他力野淳のwiki風プロフィールと経歴!山口組との関係は?【カンブリア宮殿】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

この会社の仕事内容は建築物の再生です。

空き家や空きビルを有効に活用したり、

歴史のある建物を結婚式場やレストランなどとしての

利用やマネジメントをしています。

誰も使わなくなってしまった建築物が、

命を吹き込まれたかのように復活するのを見て、

思わず感動してしまいました。

カンブリア宮殿で、

【歴史的建物を再活用し、地域を活性化!再生事業ビジネス】

として、バリューマネジメント代表・他力野 淳さんが紹介されます。

聞きなれない企業ですが、日本の文化の継承には、

欠かせない企業なのです。

早速、迫ってみました。

 

スポンサーリンク

他力 野淳のwiki風プロフ

◆ 名前:他力 野淳(たりきの じゅん)

◆ 生年月日:1973年?月?日(44歳)

◆ 出身地:長崎県

◆ 学歴:大阪商業大学

◆ 職業:会社経営(バリューマネジメント代表)

グローバル起業家団体 EO OSAKA(Entrepreneurs Organization)元会長

(EO Osaka:年商$1MILLIONを越える会社の若手起業家の世界的ネットワーク組織)

地域づくり活動支援組織 地域資産活用協議会(Opera)副会長

婚礼業界活性化組織 次世代ブライダル協議会代表理事

大学卒業後の1996年にリクルートに入社し営業企画の仕事につきます。

ここでは創刊間もなかった「関西ゼクシィ」を担当しました。

ゼクシィと言えば結婚情報が満載ですが、

このときの経験が独立の時に役に立っているんですね。

経歴

◆ 2000年 人材コンサルティング会社・(株)デジット入社・・関西支社長就任

◆ 2003年 婚礼に関する企画・運営事業立ち上げ

◆ 2005年 事業を法人化・バリューマネジメント有限会社設立(代表)

◆ 2006年 バリューマネジメント株式会社に商標変更、本社を移転(大阪市梅田)

バリューマネジメント の業務は?

古い料亭や地域の資産家の家などを改修して、

レストランや結婚式場としてよみがえらせるのです。

他力野さんのビジネスが、“地方創生”が本命で、

この事業が、モデルになると言われて

「ベンチャー企業の経営者を表彰する賞(2016年)」

を獲得したのです。

他力野社長は、

「施設が元気になって、人が集まって、雇用が生まれて、町が元気になっていく。」

と語るのです。 他力野さんの大切な言葉が、

「文化を紡ぐ(つむぐ)」

です。

(繊維をよって糸を作るのと同じように、 様々な要素を織り交ぜながら、

時代の姿を 作り出して行く、夢の姿を作り出して行くの意味です。)

“文化を紡ぐ”とは?

バリューマネジメント 社長 他力野淳さんによると、この事業のキッカケは?

「今残念ながら、歴史的建造物の空き家が80万棟あって、何も使われていないんです。

僕たちは、施設は街の一部を形成していると思っているので、

『後世にもこの建物は街に必要とされるよな』
『残っていったほうがいいよね』

となったときに、おのずと文化財、歴史的建造物、

古い街並みにどんどんフォーカスして再生していったというのが流れですね。」

21歳の時に、阪神・淡路大震災を経験して、

建物とかが、無くなってしまう事を目の当たりにして、

寂しさを感じたことだったようです。

「“紡ぐ”ということはすごく大事なことだと思っているんです。

文化とは、人が“必要だ”と思ったものが結果的に残っていって、

それが後から考えたときに『文化』とされていくんだと思うんです。」

このことは、誰でも感じたが、行動を起こすことが、

素晴らしいのです。

今、他力野さんが取り組んでいるのは、

兵庫県篠山市の複数の古民家などを再生するプロジェクトだそうです。

 

江戸時代の建物を生かした宿泊施設などをつくり、

街全体でこの地域ならではの暮らしや文化に触れてもらおうというのです。

日本には、きれいな建物がたくさん増えてきてますけど、

日本の文化はすばらしいものがあるので、

本当に紡いでいっていただきたいなと思いますよね!

スポンサーリンク

他力野淳 山口組との関係は?

“他力野淳”を検索すると、

最初に「他力野淳 山口組」が表示されます!

調べて見たのですが、そのような関連する情報はありませんでした。

関西の企業なので、多かれ少なかれ“山口組”との関係はあるのでは?

との憶測の下で、作られたワードではないでしょうか?

まとめ

最後に、社長は、

①顧客には記憶に残る1日を、

②従業員には働きがいを、

③関わる方々には価値と感謝を提供する組織を作ります。

に力を注ぎ、高い次元で「人と向き合う」会社にこだわって創っていきます。

と宣言しております。

日本の文化がこのような方々の力で、繋がっていくのは、

あり難いことです。

カンブリア宮殿では、どのようなビジョンが離されるのでしょうか?

見逃せませんね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ