野村忠宏が逮捕された女子大はどこ?嫁・酒井葉子とはどうなった?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

野村忠宏さんが、ベルリン映画祭女優賞など国際的な評価を受ける

女優・寺島しのぶと、オリンピック三連覇の偉業を成し遂げた柔道家・野村忠宏

「仕事=勝負」への熱い思いを語り合うテレビに出演されます。

ここでは、野村さんにスポットを当てて紹介いたします。

柔道家としてオリンピック3連覇は、自分の努力もさることながら、

大変恵まれた環境で育ったことが分かりました。

早速、迫ってみました。

 

スポンサーリンク

野村忠宏のwiki風プロフ

◆ 名前:野村忠宏(のむらただひろ)

◆ 生年月日:1974年12月10日(42歳)

◆ 出身地:奈良県北葛城郡

◆ 身長:164㎝

◆ 体重:62kg

◆ 学歴:天理大学 – 奈良教育大学大学院-弘前大学大学院(医学研究科博士課程)修了

◆ 職業:男性柔道家。医学博士

◆ 家族:妻・息子2人

◆ 所属:ミキハウス

祖父は地元・奈良で道場「豊徳館野村道場」を開く柔道師範野村彦忠さんで、

父はロサンゼルスオリンピック金メダリストの細川伸二ら名選手を育てた

元天理高校柔道部監督野村基次さん、

叔父はミュンヘンオリンピック金メダリストの野村豊和、

兄の野村忠寿も豊徳館野村道場のコーチという柔道一家なんですね!

じつに恵まれた環境に生まれ育ったのですね!

体重性とは言え、小柄な体から繰り出される多彩な技や、抜群の切れ、スピード、

天性の守りのカンが天才的と称される。

「一本背負い」の技がかかり、相手を投げるときは、鮮やかと言うより、

無理やりそこに強引に持って行っているように見えますが、

相手も十分警戒しているはずなのにその技に掛ってしまうのですね、!

小柄さから「小さな巨人」、得意技が背負投であることから

「平成の三四郎」との異名もあるのです。

ここしばらくは、野村さんを超える柔道家は出現しないかもしれませんよ!

スポンサーリンク

柔道の戦績

階級は、60kg級・・7段

◆ オリンピック

1996年:アトランタ五輪・・金メダル

2000年:シドニー五輪・・金メダル

2004年:アテネ五輪・・・金メダル・・史上初の3連覇達成

◆ 世界柔道選手権

1997年:パリ・・・・・・金メダル

2003年:大坂・・・・・・銅メダル

アテネオリンピックでの金メダル獲得後は、近代オリンピック史上2人しかいない

個人種目4連覇を視野に、北京オリンピックへの出場を目指したのです。

しかし、2007年の全日本選抜柔道体重別選手権大会で6度目の優勝を

果たした直後の練習中に右膝前十字靭帯を断裂

手術を回避したまま日本国内での代表選考会へ臨んだものの、

2008年4月の全日本選抜体重別選手権準決勝で浅野大輔に敗れたため、

代表に選ばれなかったのです。

スポンサーリンク

野村忠宏が逮捕された女子大はどこ

じん帯の故障で4連覇を目指したのですが果たせず引退のやむなきに至ったのですが、

引退直前から柔道のコメンテーターとして中継番組などで活躍していたのですが、

現在はNHK総合の「サンデースポーツ」でキャスターを務めたり、

「ひるおび」のコメンテーターとして活躍されております。

そんな野村さんを検索すると必ず“逮捕”と言うワードが頻繁に出てきますので、

なんで“逮捕”なのか調べると、野村さんではなく、

元柔道家の内柴正人さんと勘違いであることが分かりました。

内柴さんは、女子部員へのセクハラで逮捕されているのです。

後さらに、清原和博氏が麻薬で逮捕されたときに、

話題に上った盟友の野村貴仁さんがおりますが、この方と間違えたらしいのです。

野村忠宏さんには全くそのようなことはなく、潔白そのものです。

嫁・酒井葉子とはどうなった

2001年には、元モデルの酒井洋子さんと結婚されております。

お子さんとともに国際舞台で応援に来ていた姿は世界に放送されており

皆さんがご存じのことと思います。

2006年には、息子さんが生まれ名前は基晴(もとはる)君で3歳のころから

柔道をやっているそうです。

次男が2014年に生まれておりますが、名前も明かされていなくて

憶測が飛び交っておりますが、真実は不明です。

いろいろの両親の配慮があるわけで、ここはそっとしてあげるのが肝心だと思います。

まとめ

多くのテレビで活躍する野村さんですが、有名税とでも言いますか

噂が絶えません!

しかし、本人はいたって真面目で明るく、賢明で人気も上々です。

これからもますます活躍されることと思います。

東京オリンピックでは、どんな活躍してお茶の間に届けるか?

楽しみですね!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ