レストラン三宝(金子行宏・博信)のwiki風プロフィールと経歴!ファミレスの人気の秘訣は?【カンブリア宮殿】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

消費低迷に悩まされる外食産業に於いて、

売上を伸ばし続ける店「レストラン三宝」

効率主義を捨て、地域に愛される異色のファミリーレストランの人気の秘密に迫る!

とのキャッチフレーズで、カンブリア宮殿が

【家族3世代が熱狂する「超・非効率ファミレス」の全貌!】

が、3月9日に放送されます。

会長・金子行宏さん、社長・金子博信さんが出演されます。

効率主義を捨て地域に愛され、長蛇の列ができる

異色のファミリーレストランの人気の秘密がどのように明かされるのでしょうか?

お二人の経歴や会社の概要を調べて見ました。

 

スポンサーリンク

金子 行宏のwiki風プロフ

 

◆ 名前:金子 行宏(かねこ ゆきひろ)

◆ 生年月日:1938年?月?日(80歳)

◆ 出身地:栃木県

◆ 職業:会社経営者

1956年に東京の日比谷にあった日活国際ホテルに就職しました。

その後は新潟の東映ホテルで修行を続け、11年間フランス料理を学んでいます。

1967年に新潟市に三宝飯店を開店し独立しました。

当然このときはフランス料理を出すことはなく、中華料理で勝負したのです。

翌1968年には現在社長をしている博信(ひろのぶ)さんが生まれています。

金子 博信のwiki風プロフ

◆ 名前:金子 博信(かねこ ひろのぶ)

◆ 生年月日:1968年?月?日(49歳)

◆ 出身地:新潟県 新潟市

◆ 学歴:東京レストラン経営専門学院

◆ 職業:会社経営者

◆ 家族:金子 行宏会長の長男

東京で学生だった博信さんは19歳のとき新潟に呼び戻され、
21歳で2店目の店長として働き始めました。

スポンサーリンク

 

(株)三宝とは?

株式会社 三宝は、

新形・秋田・山形・宮城・福島・長野・愛知・東京と
東日本エリアを中心に展開するフードサービス企業です。

おいしく作れないと不合格になり、
職人として勤めることが出来ないシステムになっているそうです。

三宝のこだわり

【極める】

炒飯にはじまり、炒飯に終わる。

「炒飯技術取得者」制度があり、全社員に義務付けている。
合格しないと厨房に立てません。

【育てる】

味のプロとしての職人を育成。

最高の「味」「接客」にこだわり、徹底した研修システムを導入。

【創る】

常に新しい味を追求します。

全てのメニューは、自社工場内の開発室で創りだす。

会社概要

◆ 社名:株式会社 三宝

◆ 本社所在地:〒950-1115 新潟市西区鳥原 1830-1

◆ 電話:025-377-3993

◆ 設立:1975年4月

◆ 代表者:代表取締役社長 金子博信

◆ 資本金:5000万円

◆ 従業員数:1014名(平成28年12月現在)

◆ 事業所:

■直営店舗

• ファミリーレストラン『レストラン三宝』: 6店舗
• らーめん専門店『さんぽう亭 / 三宝亭』: 23店舗
• 『新潟三宝亭 東京ラボ』
• 中華ダイニング『三宝茶楼』: 2店舗
• Shanghai Fun Dining『楼蘭』
• 『清水苑』
• 統括本部&セントラルキッチン
(計34店舗/1事業所)

■FC店舗(国内)

• 三宝亭 : 11店舗

■海外

• 三宝亭シンガポール : 2店舗
• 三宝亭カナダ(FC): 1店舗
• RamenPlay : 6店舗
(平成28年4月現在)

⇒店舗一覧はコチラ

人気の秘密は?

◆ 接客マナーの良さ

日本人としての基本になりますが、

「三宝のこだわり」の一つに【育てる】があり、
その中に「接客」があり研修システムもあります。

お客を大切にする“心配り”が行き届いているのです。

“心の教育”がなされておるようです。
このことがお客に感じてもらっているのです。

◆ 味のプロとしての職人を育成。

◆ 最高の「味」「接客」にこだわり、徹底した研修システムを導入。

◆ 客席の充実

 

広い店内にテーブル席から座敷席まで十分の客席が設けられております。

これは、会長の“心”の部分と思います。

さらに気配りは、禁煙席エリアとお喫煙席エリアが完全に分離されております。

気兼ねなく、どのようなお客もお招きしたいと言う思いが感じられます。

メニューの品揃え

中華料理をメインに洋食から和食まで幅広く揃っているのです。

お客の好き嫌いは避けられませんよね!

“全く心配しないで、お越しください”

という会長の笑顔が浮かんできますよ!

【極める】

炒飯にはじまり、炒飯に終わる。

「炒飯技術取得者」制度があり、全社員に義務付けている。
合格しないと厨房に立てません。

◆ 味へのこだわり

「三宝のこだわり」の中の

“最高の「味」「接客」にこだわり、徹底した研修システムを導入”

がります。

また、【創る】では、
“常に新しい味を追求します。
全てのメニューは、自社工場内の開発室で創りだす。“

と宣言してります。

この方針の実現で、レトルトっぽい味ではなく、
しっかりと手作りの味が味わえるようにしているのです。

お客の声が最も重要ですが、

● なにを食べてもはずれがない。

● 手作り感が味わえる。

● 一つ一つ完成度が高い。

● 専門店以上の味も多い。

● どこをとってもはずれのない印象です。

短く纏めておりますが、会長にとっては、思ったとおりであり、嬉しいもんばかりです。

◆ 手ごろな価格・値段

これは、回転鮨も評判ですが、

負けずにリーズナブルな価格を提供しているのです。

ランチは、≫日替わりや週替わりがあるようですが、
680円でお腹がいっぱいになるそうです。

家族が多い方には、嬉しい価格ですよ!

一番のおすすめは?

多数あるメニューの中でも、絶大の人気があるのが、

「五目うま煮麺」

だそうです。いわゆる醤油ベースの中華あんかけですね!

価格は、680円です。

これでお腹がいっぱいになるのですね!

食べて見たいですよ~!!

まとめ

会長は、フランスで修業したので、最初はフランス料理で勝負しようとしたんですね!

しかし、11年間やっても、日本の田舎の新潟県です。

人口も少なく、裏日本の豪雪地帯で、平均寿命の最も短い地方です。

それは、食生活(塩分が多い)の偏りにあると言われております。

やはり、腕もよく、考え方も斬新とは言え、お客は着きませんでした。

御多分に漏れず、「中華料理=炒飯・ラーメン」の移らざるを得なかったのです。

お客さんさえ獲得できると、会長の元前の“考え方”が開花したのですね!

日本人の心を知っていたのですね!

お見事としか言いようがありません!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ