大野真司(乳がん専門医)の経歴と評判は?がん研有明病院の場所と家族は?【情熱大陸】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

3月26日の情熱大陸にがん研究会有明病院の院長補佐・乳腺センター長

を務める大野真司先生が出演されます。

小林麻央さんや北斗晶さんなど、芸能人にも乳がんにかかる人って多いのです。
北斗さんは、復帰しましたが、麻央さんは、哀しい現状や想いが度々公開されております。
今や日本人の11人に1人は乳がんにかかるそうですので、

用心したに越したことはありません!

【情熱大陸】では、乳がん専門医のいる病院の紹介とともに、

がん研有明病院「大野真司」先生の紹介があります。

早速、迫ってみました。

スポンサーリンク

大野 真司先生のwiki風プロフ

◆ 名前:大野 真司( おおの しんじ)

◆ 生年月日:1958年?月?日(58歳)

◆ 出身地:福岡県

◆ 学歴:九州大学医学部

◆ 職業:医師

「名医」と評される大野真司先生は、病巣を治すだけではなく、

大野真司は患者との信頼関係を築き上げることに力を入れているそうです。

一人一人に最適の治療を選択し、高度なチーム医療を実践するだけでなく、

治療後の人生をどう生きていくかという

“サバイバーシップ”

を重視し、長く実行しておられるのです。

さらに、

「乳がんの新たな治療法」

の確立に尽力されています!!

乳房は女性にとっては、シンボルであり、お子さんの命でもあるのです。

乳がんの新たな治療法が確立されることは、治療の選択肢が増えるだけではなく、

年間約9万人が罹患し、今や日本人女性の11人に1人がかかる病気ですので、

大変な喜びであるのです。

大野真司先生の経歴

◆ 1984年九州大学医学部卒業

◆ 1986年九州大学医学部附属病院医員(第二外科)

◆ 1989年テキサス大学研究員(腫瘍学)

◆ 1993年九州大学医学部附属病院助手(第二外科)

◆ 1997年九州大学医学部附属病院併任講師(第二外科)

◆ 2000年国立病院九州がんセンター乳腺科部長

◆ 2014年国立病院機構九州がんセンター臨床研究センター長

◆ 2015年4月より現職(がん研有明病院乳腺センター長

◆ 日本乳癌学会指導医・専門医、日本外科学会指導医・認定医、
日本癌治療認定医機構暫定認定医であります。

◆ 米国テキサス大学研究員、九州大学医学部付属病院講師、

国立病院機構九州がんセンター臨床研究センター長などを経て、

2015年4月よりがん研有明病院乳腺センター長に就任しています。

先制は、治療のみならず、全国各地で講演会も行い、普及と心のケアを行っておられます!

年間1000件以上という驚異的で、日本一の手術症例数を持ち、

放射線療法・抗がん剤・分子標的治療薬・ホルモン剤などから

患者一人一人に最適の治療を選択し高度なチーム医療を実践しえおられます。

「患者と家族の満足」を医療のゴールと考えているそうです。

ここまで考慮されていると、“お医者さん”の粋を超えて、

“人生の教導師”あるいは“伝道師”さんのように受け止められますね!

事実、「疾病や身体」だけでなきく

「こころ」・「社会・生活・家族」を診る

「チーム医療」

の実践に努めているそうです。

(出典:名医navi-Japan)

「チーム医療」とは?

医療環境で互いに対等に連携して治療やケアに当たることで

患者中心の医療を実現しようというものである。

従来は医師が中心となって医療業務を形成していたが、

従来型の医療モデルの欠点の克服のために、

医師の下につくのではなく、それぞれの医療従事者が互いにフィードバック

しながら医療を行うという、最善の医療を施すための考え方である。

2001年の日本がん治療学会の学術総会でチーム医療のシンポジウムが行われ、

徐々にこの考え方は各分野へと浸透してきた。

(出典:チーム医療ウイキペデイア)

スポンサーリンク

評判は?ネットから・・

大野先生が病院を飛び出し、一人でも多くの患者さんを救いたいと思って、

大活躍している様子が伝わってきます。

がん研有明病院の場所は?

野先生の勤務先の「がん研究会有明病院」は東京都江東区有明にあります。

◆ 住所:〒135-0063 東京都江東区有明3-8-31

◆ 電話:03-3520-0111

◆ 地図:

まとめ

現在は、家族と離れて生活しているようです。

九州がんセンターに勤務されていたので、ご家族は九州に住んでらっしゃるようです。

病院を飛び出し八面六臂の大活躍をし、「未来の患者を救う」ためには、

そうせざるを得なかったのでしょうが、不便なことが多く“お気の毒”に思います。

お子さんとの関係もおありでしょうが、

早く、奥さんが上京されることを期待いたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ