井上浩輝のwiki風プロフと経歴は?結婚や年収が気になる?【情熱大陸】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

情熱大陸【井上浩輝/日本人初!『ナショジオ』ネイチャー部門1位の写真家】

が、2月19日に放送されます。

キタキツネを撮り続けた若干39歳の写真家です。

ともかく、寒いです!

何時間にもわたってシャッターチャンスを持つのでしょうね!

人の画像は、どこにもありません!自然と動物だけです!

美しい写真と共に、井上浩輝さんの紹介をします。

 

スポンサーリンク

井上 浩輝のwiki風プロフ

◆ 名前:井上 浩輝(いのうえ ひろき)

◆ 生年月日:1979年月日(39歳)

◆ 出身地:北海道札幌市

◆ 学歴:札幌南高等学校、新潟大学法学部卒業

◆ 職業:写真家

1979年北海道札幌市に4人兄弟の長男として生まれました。

医師を目指すも医学部受験に失敗し、
そこから弁護士を目指すため新潟大学法学部に進学しました。

ですが、またここで弁護士への道も挫折・・・

さすがに私が同じ状況だとここまで難しい道を選んでないかもしれません…

しかしここから今までのとは全く違うジャンルとして
ネイチャーフォトグラファーとして北海道でキタキツネを中心とした
動物の写真を取り始めたそうです。

その後、写真投稿サイト東京カメラ部の “2014東京カメラ部10選に選ばれるなど、
SNSで人気を得るようになったのです。

カメラの技術を独学で勉強されてその成果として多くの賞を受賞してます。

ちなみにこのNATIONAL GEOGRAPHIC(ナショナルジオグラフィック)とは,

1888年に刊行された地球上の「冒険」と「発見」を伝えてる雑誌です。

世界で180カ国、850万にの方々に読まれてる自然、文化、地理、歴史等の
記事を多岐に亘って掲載されています。

2016年の Nature部門で1位に輝きました。これは日本人初の快挙です!!!!

空が淡いピンクで雪原を二頭の狐が走るこの幻想的なシーン・・・がこれです。

冬の国会堂では、寒い時には、空がピンク色になるの野ですね!

井上さんも、これが撮れて喜んでいました!

スポンサーリンク

 

井上浩輝の年収は?

2016年のNature入選等で脚光を浴び、当然のことながら周りは放ってはおきません!

収入が急にアップするようになるのです。

一般的には、写真家・フリーカメラマンの年収は、
勿論、ピンキリで、200万~8000万円ともいわれております。

ギャラ交渉が出来る世界ではなく、相手次第でどうにでもなりますよね!

なんと、平均年収は400~800万円が相場のようです。

井上さんのように実績が出ると、評価が上がり、

写真個展やトークショウ、写真教室まで要請されているので、

1000万には到達しているのではないでしょうか?

写真教室は?

写真教室は、旅行会社やカメラ・フィルムメーカーなど開催しておりますが、

井上浩輝さんのHPで紹介されております。

「あなたのお気に入りのカメラで美瑛・富良野の丘々を撮る。
美しい丘々が広がる美瑛、富良野、東川、旭川周辺での撮影ワークショップ。

その季節、その日、その時間のもっとも素敵なポイントをめがけて丘々を撮り回ります。

有名な撮影ポイントだけでなく、とっておきの撮影ポイントへ。

ご希望の方には、RAW現像のワークショップも。」

◆ 半日(3~5時間) : 35,000円 (消費税込)

◆ 1日 : 70,000円 (消費税込)

“個展”も開かれておりますが、過ぎてしまいました、

興味のある方は、再び開催されるので、HPを見逃さないようにするといいですね!

参考のために付記しておきます。

個展開催のお知らせ
[Wild Fox Chase]
2月4日〜
北海道東川町カフェ「ロースターコースター (Roaster Coaster)」

「モンベル大雪ひがしかわ店」でも(正月をまたいで)個展が開催されました。

まとめ

寒い北海道で活動されえおります。

井上浩輝氏の経歴や写真家としての活動を見てみると、“忍耐”の一字に尽きます。

やはり、すべてはカメラのシャッターチャンスをいかにつかむか?

ですので一流になるためには、避けて通れません!

自分でもこんな美しい画像を撮ってみたいとは思いませんか?

今後もキタキツネや大自然の神秘的で素敵な写真を期待してたいですね!!

望どうりの画像が撮れてら、温かいラーメンがいただけるようです(笑)

そうでないときは、車中でインスタントラーメンで終わるようです。

サムイフイでも、車中泊というのがあるのですね!

体には十分気を付けて頑張ってほしいものです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ