中田吉光のwikiプロフィールと経歴!息子と嫁も体操選手?海外の評価も!【情熱大陸】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

4月2日23時よりTBS系で「情熱大陸」で、青森大学男子新体操学部監督の

中田吉光さんが紹介されます。

「リオ帆輪閉会式で大喝采!日本初”美しすぎる男子新体操”

を生んだコワモテ大学教授に密着。」

とあるように、あの昨年のリオオリンピック閉会式で

美しいパフォーマンスを行い、

大絶賛された青森大学新体操部の監督を勤めてます。

今回はそんな青森大学男子新体操部の監督である

中田吉光さんについて、調べてみました

渡辺 謙不倫疑惑が発覚!南果歩はどう動くか?【文春砲】の記事はコチラ

スポンサーリンク

中田 吉光のwiki風プロフ

◆ 名前:中田 吉光(なかた よしみつ)

◆ 生年月日:1966年1月?日(51歳)

◆ 出身地:青森県

◆ 学歴:国士舘大学体育学部体育学科卒業

◆ 職業:青森短期大学勤務・青森大学新体操部監督

経歴

男子の新体操は、日本で生まれた競技スポーツで、

国際体操連盟には、競技種目としては認められていないそうです。

これは、驚きですね!

なんでも、「自分は新体操をやっている」と言うのが恥ずかしかったそうです。

その頃は、「新体操」というと女子新体操しか認知されていませんでした。

だからこそ、リオ五輪で披露して、世界からは大変珍しく見られたのでしょうね!

◆ 2002年(平成14)年より全日本新体操選手権大会

・・1986年、1987年・優勝(国士館大学在学中、)

◆ ギムナストラーダ、1985年西ドイツ大会、

1987年デンマーク大会で優秀チーム。

(ギムナストラーダとは、4年に1度世界各国の体操団体が集いパフォーマンスを繰り広げる体操の祭典です。)

◆ 1988年・新体操指導者となる。

◆ 香川県高等学校教諭・・新体操部監督・全国大会優勝5回、準優勝10回の成績。

◆ 2002年・青森大学の新体操監督就任、

全日本学生新体操選手権大会前人未到の14連覇中、

全日本新体操選手権大会でも2年連続11度目の優勝

に導く。

◆ 2011年・(公財)日本体操協会男子新体操委員会委員長、

現在専門アドバイザーに抜擢され、名実ともに男子新体操界の

リーダーとして牽引している。

◆ 2016年・「第63回全日本新体操選手権大会」で本学男子新体操部が

2年連続7度目の全国優勝

を果たしました!!

◆ 2017年・「BLUE TOKYO」パフォーマンスグループ結成。

青森大学男子新体操部は、現在、全日本学生新体操選手権団体競技13連覇中!

そして「BLUE TOKYO」はその卒業生で結成されているユニット。

文字通り日本一のパフォーマンスを体感出来る舞台です。

トーキョーショーの評価は

リオ閉会式で引き継ぐ日本のパフォーマンスの評判は?

海外の反応が気になりますが、それは大変の評判でした。

中国メディアは、日本のパフォーマンスについて以下のように伝えた。

◆ 「リオオリンピック閉会式で、AR(拡張現実)技術を運用した日本の映像は本当に眼の眩むものであった。

高度な技術を重視する日本のことだから、

4年後の東京オリンピックでは、

どんなARの進歩した技術が出てくるか大いに期待する価値がある。」

中国以外では、

◆ 「日本はスーパーマリオの助けを借りて、リオのオリンピック閉会式を盗み取った

◆ リオ五輪の閉会式での日本のイントロは、東京2020 年に対して我々を“超” 興奮させた。

◆ 日本の安倍首相はリオ五輪の閉会式でスーパーマリオの衣装で、思い出に残る装いをした。

◆ 日本は、閉会式だけ出たのに、彼らのパフォーマンスはすべてのリオのパフォーマンスより優れていた。

◆ 日本が出て来ると、雨のリオの閉会式が1000%向上した。

日本人の引き継ぎ式はリオの開会式、閉会式より良い。

こんなの賞賛されると、東京五輪では、

さらに上を狙わなければならないので緊張しますね(笑)

スポンサーリンク

リオ五輪の反応は?

皆さんの喜びが伝わってきますね!

青森大学男子新体操部

部長兼監督:中田 吉光

主将:原田 幹啓

部員数:4年3名、3年10名、2年13名、1年11名 計37名(最多)

2002年創部(2001年同好会)です。

これまで全日本学生新体操選手権では負け無しの団体競技14連覇中であり、

全日本選手権においても2年連続11度目の優勝を達成しているのです。

「技術を磨くだけではなく、どのような状況でも適切な判断できる

“高い人間力”を身につけることを目標に日々活動しているのです。」

面白い表現があります。

かつては、秋田県が“平均寿命が全国最下位”で、

その原因が、豪雪地方での食生活にあると言われてきました。

しかし、平均寿命が全国最下位の青森県だというのです。

まあ、東北地方では傾向が同じようですが、

3年前より「脱!短命県」キャンペーンとして

NHK青森と「元気あっぷる体操」を制作し各種演技会等、

地域に根ざした活動を行っているのです。

活動の場は国内だけに留まらず、一昨年12月には

オランダ・ベルギー、昨年2月にはロシアから招待を受け、

「日本の体操」として披露、絶賛を浴びている。

練習から公演当日までの3ヶ月間を追ったドキュメンタリー映画

「FLYING BODIES」が各地で上映されたり、

のです第1回こども国際映画祭グランプリ受賞を期に

DVD化(販売・レンタル)されているのです。

中田吉光さんの家族は?

情報がほとんどありませんでした。

中田さんの年齢からして、既に結婚されて、

お子さんがおられても不思議ではありません!

後悔セれ次第付加していきます。

まとめ

2003年からはまだ参加国は少ないですが

国際試合も開催されるようになってきました。

今後は、世界が舞台で競われることになります。

また、東京オリンピックの真価が期待されます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ