制で対応しているが、2010年(平成22年)前半においても

解消の目処が立っていないため、品薄状態が一部で継続している。

2010年(平成22年)3月24日の情報ライブ ミヤネ屋でも取り上げられた。

日経トレンディの「2010年ヒット商品ベスト30」では「食べるラー油」が1位となり、

また2010年(平成22年)ユーキャン新語・流行語大賞受賞においても

トップテンに「食べるラー油」が選出され、受賞者として桃屋社長が出席している。」

(出典:ウイキペディア)

<口コミ>

桃屋ー4

・「あれはやばいね、ご飯の上にかけて食べるとあまりにもウマイ。デブ好みの味で実にヤバい!!」

桃屋ー7

・カロリーが半端ないほど高く、100グラムあたり656kcal。

一瓶で110グラムあるので、一気に食べるとかなり危険なことになりそうです。

桃屋ー2

・底の方から透かして見たところ、フライドガーリックとフライドオニオンが

ぎゅぎゅっと山ほど詰まりまくっています。これはすごい。

桃屋ー5

・もうふたのギリギリまであふれんばかりの勢い。

ここにスプーンをつっこんでかき混ぜるわけですが、何かこう、ジャリジャリとした感触が

スプーン越しに伝わる感じ。

桃屋ー6

・一口目にかなりの勇気というか、覚悟が必要だったのですが、

実際に食べてみるとほとんど辛みがなく、ラー油などのうまみだけが取り残された感じ。

桃屋ー3

・大根の上にもかけてみたところ、実によく合う。和風な感じが引き立ちます。

味のインパクトを加えることができ、なおかつ素材の味を引き立てる調味料といった趣です。

桃屋ー8

・味付けを全くしていない卵焼きにもかけてみたところ、これも非常にマッチ。

シンプルな味付けになっているものとよく合う傾向が強いようです。

桃屋ー9

・価格は税込400円。スーパーでは358円で売っていました。

品切れになっている店舗とそうでない店舗の差はかなり激しいらしく、

 

その地域にこの商品を気に入った人が10人もいればあっという間に全滅するのは必至。

 

桃屋ー1

桃屋の“味”のこ心は?

 

桃屋 (1)

⇒ホームページはコチラ

「嫌になるくらい製法にこだわる」という桃屋の“良品質主義”

桃屋の企業理念には、お客様の立場に立って“良品主義”と“広告宣伝主義”を掲げております。

この“”宣伝主義が、何故ここで強調するのか(?)どこでも同じと思いますが、中味はありません(笑)

“いきで温かい・美味しく楽しい”「味」をお伝えするだけです。

変わり映えしませんねWW

ちょっと違うのが、“味を大切にする“ところで、「人の味」「生活の味」「文化の味」を謳い,「人とのお付き合いの味」にも言及しているのです

要するに社会生活の中で“味わう気持ち”を大切にするということらしいのです。つまり“桃屋流の味を大切にする”事に収れんすると謳歌しているのです。

まとめ

売上高が、概算で114億円、経常利益が8億円、当期利益は、4,5億円です。

社長の年収は、予想ですが5千万程度のようです。

桃屋の商品はどれも、納得するまで商品化しないというこだわりで、小出社長は

“嫌になるくらいこだわる”

という良品質主義についてカンブリア宮殿でお話をしてくれるそうです!

ちょっと違うのが、“味を大切にする“ところで、「人の味」「生活の味」「文化の味」を謳い,

「人とのお付き合いの味」にも言及しているのです。

どんな展開になるか楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

【関連記事はコチラ!】

スポンサーリンク

関連記事はコチラ