なんでも鑑定団・国宝級茶碗に最高額を?曜変天目茶碗の値段はいくら?疑義多いが本物か?

2016年12月20日放送の「なんでも鑑定団」で

徳島県のラーメン店、店主の持ち込んだ天目茶碗が

なんと本物の『曜変天目茶碗』だと中島誠之助氏が鑑定し

2,500万円の値を付けました。

 

 

出展したのは徳島にて「志那そば店・巽屋」を経営する

『橋本浩司』さんです。

天目茶碗の入れ物とそれを包んだ布、三好家の家系図、

その入れ物の箱、それぞれ家紋が入っています。

橋本氏は曾祖父が昔、大工をしていて三好長慶の子孫の家を移築する際に

大量の骨董品を大枚をはたいて購入した。

そうした中の一つで、大半の物は徳島大空襲で焼けたが、

これらは資材置き場に置いてあった為に残って、

父親から譲り受け、そのままにしていたが自分なりに調べたら、

凄いお宝のようなので本当に価値の有るものか知りたくて鑑定団に

お願いしたと言っています。

鑑定の結果や如何に?

イチ、ジュウ、ヒャク、セン、マン、ジュウマン、ヒャクマン、センマン、

じぇ、じぇ、じぇなっ、なんと2千5百万円???

この場面での筆者の感想として、

何か橋本さんの驚きように疑問を感じました.

(中国人が”私が制作した”と証言の追記は↓↓をクリックしてください。

⇒中国の陶芸家・李欣紅さんが製作した?(1月21日追記))

何か意味ありげでした。

中島誠之助 コメント

開運なんでも鑑定団始まって最大の発見ですね

この茶椀は、12世紀から13世紀、中国の南宋時代に福建省の建窯で焼かれた

曜変天目であることは間違い有りません

窯変というのはたった3点、しかも国宝、今日これが出たことにより、

4点目が確認された。

漆黒の地肌に青みを帯びた、虹のような光彩がむらむらとわき上がっていて、

まるで宇宙の星雲をみるようですね。

鉄分をかなり多く含んだ土を焼き締めておりますので、石のように固い。

それを丁寧にまんまるに削り出した蛇の目高台。

これは国宝の稲葉天目の高台とほぼ同じですね。

高台真ん中に供御(くご)という二文字が彫ってあります。

これはかっては天皇や上皇のお食事のための容器。

時代が下りて室町時代になると将軍に使う物にも供御と彫るようになった。

この布、曲物の入れ物、三好家の系図、これによって室町幕府第13代将軍、

足利義輝を頂いて憲政を振るった三好長慶が足利家から取得した

東山御物の一腕であることは間違いない。」

(この時点で疑問を感じませんか?福建省で焼かれてるのに天皇・上皇・将軍用???)

これまでの国宝は最も有名な展示場所は、東京丸の内にある三菱一号館です

静嘉堂文庫蔵

三菱センターのデジタルギャラリーで、デジタルコンテンツですが常に閲覧可能です。

この曜変天目茶碗は徳川家康が所持し代々受け継がれ徳川将軍家所蔵の一品でした。

この茶碗は家光が病に伏せる春日局に贈りそれが子孫の稲葉家に伝わり

「稲葉天目」と言われ、後に三菱財閥の岩崎小弥太が購入したが

「天下の名器で私如きが使う物ではない」

として静嘉堂文庫所蔵となっています。

要するに三菱財閥系列の美術品等を展示する場所ですね

大きさ・高さ:6.8cm・口径:12.0cm・高台径:3.8cm

 

藤田美術館蔵

水戸徳川家に伝わるもので、曜変の斑紋が外側にも現れている、

藤田財閥の藤田平太郎氏が入手し現在では藤田美術館所蔵とお成っています。

大きさ・高さ:6.8cm・口径:13.6cm・高台径:3.6cm

(▲ 藤田美術館蔵)

大黒寺・龍光院蔵

筑前黒田家の菩提寺、大徳寺の塔頭龍光院に初生住侍・江月宗玩以来伝わったもので

黒田長政が豪商鳥井宗室の縁でこの院に帰したとの説もある。

国宝の内では最も地味な物と言われており通常非公開で稀にしか見ることが出来ない。

大きさ・高さ:6.6cm・口径:12.1cm・高台径:3.8cm

(▲ 大徳寺龍光院所蔵)

こちらが出展品
おやおや、上の国宝に有るような輝き(光彩)感じられません、表面はゴツゴツですね

外側にも窯変?が有るようですが国宝には???

三好家家系図

 

三好修理太夫長慶ノ長子ナリ  義長と有りますが最初は義興

後に義長とも名乗ってます。

義長の次に“家臣松永弾正久秀毒殺ス”これって、おかしく無いですか?

家系図にこの様な添え書きをいれますかね?

それに“毒殺ス”だと誰の家系図ですか?松永家からみた様な?主語は?

毒殺すら本当かどうか、疑問視されているのに?

それ以外にも通説だと長慶が病没したのは飯盛山城のはずです。

だけど、家系図では中ノ嶋城で死すとなっています。

小生は最初この家系図を見たとき中学生の字か、と思うような疑問を抱きました、

どの時代に書かれたものか解りませんが、もう少し昔の書道に長けた人が

書いた物なら本物っぽいですけどね、

家系図も検証が必要ですね。

誰かの説に依ると書かれた紙にも不審な点が見受けられるようです。

この箱の家紋、風呂敷の家紋“三階菱”これは三好家の祖とされる小笠原家の家紋です。

少なくとも三好長慶の子孫から伝わったと言うなら

 

“三階菱釘抜紋”でなければおかしいと思われます。

(▲ 三階菱 )

この松皮紋は京小笠原家で使われてる家紋との事です、三階菱の少し変形でしょうか?

三好之長(長慶の曾祖父・祖父とも言われる)  三好長慶(衣装の紋五三の桐?)

既にこの曾祖父・祖父の時代からこの家紋です“三階菱に釘抜紋

只、現代に行われてる長慶氏の お祭り等では同じ三好家でも

“三階菱”の家紋も使われていて、この茶碗を売った人か、

この茶碗に箔付けしたい人がどこからか引っ張ってきたのかでしょうね。

供御の文字

 

(▲ この供御の文字も日本に現存する国宝3点には有りません)19

中島氏のコメントでは

「これはかっては天皇や上皇のお食事のための容器。

時代が下りて室町時代になると将軍の使う物にも供御と彫るようになった」

と有りましたが、

それっておかしく無いですか?

南宋時代に福建省の建窯で焼かれた物なら、天皇や上皇、将軍でなくて「皇帝」じゃないんでしょうか?

中国に天皇・上皇は居ますか?中国では将軍等、武の人は下層の人です。

中国で皇帝が退位した場合は「太上皇」と言いませんか?

この国宝の品を見るとネット等でクレームを付けた長江氏に対して20・2

「テレビ画面だけで何が解るか

と批判してる人がいますがそういった方達にもっと良く見て欲しいのです。

中国の土産物売り場で\2,000~3,000位の品物です。

出展された物が上の国宝の曜変天目とは全く違うのが解ります、

素人の私でも疑問を感じました。

(▲ 出展品の天目茶碗が入っていた物はこれの古い物と思われます)

これは曲建水(まげけんすい)と言って

茶道具の一つで、茶碗を清めたり温めたりしたときに使った湯や水を捨てるために

使う物「こぼし」とも言うこの様な曲げ物以外にも陶器、磁気もあります。

これだけ不審な点が有れば天目茶碗の鑑定以前の問題では無いでしょうか?

そしてこの番組をみて愛知県瀬戸市の陶芸家九代目長江惣吉さん(54歳)が

意義を申し立ててテレビ東京に再鑑定を申し出るのですが、

テレビ東京さんは一切取り上げません。

長江氏の研究報告

 

長江氏は父の代から曜変天目の再現に挑み続け、26

何度も中国に赴いて調査研究をしている方です.


曜変天目を再現したという陶芸家は今でも国内にいるが、

重金属を筆で塗り、光彩の輝きを出す現代の加飾技法で成功した

と言う例も見られるが数十年もたてば光彩は劣化して消えてしまう。

それでは再現とは言えないと考えています。

父親が亡くなった後、中国の陶磁学会から初めて研究発表の招待が来て、

父親の代わりに行った中国で建窯の窯址行くことが出来て壮大な物を見せられて、

土を知り、謎に迫った、数えたら二十数回も足を運んで

「同じような光彩のある陶片を見つけ、曜変天目は建窯で焼かれたのは間違いないと再認識し、

窯道具のさやに蛍石の細片が有るのが目に入り、

それが永遠の光彩を目指す再現の大きな鍵となった。

将来も再現に使えるであろう八十トンの建窯の土が陶房にあり、

毎日の様に実験をし、温度、湿度、気圧、窯の変化をデーターに取り、

組織構造を分析する。

その再現に取り組み既に十六年目に入るがたった五腕だが、

父を超えた光彩を持つ茶碗が焼けたと言われています。

これだけ大変な勉強と研究を重ねてる人なのです。

蛍石を焼成中に窯に投じて生じるガスによる化学変化、

気相反応ででていたと確信したと言っています。

二万焼いて、五つの茶碗にでるかどうか、本当に効率が悪いが優れた茶の文化があった

宋代だからこそ、作られたのでしょう。

成功率はやはり低い物だったと言い、一昨年東洋陶磁学会に発表し、

反響を呼んだのです。

そこまで研究してる人だからこの世紀の発見と言われる茶碗に素人が見ても

違和感を覚える物に意見せざるを得ないのです。

この長江氏の疑問に対し

※骨董の世界は鑑定が難しいと言われ

「実物を見ていないのに鑑定出来るのでしょうか?」

との問いに長江氏は

「ご指摘の通りです、陶磁器に限らず骨董の鑑定は非常に難しい物です。

しかし、番組に登場した茶碗は映像を見ただけで偽物と判断できます。

非常にレベルの低い「紛い物」で曜変とは全く違うからです。」

と答えています。

その他にも中国陶磁考古学の専門家で沖縄県立芸術大学の森達也教授の

「実物を見ていないのでその点は不正確ですが、

映像を見た限りでは本物で有る可能性は低い」

とコメントされています。

 

(▲ 森達也教授)

又、三好一族に詳しい四国大の須藤茂樹准教授は、

(日本中近世史)は徳島新聞の取材に対し、

「長慶が積極的に茶を好んだと言う資料はない」

と指摘されてますが

「今回の発見は興味深いようで今後精査する必要があるだろう」

としています。

評論家の山田五郎氏は、

「素人目に見ても、第一にパッと見、曜変に見えない」

「白いモヤが掛かってるように見える。本物は深い虹色になる、照りや質感も違ってみえる」

と疑問点を列挙しています。

(▲ 山田五郎氏)

又、三好長慶の伝来とする由来について山田氏は、

「三好長慶の直系は途切れているし傍流の子孫に繋がったとしても経緯が謎、

それほどの大名品だったら当時から有名だったはずで信長や秀吉がほしがったはず」

と言われています。

そして鑑定の金額ですが\2,500万円と中島氏が出していますが

これに関しては相続税の問題等も考慮した額だとの話も聞かれます。

本物であれば20億から50億でもおかしくないとされています。

そこでハフィントンポストでは色々と9項目に関して

テレビ東京に鑑定の根拠についてメールにて問い合わせたが回答は次の通りです。

テレビ東京からの回答

“鑑定結果は番組独自の見解に基づく物です。

また、番組の製作過程については従前よりお答えしておりません“

中島誠之助さんともあろう人がこの茶碗を見て本当に本物と思ったのでしょうか?

森由美さん、ジャンルは違うが田中大さんや安河内眞美さんにも意見をお聞きしたいです。”

素人目にも解るような物を中島氏が本当に鑑定したのでしょうかね?

個人的な意見ですが中島氏が無理矢理言わされたとしか思えません。

ここで出てきたハフィントンポストに触れてみます。

要するにアメリカ合衆国のリベラル系インターネット新聞です。

アメリカ・イギリス・カナダ・フランス・スペイン・イタリア

・日本・マグリブ等の版が展開されています。

その後、ドイツ・ブラジル・韓国・ギリシャ・インド版が開設されています。

時代の流れを感じますね

まとめ

この鑑定団の曜変天目茶碗の問題は番組が始まる前から

「番組始まって以来・最大の発見」

とPRしてメディアに取り上げられていたことで偽物と

言えなくなってと言う事はないでしょうか?

以前問題になったプロデューサーさんが突っ走った為に

中島誠之助先生を巻き込んで明らかに偽物を本物と言わざるを得なくなったとか?

そんな事は無いですよね。(笑)それとも???

上げてるように、

曜変天目茶碗自体も明らかに不審、家系図も、家紋も、

それに入れ物、高台に入って供御の文字、

これだけ疑いを持たれる点が有りながら、国宝クラスの茶碗と言うのは

何があったのでしょうか?

やはりテレビ東京さんは色んな専門家を呼んで再鑑定をするべきです

問い合わせに関して「お答えはしておりません」で済む問題では無いですよ

否定する意見だけ掲示するのも如何なものかとも思いますので、

こちらも参考にして下さい。

出展者の橋本氏が個人的に依頼されたのか、或いはテレ東からか、

 

どうかは判りませんが奈良大学の文化財学科で分析が行われました。

奈良大学の発表

美術品等の鑑定をおこなうテレビ番組で、“国宝級”と鑑定された茶碗。

その後、「あんなものは真っ赤なニセモノだ」という人たちが現れ、

ネット上では真贋論争が盛んに行われてるようです。

上記の様な始まりで

「ニセモノだと言っている人たちが実物をまったく見ずに言ってる事を知り、

文化財調査の原則である、自分の目で実物を観ることがないまま

真贋を云々することに疑問を感じました。

そこで、本学に設置されている対象を傷つけることなく文化財に含まれる元素を

知ることができる「蛍光X線分析装置」を使って、

ニセモノと主張する人たちが言うような発色させるたねの釉薬(うわぐすり)が

使われているのかを確認しました。

その結果は、発色の原因と考えられるような元素は検出されず、

赤、青、緑、白(黄)、黒のどの色に見える部分も含まれる元素に

大きな違いがないことが分かりました。

(以上奈良大学のHPにある見解から抜粋)

但し、これで本物と照明するものではないとも言われています

このコメントに関して長江惣吉氏は

「正確な分析に欠かせない器の洗浄が行われておらず、分析方法に疑念も残る」

とコメントされています。

これを見て奈良大の担当者にお伺いしたいのですが長江氏の言うような分析に関して

初歩的な器の洗浄等をしないでやったのですか?と聞きたいです。

文化財調査の原則である、自分の目で実物を観る事がないまま真贋を云々するな

と言いながら、調べるときに初歩的なミスをしてるという事ですよね。

奈良大の担当者さんにお聞きしたいのは機械を使って分析する前に、

本物の国宝級の茶碗3点と見た目でどう感じたかの見解を聞かせてほしいです。

これだけ見た目で違うものを分析以前の問題ではないのでしょうか?

中国の陶芸家・李欣紅さんが製作した?(1月21日追記)

16年12月、「開運!なんでも鑑定団」に世界に3点しかないとされる「曜変天目茶碗」とみられる陶器が登場。

2500万円の鑑定額となり話題になった。

その後、鑑定結果を疑問視する陶芸家が、放送倫理・番組向上機構(BPO)に

番組内容の審議を求める意見を寄せるなど議論を呼んだ。

この大発見に異を唱える専門家が現われた。

窯業で知られる愛知県瀬戸市在住の陶芸家・九代目長江惣吉氏である。長江氏が語る。

「番組を見ていて思わず絶句しました。どう見ても中国の商店街で売っているまがい物にしか見えなかった」

曜変天目の美しさに魅了された長江氏は、

製造方法が未だ解明されていない「幻の陶器」の完全再現に親子二代にわたって挑んでいる。

これまで長江氏は中国に28回赴き、現地研究者との交流を重ねてきた。

昨年、NHKがその活動を番組で特集したほどの「曜変天目のプロ」である。

ところが遂に、主任が現れたのです。

中国の陶芸家・李欣紅さん(61)が、「曜変天目茶碗」と鑑定された陶器について

「骨董品のレプリカです。私が作ったもので間違いないです。およそ1400円で販売していました」

と激白するインタビューが放送された。

「底の文字、この供御の文字は私が書いたものです。」

と、証言したのです。

関連記事はコチラ