ネイリストHana4(はなよ)のwiki風プロフと経歴まとめ!年齢や本名、これまでの作品を紹介!【情熱大陸】

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。
A
サロンを持たないネールアーティスト“Hana4(はなよ)”サンが評判です。

【情熱大陸】で次の日曜日に紹介されます。

近年人気を集めている“ネイルアート”の新風を吹き込んだ“神”かかりの“Hana4”サンについて紹介いたします。
今回はこの4点について紹介いたしたく思います。

スポンサーリンク

Hana4(はなよ)のwiki風プロフ

hana4-3

◆ 名前:ネイルアーティストHana4(はなよ)、華世

◆ 生年月日:? 年月日(歳)

◆ 出身地:東京都

◆ 血液型:A型

◆ 身長:170㎝

◆ 学歴:青山学院女子短期大学芸術学科

◆ 職歴:ファッション誌エディターアシスタント→ネイルアート

◆ 活動期間: 2013年(独立)(フリーランス)~

◆ 家族:2009年2月20日・男児出産

◆ 製作著作:MBS(毎日放送)【製作協力】オルタスジャパン

◆ ブログ:Hana4  http://profile.ameba.jp/have-love–life425

・フリーランスとして活躍する一方、ファッション誌の撮影やセミナーの講師として飛び回っている。

好きな言葉は「継続は力なり」。

なんともアートとして最先端を行く彼女の言葉が、「継続は力なり」とは驚きました。

どこの世界にも通じるこの言葉が、“神”かかりを産んだ原動力なのでしょうか?

スポンサーリンク

Hana4さんには息子がいる?

Hana4さんのブログは、Amebaですが、そこのプロフィルがあります。

それによると、2009年2月に妊娠が発覚したのです。

旦那さんの情報は全くありませんので、結婚しているかどうかはわかりません?

出血や痛みなどがあり、点滴治療を12日間も継続し、2009年9月20日に予定より16日間も早く、

2480㌘のかわいい男児を出産しております。

幸せな毎日をこのように綴っております。

「息子がいて毎日、幸せ♥♥ 息子がいるから頑張れる♥ 息子がパワーの源です(^^♪

息子と二人、一緒に成長中です

この表現は、当たり前のようで、母親になった幸せと、決意が如実に表されておりますね!

ほほえましい限りです。

趣味が“アクセサリー作り“のようで、短大では”織“を専攻しておりますので、その延長でしょうか?

長所:マイペース、のんびり屋と言ってますから、細かい絵を描く割には、こだわらないようですね!

短所:頑固、短気、神経質、としているのには、面白いですね!よく釣りを好む日田は、

短気な方が多いと聞きますが、“のんびり”していながらも、

自分のことになると“気が短い”のかもしれませんね!

身長が170㎝がある事を“ちょっと自慢できること”と言っており、大したことではないが、

多分高さを生かしたファッションや歩き方に気を付けているのかもしれません?

hana4-4

口癖が“なるよぉになる”と言っておりますが、アートの世界の方にしては、達観したのでしょうか(?)

真理・最高を極め、悩み、日々追及する芸術家とは違うようですね?

スポンサーリンク

Hana4の絵の源は?

“爪先の芸術“とされるネイルアートだが、Hana4の真骨頂は極細の線で描くラインアートや

1ミリ程の細かな点で描くドット柄なのです。

美術品のような精緻な技術で“神”と呼ばれ、インスタグラムのフォロワーは10万を超えるそうで、

これは驚きですよ!

「オーダーが細かければ細かいほど、興奮する」という彼女はネイルアート普及のため、

日本が誇る伝統工芸品を生み出す蒔絵師(若宮隆志)の元に向かったのです。

蒔絵師(まきえし)とは?

%e8%92%94%e7%b5%b5%e5%b8%ab%e3%83%bc%ef%bc%91

蒔絵とは、漆を接着剤代わりにして、金粉・銀粉などを蒔き定着させ、絵や文様として加飾する技法です。

蒔絵師は、漆塗り職人が仕上げた漆器などに、蒔絵筆という特殊な細筆を使って漆で絵や文様を描き、

その漆が乾かないうちに金粉・銀粉などを蒔きつけ、絵柄を完成させていきます。
平蒔絵(ひらまきえ)や高蒔絵(たかまきえ)・研出蒔絵(とぎだしまきえ)

・肉合研出蒔絵(ししあいとぎだしまきえ)などさまざまな技法があり、

その技法によって、文様の表現の仕方が異なりをみせるなど、伝統的な技が数多くあります。

蒔絵師が特に大切にする道具が、蒔絵筆。自分の手になじむ筆を探し出すのもまた一つの仕事といえます。

10本以上の筆を使い分けて、様々な絵を描きます。

「“爪先の芸術“とされるネイルアートだが、Hana4の真骨頂は極細の線で描くラインアートや

1ミリ程の細かな点で描くドット柄だ」

とあるように、極細の描くやり方は、まさにここから学んだもののようです。

スポンサーリンク

蒔絵師・若宮隆志とは?

%e8%8b%a5%e5%ae%ae%e9%9a%86%e5%bf%97%e3%83%bc%ef%bc%91

・名前:若宮隆志(わかみやたかし)

・住所:石川県輪島市南志見地区

・学歴:名古屋専門学校卒業

・職歴:輪島(故郷)の塗師屋に就職

・2004年:「彦十蒔絵」(文学作品と漆芸の融合)設立

%e8%8b%a5%e5%ae%ae%e9%9a%86%e5%bf%97%e3%83%bc2

・泉鏡花の世界を蒔絵で表現した漆芸家です。

これまでに「高野聖」「義血侠血」などの鏡花作品をテーマに約40点

を製作しております。

スポンサーリンク

4・Hana4の主要画像は?

 

hana4-2

 

hana4-1

 

hana4-6

https://twitter.com/Magnifique_rena/status/775185861436506112


https://twitter.com/hana4/status/768476832895111168

まとめ

「オーダーが細ければ細かいほど興奮する」とは、蒔絵から来るようですね!

蒔絵の美術品のような精緻な技術で駆使する細筆の画像は、

“神”と呼ばれているようで、フォロワーも10万を超えて都は驚きですね!

このような世界にも。日本の伝統工芸の“匠の技”が生かされている尾は、驚きです。

どの世界も、感性の賜物で、いかに自分のものにするかが勝負のようですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ