武豊の自宅は京都のどの場所か?浮氣報道に妻の佐野量子の態度が話題に?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

天才騎手と騒がれている「武豊」が、またまたフライデーされました。

10月29日の天皇賞・秋制覇に導いた武豊か騎手が、

美人キャスターの小浦愛と路上での“ディープキス”を激写されました。

過去にもフライデーされている武豊ですが、妻の佐野量子の態度が

“賞賛”の声と共に話題になっております。

早速、迫ってみました。

 

武豊のwiki風プロフ

◆ 名前:武豊(たけゆたか)

◆ 生年月日:1969年3月15日(48歳)

◆ 出身地:京都府京都市伏見区淀

◆ 血液型:O型

◆ 身長:170㎝

◆ 学歴: JRA競馬学校入学

◆ 職業:騎手

◆ 家族:夫人・佐野量子

◆ 所属:栗東トレーニングセンター

JRA歴代最多勝記録および歴代最多騎乗数記録保持者である。

曽祖父の彦七は函館大経の弟子で[4]、祖父芳彦は馬主協会元会長、

現役騎手邦彦、の三男として生まれる

四男の幸四郎もJRA所属の騎手(1999年3月~2017年2月)・調教師(2017年3月~)である

2005年(平成17年)、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2005」受賞

佐野量子との結婚式は1995年(平成7年)6月5日に京都の教会で

伊集院静・篠ひろ子夫妻を立会人に行われた

小浦愛のwiki風プロフ

◆ 名前:小浦愛(おうらあい)

◆ 生年月日:1991年7月17日(26歳)

◆ 出身地:兵庫県

◆ 血液型:O型

◆ 学歴:関西大学卒業

◆ 職業:女優、タレント

◆ 趣味:歌うこと、音楽鑑賞、買い物、ゲーム

◆ 所属・事務所:

彼女は、去年から競馬番組のキャスター&リポーターを務めており、

騎手たちが調教などを行う栗東トレーニング・センタ-(滋賀)の

取材を担当しているのです。

スポンサーリンク

武豊の路上キス報道は?


10月23日の深夜0時半、京都の四条河原町の交差点で1分ほどの長いキスをした後、

抱き合い菊ら愛の耳元で何かを囁いたそうです。

フライデーの表現は

「ハリウッド映画のように激しく唇を求めあう長いキス。1分ほどッ唇を重ねて後、

二人は抱き合い、肩に頭を乗せた女性に何かを甘くささやいている。」

と、濃厚に描写しているのです。

そして、帰ろうとする小倉藍の傘を取り上げ、手を握ったり、見つめ合いながら、

帰る帰らないのやり取りをして、楽し気に話すと2人はしっかりと

手を繋いだまま夜の街に消えていったのです。

2人の関係を見ていた『FRIDAY』が小浦愛に直撃すると、

「だったら何なんですか?」と怒って自宅マンションに帰ってしまったそうです。

一方の武豊の方は、直撃すると、なんと妻の佐野量子さんが出てきたのです。

いかがその場面を記します。

武豊さんは、1年位前には、フリーアナウンサーの美馬玲子と

手つなぎデートの現場を激写されております。

どこ絵消えたかは定かではありませんが、かなり仲の良い濃密な関係で、

不倫が濃厚なのです。

武豊の自宅は?

京都府の大豪邸です。

京都府京都市の京都市の動物園の近くだそうです。

価格は数億円の門が大理石と煉瓦で出来ているのです。

スポンサーリンク

浮氣報道に妻の佐野量子の態度は?

武豊の豪邸に直撃すると、家の中から奥さん・佐野量子が出てきたのです。

記者が豪邸を直撃すると、

急遽、量子夫人が登場し、(T:武、R:量子)

T 「フライデーさんだよ」

R 「えっ!どうかしたの?」

T 「(慌てた様子で)小浦さんはただの飲み友達」

――お友達とは様子が違うようでしたが、

T 「いや・・・まあ酔っぱらっていたので」

R 「それは、いかがわしい写真を取ったという事ですか?」

T 「いや、そうじゃないでしょ?そんなわけないでしょ?」

R 「変な写真だと嫌だよね」

T 「それはない」

R 「というか、(私たち)二人の写真を撮ってください。撮ってもらおうよ」

そう言いながら夫の腕をつかむと、カメラマンにピースサインをする量子夫人

T 「(写真を撮られながら)こじれるようなのは辞めてください」

R 「本当にお願いします」

武さんとお話していいですか。

R 「もちろん。(夫に向かって)ちゃんとしてね」

T 「ちゃんと答えてる」

R 「ちゃんと話してね」

手を繋いだり、抱き合ったりもしてました

R 「ホントに?」

キスもしていらっしゃいました。

R 「ホントに?」

友達なんでしょうか?

T 「酔っぱらってたし・・・」

不倫関係では。

T 「いやいや、そういうのではない」

キスや抱き合ったことを覚えてますか

T 「キスはおぼえてないな。ハグはある。でも、特別な関係ではないですよ」

一緒に食事したんですか。

T 「僕は別で飲んでいて、(彼女と)合流したんだと思います」

あの日以外二人であったことは。

T 「二人っきりはほぼな五ですね。もう、他の見ますよ。静かに暮らしますんで」

そういい残して自宅に入って行ったそうです。

この語は、かなり厳しい、ムチ画は言いたそうなのです。

この行動が、家庭を守る“妻”の鏡と称賛されたのです。

“アッコにおまかせ”でも、外側での夫人の言動が“素晴らしい”と、

称賛の声が多数を占めたのでした。

馬の上では天才的な男も、妻には頭が上がらないようなのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

清水アキラの父親としての行動も素晴らしかったのですが、

武豊さんの奥さんの行動は、模範と言っていいくらいの行動で、

多くの方の称賛を受けております。

武さんは二度目のスクープですね!

二度ある事は三度あると言われますよ!

この辺で、終わりにした方が良さそうですよ!

奥さんに見切られては、おしまいです(笑)

そうならないことを祈っております。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告